中古品
¥ 182
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーの状態良好。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

美しい椅子―北欧4人の名匠のデザイン (エイ文庫) 文庫 – 2003/11

5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 182

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

島崎信+生活デザインミュージアム
ウェグナー、ヤコブセン、モーエンセン、フインユール。「北欧家具」という言葉を口にするとき、必ずこの4人誰かしらのデザインが頭に浮かんでいませんか? もしも彼らを知らなくても、本書を開ければそれはきっと証明されます。「北欧の家具ってあんな感じ」の「あんな感じ」はすべて彼らのオリジナル。そのコンセプトやディテールの様々な部分に100%濃縮還元の「北欧デザイン」がちりばめられています。


内容(「BOOK」データベースより)

ウェグナー、ヤコブセン、モーエンセン、フィン・ユール。北欧四巨匠がデザインした美しすぎる椅子のすべて。


登録情報

  • 文庫: 171ページ
  • 出版社: エイ出版社 (2003/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4870999838
  • ISBN-13: 978-4870999831
  • 発売日: 2003/11
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 215,556位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
美しさを感じる「椅子」とはどんなものだろう?と手にとられる方がいらっしゃったらぜひ購入していただきたい一冊です。国内での椅子研究者として知られる島崎信教授が特に力を入れられているデンマーク製の椅子。その中でもミッドセンチュリーの巨匠として名高い四人を取り上げその歴史や作品をコンパクトに文庫に収めたのは見事です。マニアの方もそうでない方もぜひぜひ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/2/19
形式: 文庫
 島崎さんは武蔵野美術大でインテリアを専門としていた人物。
 本書では、ハンス・ウェグナー、アルネ・ヤコブセン、ボーエ・モーエンセン、フィン・ユールというデンマークの4人の椅子デザイナーの作品が取り上げられている。
 椅子のカラー写真と短いキャプション。また、4人についての簡単な紹介がされている。どちらかというと図鑑やカタログのようなつくりだ。
 それぞれ10〜数十点が出ており、そのデザインのユニークさ、発想の源、制作の工夫などが説明される。ただ、あまりに簡潔すぎてよくわからない点も多い。また、手放しで称賛する点もどうなのか。
 とはいえ、写真を見ているだけでもハッキリした個性の違いが感じられるし、椅子そのものの魅力もしっかりと伝わってくる。
 ちなみに、このシリーズは第5弾まで出ている。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 系勝伝 投稿日 2013/10/24
形式: 文庫
椅子の美しさとは何かがよく具現されています。自分としてはアルネのデザインが気に入ってます。字が少し小さく読みにくいのが難点です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
島崎信さん、ありがとう ! と最初に伝えたい。椅子の魅力や個性、そしてあるべき姿を北欧、とりわけデンマークに求めて日本に紹介した功績は計り知れない。特に、プロダクトデザインを学ぶ上で色々な角度から分析出来るので自動車を研究することに匹敵するボリュームが得られる。いや、生活を原点と考えれば椅子を超える学ぶ対象を見いだすことは難しいだろう。そういう意味で、デザイナーを基本に分類された内容は理解しやすく初心者からベテラン、椅子の職人から椅子を販売する営業マンにまで幅広く受け入れられるだろう。ただ、文庫本は安価で携帯しやすいが、個人的にはA3版くらいの大きな誌面が似合っていると思う。ぜひ再版で挑戦していただければ有難い。それと、これを個人の作業で終わらせることなく、チームで補完し合いながら、さらなる発展をされることを心から期待したい。良い本だった。(こういう本のレビューにマイナス票を入れる人がいる。非常に悪意を感じる。)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック