この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

羊のうた [DVD]

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 7,400より 中古品の出品:9¥ 295より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 小栗旬, 加藤夏希, 美波, 鈴木一真
  • 監督: 花堂純次
  • 形式: Color, Dolby, Mono
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ケンメディア
  • 発売日 2002/09/25
  • 時間: 109 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00006GJHT
  • JAN: 4539373002497
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 163,844位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

冬目景原作のコミックを、小栗旬、加藤夏希主演で映画化したホラー。ごく普通の高校生活を送っていた少年は、ある日、吸血鬼のように人の血がほしくてたまらなくなる一族の奇病におかされていることを知る…。

レビュー

監督: 花堂純次 原作: 冬目景 脚本: 渡辺麻実 撮影: 藤井良久 美術: 金勝浩 音楽: 貴 優大/浜田史郎 出演: 小栗旬/加藤夏希/美波/鈴木真/利東剛
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

投稿者 nachinozawa 投稿日 2005/7/2
原作マンガの、どことなく懐かしくも怪しい雰囲気がよく表現されている映画です。日本情緒も映像に取り入れられていて、心安らぐ映像美です。(すこしばかり怖い表現もありますが・・・)また、出演者の方も素晴らしい演技で、特に「加藤 夏希」さんが、日本人形のようにこわ美しい存在感を漂わせています。マンガをもとに映画化すると、大抵マンガ原作に負けてしまいますが、この映画は比較的丁寧にそして良くできていました。邦画ファンなら話の種に押さえておいても損はないかと。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
コミックを映画化された作品ですが、映画の制作段階ではまだ、コミックが完結していない段階のため、終わり方が中途半端な印象を受けました。しかし、それなりに感動するクライマックスを迎えるため、初めて見るときには涙がでそうになりました。
全体的な仕上がり具合は、今では廃止された長野電鉄をうまく映画に活用していると思います。コミックでは電車は登場しないのですが、この電車を挟んで物語を作っています。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作とは似てはいてもこれは花堂監督によって創られた違う物語という印象です。原作はとても悲劇的なのですが、何処か余韻のある終り方、幼い日の夏、あんな情景に出会った事ある様なとも思わせる郷愁を誘う風景や人物描写の映像。そして「自分っていったい何?」「誰の為に生きるの?」「何故誰かを求めてしまうの?」という全体を流れるテ‐マがとても美しく描き出されている映画でした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告