通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
羊と鋼の森 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【商品説明】 カバー・帯付き。全体に目立った破損・劣化はなく中古本として概ね良好です。 出品日 (2017/01/18) (管理番号 3) 【ご注文について】 保管期間に劣化が進行する場合もございます。経年劣化はご了承下さい。 商品説明・金額など、全てご納得頂いた上でのご利用をお願い致します。 店舗名クリックで詳細をご確認をお願い致します。 【料金】 商品代金+配送料257円(固定)が料金となります。 実際にかかる送料を考慮し、商品代金を設定しております。 【配送方法】 日本郵便、佐川急便のいずれかでの配送です。指定不可。 詳細は店舗名クリック→配送方法でご確認下さい。 【キャンセル・返金】 キャンセル依頼の送信をお願い致します。 お客様都合による返送は送料をご負担頂く場合がございます。 【領収書】 宛名、但し書きを明記の上、事前にご連絡下さい。 【その他】 快い取引となりますよう、ご不明な点は事前にお問い合わせ下さいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

羊と鋼の森 単行本 – 2015/9/11

5つ星のうち 3.7 198件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 470

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 羊と鋼の森
  • +
  • コンビニ人間
  • +
  • マチネの終わりに
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 148pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

史上初! 堂々の三冠受賞!
・2016年 本屋大賞
・2016年 キノベス! 第1位
・2015年 ブランチブックアワード大賞

ゆるされている。世界と調和している。
それがどんなに素晴らしいことか。
言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。

「才能があるから生きていくんじゃない。そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。(本文より)」

ピアノの調律に魅せられた一人の青年。
彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

内容(「BOOK」データベースより)

ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 243ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/9/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163902945
  • ISBN-13: 978-4163902944
  • 発売日: 2015/9/11
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 14 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 198件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,080位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
調律師です。
人の感じ方はそれぞれですので、本好きな一人として、マイナスなコメントはしないようにしてきましたが、
敢えて書かせていただきたいと思います。
この本の内容=調律師の仕事だと思わないでいただきたいです。
取材不足を随所に感じました。表現も杜撰すぎて怒りを感じるほどでした。
最後まで読むのが苦痛でした。この世界を題材にするなら、もっとうまい作家の方に書いてほしかったです。
本屋大賞って、最初のころは信頼していたのに、ここ最近は???って感じる作品も多いと思います。
今後映像化とかは絶対やめてほしい。…というか、こんな薄っぺらい内容でできないと思いますけど。
コメント 145人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ページを閉じれば、静謐な森の音楽が聞こえてくる。そういう小説だ。

目を閉じればあたりの喧騒が消え、しんとした静けさの中で、周囲の風景までも変えてしまうような。
おだやかだけれど、激しさはないけれど、でも沈黙の中に強い力を秘めた小説だ。

どのような話なのか、全く知らずに読み始めた。そのタイトルからも中身が全く見えてこない。
だから予備知識なしに読んだのだが、最初の数ページを手繰っただけで、その独特の小説世界に引き込まれていった。

どうしてだろう。
本当に不思議だ。

力強いキャラクターがいるわけでもない。
圧倒的な躍動感の物語が展開するわけでもない。
あるいはほっこりと、心が温まるわけでさえない。
ただページを繰るたびに、静かな音楽が聞こえてくる。そんな不思議な読書体験。
本当に、周りの気圧を変えてしまうような、ひたひたとした情感。

実際、ここで描かれるドラマ自体は、さほど劇的ではない。クライマックスらしいクライマックスはあるが、それがなくても十分に名作足り得たろうと思う。

こういう小説はどうやって生み出されるのだろう、と思う。
それは作家の持つ、nature(本質)なのだろう
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
用語の使い方がおかしい部分があって、途中で興味が途絶えてしまった。
例えば、「ヘルツが重なる」,,,ヘルツは周波数の単位だから、音が重なるとか何ヘルツが重なるだったら意味が通じる。
また「オクターブを鳴らす」っていうのも変だ。
ピアノの調律(音色)を「ドンシャリ」と言っている部分があるが、調律師でドンシャリと言っている人を見たことがない。
オーディオ装置の再生音や録音物の音をドンシャリということはある。ピアノの音色の表現としてはすごくおかしい。
ピアノには当たりハズレもあるし、ダメなピアノはどう調律してもそんなにグッと良くなるものでもない。
あたかも調律によって見違える音になるような表現があるが、現実はそんなものでもない。
もっと言うとホールになんか本当に良いピアノはほとんどない。都内のプロの録音スタジオでもほんの一部だけである。
本当に良いピアノは限られたプロのレンタル屋さんしか持っていない。
調律師も優秀な人は日本でほんの数人だけというのが現状。
コンサートの前日にもピアノの調律に入るということも現実にはほとんどない。
さびれたホールでひどい状態のピアノだったら別だが。
読んでいると登場する調律師たちはプロフェッショナルな世界のピンキリの、中間から下層にレベル
...続きを読む ›
2 コメント 152人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「悪い人が一人も出て来ない小説」を受け入れられるか否かで評価が分かれると思います。若者の成長物語としてはど真ん中。でも、私は物足りないと感じました。人間のダークな面がもう少し描かれていると、主人公の存在感が際立ったと思います。まあ、そういう作風は村上春樹に任せればいいかなとも思いますが。「海辺のカフカ」−「ダークネス」−「エロス」−「ファンタジー」= 本作品という感じ。やっぱり、物足りならないな。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
音楽が趣味の人や、聴くがわの人にとっては、優しい文体で音をうまく表現した美しくも暖かい小説と思います。
が、音楽を勉強してきた者、楽器を勉強してきた者にとっては、様々な個所で描写の不足、浅さが感じられます。
前半までは良かったのですが、後半からは少々ガッカリの内容になってしまいました。
が・・・・・、専門的な知識を持たない方にとっては、とても素晴らしい小説と思います。
(専門的な部分を多くすると、小説の良い部分が半減してしまうかもしれませんし。)
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック