無料配送: 4月11日 - 12日 詳細を見る
最速の配達日: 4月 11日の日曜日, 4PM-6PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
在庫あり。
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
羆嵐 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥257 配送料
お届け日 (配送料: ¥257 ): 4月12日 - 13日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 表紙にスリキズ、汚れ、いたみなど使用感ありますが、読むのには問題ないです。◇郵便局のゆうメールで発送致します◇
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


羆嵐 (新潮文庫) (日本語) 文庫 – 1982/11/29

5つ星のうち4.5 391個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥619
文庫
¥605
¥562 ¥69

よく一緒に購入されている商品

  • 羆嵐 (新潮文庫)
  • +
  • 慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件 (文春文庫)
  • +
  • 漂流 (新潮文庫)
総額: ¥2,200
ポイントの合計: 22pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

「おっかあが、少しになっている」人喰いヒグマの暴走

「おっかあが、少しになっている」

――それは、遺体と呼ぶには余りにも無残な肉体の切れ端にすぎなかった。頭蓋骨と一握りほどの頭髪、それに黒足袋と脚絆をつけた片足の膝下の部分のみであった。――

大正四(一九一五)年十二月、北海道天塩山麓の六線沢で惨劇は起きた。冬籠りをし損なった「穴持たず」の羆(ひぐま)が民家に押し入り、人間を喰ったのだ。犠牲者の中には妊婦もいた。開拓村を単なる餌場と見なしたかの如くクマは人喰いを続ける。止められる者はおらず、その無力さに村民たちは打ちひしがれた。

吉村昭『羆嵐(くまあらし)』は現実の熊害(ゆうがい)事件に取材した圧巻の一作だ。悲劇に見舞われた村の人々はすべて入植者であり、山が持つ真の姿を知らなかった。そのことがいかなる結果を招いたか、裸の状態で自然と向き合った人間がどれほど弱いものかということを、読者は妥協なき殺戮を繰り返す羆の姿から思い知らされるのである。贅肉のない文章によって事実をありのままに書くという吉村の手法が最大の効果を上げている。羆が骨を噛み砕き、肉を毟(むし)る音が行間から聞こえてくるはずだ。

小説の後半では、羆対策を巡って人間たちが迷走するさまが描かれる。未曽有の事態を前にして、天の啓示から学ぼうともせず、保身や衆を頼む思考に囚われた村人の姿は、二十一世紀の今も繰り返される人災の縮図のようである。その中でただ一人、クマ撃ちの銀四郎という男のみが、自然の摂理に身を委ねることの重要さを知っていた。老猟師は、羆よりもむしろ同じ人間の愚行に対して怒りを露わにする。村人に背を向けて去っていく彼の姿は、無知の罪を天に詫びるかのようである。

評者:徹夜本研究会

(週刊文春 2017.10.19号掲載)

内容(「BOOK」データベースより)

北海道天塩山麓の開拓村を突然恐怖の渦に巻込んだ一頭の羆の出現!日本獣害史上最大の惨事は大正4年12月に起った。冬眠の時期を逸した羆が、わずか2日間に6人の男女を殺害したのである。鮮血に染まる雪、羆を潜める闇、人骨を齧る不気味な音…。自然の猛威の前で、なす術のない人間たちと、ただ一人沈着に羆と対決する老練な猟師の姿を浮彫りにする、ドキュメンタリー長編。

登録情報

  • 出版社 : 新潮社; 改版 (1982/11/29)
  • 発売日 : 1982/11/29
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 272ページ
  • ISBN-10 : 4101117136
  • ISBN-13 : 978-4101117133
  • 寸法 : 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 391個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
391 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年3月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
135人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年9月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
105人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年12月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
67人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年3月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 人間はヒエラルキーの頂点に立っているなんてよく言うけど果たしてそうなのか?
ユーザー名: 徹夜本と映画で現実逃避!、日付: 2019年3月23日
吉村昭という作家は初見でしたが、凄いです!
大正4年に起きた史上最悪の鳥獣被害を題材とした作品なので面白いという言葉は本当に適切ではないのですが、ぐいぐい引き込まれました。
「熊被害??現代じゃ考えられないよ~。」なんて軽く考えていましたが、読み終えた後は恐怖感しか残りませんでした。
熊の生活圏に人間がずかずか踏み込んで、食糧としてではなく、被害が出ると殺生、という我々を中心とする考え方が、本当にいいのかどうかは自分には判断できませんが、お互いに干渉することなく存在できないのかなぁ?なんてお子ちゃまのようなことも考えてしまいました・・・。
そういえば、この作品で「羆嵐」という言葉も初めて知りました。(熊を仕留めると必ず天候が荒れるということから来た言葉のようです。)
しかし、でかいです・・・380Kgで立ちあがると3m50cmだそうです。現在事件があった場所が跡地として再現されているらしいのですが、これ見ても異常なでかさですよね・・・。怖い
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年12月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
62人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年1月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年7月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告