通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
羊と鋼の森 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 crii's store
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆ご覧頂きまして有難う御座います。★カバーの状態:少し角スレが御座います。簡易クリーニング&除菌済みです。★本体の状態:綺麗な状態です。全体として良いコンディションです。★クリスタルパックで包装してあります。説明と製品の状態が違う場合は評価前にご連絡を頂ければ返金等対応させて頂きますので安心してお買い上げ下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

羊と鋼の森 単行本 – 2015/9/11

5つ星のうち 3.7 233件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,590 ¥ 621
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 羊と鋼の森
  • +
  • 蜜蜂と遠雷
  • +
  • みかづき
総額: ¥5,562
ポイントの合計: 168pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

史上初! 堂々の三冠受賞!
・2016年 本屋大賞
・2016年 キノベス! 第1位
・2015年 ブランチブックアワード大賞

ゆるされている。世界と調和している。
それがどんなに素晴らしいことか。
言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。

「才能があるから生きていくんじゃない。そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。(本文より)」

ピアノの調律に魅せられた一人の青年。
彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

内容(「BOOK」データベースより)

ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 243ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/9/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163902945
  • ISBN-13: 978-4163902944
  • 発売日: 2015/9/11
  • 梱包サイズ: 19.4 x 14 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 233件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 829位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
ついつい小説の中に惹きこまれ、気が付くと最後のページでした・・・。読み終わるのがもったいない小説でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
去年の本屋大賞もピアノの調律師の話と知って、読んでみた。
外村青年は昔からピアノをやっていたわけでも、音楽に造詣の深いわけでもない。
北海道の森の中の集落に生まれ、15歳で一人暮らししながら高校に行き、人の良いおとなしい性格
ある日、外村少年が職員会議だから調律師を体育館に案内するよう頼まれる。
そこで凄腕の調律師の技術を目の当たりにして調律師として専門学校で基礎を習い、地元のピアノ屋さんに調律師として雇ってもらう。そこで先輩につき未熟技術を実感しながら迷いながらも成長していく話。
音色を森の木々や風の気配などで表現する方法は、天才ピアニストでなくても文学的というか・・・おフランスのワインを表現する感じというか・・・独特な世界観があるのだろうと思う。
外村青年の成長は、本人談形式なので3歩進んで2歩下がる感じだが、時々刻々起こる問題に対する解決法を模索する感じが、職人さんを目指している人には、共感できるポイントだと思う。
なぜ、調律するのか?
どんな調律が正解なのか?
誰のために・・・・
自分の仕事と生業の疑問
若い人たちの疑問に優しく答える周りの大人たちも魅力的です。
音楽という共通言語で世代を超えている感じや
「おとなしい青年」でも、引きこもってるんじゃいけないと思わせてくれる、ちょっと元気になる本でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 horchan58 投稿日 2017/5/10
形式: Kindle版 Amazonで購入
ピアノというものに興味のない人が読んだら、どんな感じでしょう。ピアノを森に例えているのはなかなかいいと思いました。帚木蓬生さんなどを読んでいると
感動の深さが、全然違います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
音楽を趣味でやっていますが、ピアニストが何を考えて演奏するのか、少しわかった気がしました。それにもまして調律師の方の思いを溢れるほどに伝えてもらいました。映画「シーモアさんと、大人のための人生入門」の中に散りばめられている、珠玉の言葉と共通するものがあると、感じました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
とても繊細なピアノの音の世界を、人と心の動きと絡め、綺麗に表現されています。心が洗われる作品。物語も面白いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
一気に読めました。面白かった。
若々しい感性が素直に描き出されていて瑞々しい。
泣きました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ゆかり 投稿日 2017/5/28
形式: Kindle版 Amazonで購入
普段書籍は1度しか読みませんが、読み返したい。正直に言うと今年の直木賞&本屋大賞より、私には読みごたえあり。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
最初は「お?なかなか良いな」という感じでしたが、途中から「ん?」となり、最後は「え?」という感じでした。本屋大賞の本は森見さん以来ですが読みましたが、好みが分かれますね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 読み進むうちに、調律師の本質を目指す主人公「外村」君の迷いや、憧れの板鳥さんに、2重うつしになっているのは、先輩小説家の姿だと気がつきました。
表題の、羊(pianoに使われるハンマーの素材。)鋼(ぴあのの、中の音を出す、弦)。森、音の森、音楽の森。抽象的な芸術という名の「森」は、作者宮下奈都の
求めてやまない、小説の表現手法の「技術」に他ならない。小説文章中に、「原 民喜」の自分の理想とする「文体」への表現に音楽的表現に変換されて出てくる。これを読んで、意図が理解できた。
 小説の、出来、不出来は、宮下 奈都の、表現力が読者の求めている、小説のレベルにあっているか、居ないかの「差」によって評価が分かれるが、芸術家のジレンマ「次の作品は、以前より上を要求される。」事だと感じた。作品を読むに当たり、素直に作品世界に浸り、過度な期待は避けるように。十分、宮下の、空間世界が描かれていると、私は感じた。読後感の残る、良い小説。これからの宮下の、精進を期待する。
 
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
あまりにも軽い。村上春樹をさらに10倍軽くしたような、余計な軽さが本編を台無しにしていると思います。ストレートに書いてしまってすみません。あんな軽薄な表現は必要でしょうか?初めの数ページで嫌になりました。クラシック音楽を趣味にしていますので、調律師の仕事には興味ありましたが、とても読み進めようという気になりませんでした。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー