この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

美の猟犬―安宅コレクション余聞 単行本 – 2007/10

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,993
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

不世出のコレクター安宅英一の収集に賭けるすさまじい執念。その緊迫した現場と、並外れたパーソナリティーを、側近として仕えた大阪市立東洋陶磁美術館館長が余すところなく語り盡くす、人生論的美術品収集論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

伊藤/郁太郎
1931年、大阪市生まれ。東北大学文学部美学美術史学科卒業後、安宅産業株式会社に入社。安宅英一氏のもとで安宅コレクションの収集に携わる。美術品室長。1977年、伊藤忠商事株式会社との合併に伴い退社。1982年、大阪市立東洋陶磁美術館設立とともに館長に就任し、現在に至る。東洋陶磁学会常任委員長、民族芸術学会評議員など。1986年、東洋陶磁の研究業績により、第七回小山冨士夫記念賞受賞。1995年、韓国陶磁普及への貢献により、韓国政府より文化勲章を授与される。2003年、東洋陶磁の研究業績により、文化庁長官表彰を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 295ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2007/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532124131
  • ISBN-13: 978-4532124137
  • 発売日: 2007/10
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 335,758位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
松本清張の小説に安宅産業の崩壊をモデルにした「空の城」という作品がある。何度も繰り返し読んでいる一冊だ。

だから、この本を手に取った理由は、安宅コレクションの美術品に対する興味ではなく、それを蒐集した安宅英一という人物に対しての興味であった。

著者は、安宅産業入社後、彼のもとでコレクションの収集に携わり続けた経歴を持ち、コレクターとしての英一氏の最も傍にいた人物である。安宅産業が崩壊し住友商事と合併する際に退職、大阪市立東洋陶磁美術館(安宅コレクションが収められている美術館)の館長に就任、現在に至っている。安宅英一を描くのにこれ程の適任はいないと思い、かなり期待して読み始めたが、結果としては、満足半分、物足りなさ半分だった。

期待通りだったのは、安宅英一が松本清張の小説で描かれている人物像に近いと確認できたことだ。とても会社のトップ(取締役会長)にいた人物とは思えない浮世離れした人柄、会社の経営には口出しはしないが人事権だけは離さない。でもそれだけではないと思わせる何かがある。確かに複数の作家が評伝を書きたいと思いたくなるような人間性だ。

物足りなさを感じたのは、著者自身もあとがきで「安宅英一を一人のコレクターで、というスタンスで見るという姿勢を堅持したために、人物のトータルな捉え方としては突っ
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
コレクターという人間は、世の常識では測れないものである。
特に自分の「基準」に則っとり、「もの」を集めることで、
自己の欠損したものを埋めようとする人間は、通常人には理解できないであろう。
そんなコレクターの一人、安宅英一に長年付き添ってきた著者でさえ・・・だからこそ、
自分が感じた、考えた安宅英一の全体像はあえて触れないという一線がある。

私ごときが何を、と言われるのを覚悟して言えば、安宅英一という人は、非常に
親近感を持てる人であるということ。
私には安宅英一の持つ審美眼も、獲物にとびかかる執念も「胆力」もない。
しかし、何かを集めることで自分の中の空白を埋めたいという思いは強くある。

いかんせん、私には安宅英一ほどの「気力」「胆力」はない。
(「財力」は関係ないであろう。安宅氏も決して自分の思い通りに収集できたわけではなかったのだから)
でも、「あれ」と「これ」、そしてその次には「あれ」を手元に置きたい、という心の中の「魔」は常にある。

安宅氏の行ったことは「空の城」という名著で、松本清張が鋭く指摘している。
もちろん、一企業家、経営者として安宅英一の行った事には批判はあるだろう。
しかし、一流の事をな
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
探してようやく買えました 絶版本でしたので定価より高かったが納得の本でした
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
東洋美術のコレクターにして安宅産業の社主だった安宅英一の美術品購入の担当だった、安宅産業旧社員の回想本。

安宅産業の破綻に伴い、安宅コレクションは住友銀行の手を経て大阪市立東洋陶磁美術館のものとなる。筆者はそこの館長に就任、以後、ご自分自身、日本の東洋陶磁器界の重鎮、中国、朝鮮陶磁の権威になったわけだが、「美の猟犬」という表題が示すように、本のなかでは、自らを美の狩猟者だった安宅氏に忠実な「犬」と捉えており、その立ち位置はきわめて謙虚で自己抑制的である。

長年仕えた安宅氏という稀有の人物に対して、心からの敬愛の念を示しつつ、側近しか知らないようなギョッとするエピソードを開陳するなど突き放した感じもあり、そのバランス感に好感がもてる。

安宅氏側近であったがゆえにさまざまな苦労も経験されてこられただろうに、全体に、清澄なトーンでまとまっていて、陶磁器を形容する感覚的表現がとても美しい。猟犬として働いているうちに、自らも、陶磁を見る目を獲得し、品格を高めてこられたのだろう。

本の挿入されている陶磁の写真はカラーで美しく、その説明も面白い。

古陶好きの方にはお勧めの本。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
欲しかったが、絶版だったので、手にいれて、満足。内容はいいから探したのです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック