中古品
¥ 198
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品の性質上、折れや破れ、書込み、日焼け、水濡れ跡や若干の汚れなど、一部瑕疵のある商品であっても、お読みいただくのに支障がない状態であれば、販売をしております。また帯や商品内のクーポン券などをお付けできる保証はございません。なお、絵本などの一部書籍は表紙カバーがない状態でも販売している場合があります。シリアルコード、プロダクトコードの使用有無は保証しておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

美人論 (朝日文芸文庫) 文庫 – 1995/12

5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
文庫
¥ 105
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

明治期の「美人罪悪論」から、昨今では「すべての女性は美しい」と転回する、美人・不美人をめぐるレトリック。この背景にある倫理の変容を徹底調査。あえて容姿についてことあげする。「ブス」はタブーなのか。面喰いをおろかと蔑む正義の正体とは。賛否の大論争を巻き起こした、問題の書。

内容(「MARC」データベースより)

「受難の美人」「容貌における民主主義」「資本と美貌」など、女性の顔を語ることばから、日本人の感性の変化をたどるおもしろい女性論。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 314ページ
  • 出版社: 朝日新聞社 (1995/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022640952
  • ISBN-13: 978-4022640956
  • 発売日: 1995/12
  • 梱包サイズ: 14.6 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 408,194位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2010年4月9日
形式: 文庫|Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2006年12月12日
形式: 文庫
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2007年9月1日
形式: 単行本
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2005年6月22日
形式: 文庫
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2004年6月21日
形式: 文庫
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2001年11月14日
形式: 文庫
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2006年6月9日
形式: 文庫
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2006年7月14日
形式: 文庫
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告