通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
羆嵐 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 びーすまいる
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】ヤケ、上部にイタミがありますが、全体的に綺麗な状態です。中のページも書き込みは無く綺麗で、全体的に状態は良好です。あくまでも中古品という事をご理解の上ご検討頂ければと思います。アルコール消毒後梱包。郵便局のゆうメールにて発送させて頂きます。Amazon 専用在庫の為、売り切れはございません。十分に検品しておりますが、稀にチェック漏れが有る場合が有りますので、お気づきの際にはご連絡くださいませ。速やかに返品・返金にご対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

羆嵐 (新潮文庫) 文庫 – 1982/11/29

5つ星のうち 4.7 132件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 628
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529
¥ 529 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 羆嵐 (新潮文庫)
  • +
  • 慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件 (文春文庫)
総額: ¥1,188
ポイントの合計: 37pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

北海道天塩山麓の開拓村を突然恐怖の渦に巻込んだ一頭の羆の出現! 日本獣害史上最大の惨事は大正4年12月に起った。冬眠の時期を逸した羆が、わずか2日間に6人の男女を殺害したのである。鮮血に染まる雪、羆を潜める闇、人骨を齧る不気味な音……。自然の猛威の前で、なす術のない人間たちと、ただ一人沈着に羆と対決する老練な猟師の姿を浮彫りにする、ドキュメンタリー長編。

内容(「BOOK」データベースより)

北海道天塩山麓の開拓村を突然恐怖の渦に巻込んだ一頭の羆の出現!日本獣害史上最大の惨事は大正4年12月に起った。冬眠の時期を逸した羆が、わずか2日間に6人の男女を殺害したのである。鮮血に染まる雪、羆を潜める闇、人骨を齧る不気味な音…。自然の猛威の前で、なす術のない人間たちと、ただ一人沈着に羆と対決する老練な猟師の姿を浮彫りにする、ドキュメンタリー長編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 226ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1982/11/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101117136
  • ISBN-13: 978-4101117133
  • 発売日: 1982/11/29
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 132件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,762位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
吉村先生の作品の中では中くらいの作品です。強いサスペンス感で統一されているのは珍しいと思います。「高熱隧道」にもありましたが、人間の力や存在の限界、自然の力の大きさの対比が強烈に示されます。

描写がほとんど控えめな、名前も与えられないヒグマ。この影の存在が一気に集落を恐怖に陥れます。尊厳を庶民に強要していた官僚・警察が全く役に立たず、酒飲みで村八分みたいな猟師の存在に集落の目が注がれます。

この作品は、吉村先生の作品の入門として良好だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
人の基本的な営みは自然の循環の中から得られる恵みで支えられている。本来、人もその循環要素の一つである。

厳しい自然の中にあって、人はその弱い肉体を守るために人間社会という城壁を築いてゆく。
この物語で語られている移住者の多くは内地から来た農民である。彼らは北の大地で豊かな生活という城壁を徐々に積み上げていった。その土地から与えられる恵みで育まれ、死んだ者を葬り、また新たな命を生み出す。その循環を繰り返すことにより彼らは徐々に土地に馴染んでいく。いかにも農民的な循環である。

しかし北の大地には凶暴な別の循環要素があった。この循環要素を受け入れることがこの土地に生きるということだ。

ここで生きるとはここの循環を受け入れ、自分たちがその要素であることを忘れないことである。

羆の害から救われた貧しい入植農民が、羆を仕留めた猟師からあり金すべてを要求されるシーンがある。
猟師は家族を惨殺された村人たちにもともと見返りを求めるつもりはなかったが、酷い経験を経ても、その土地の循環を理解しようとしない農民への怒りと諦めが「有り金を巻き上げる」という形で現れたのだろう。

現代では城壁に守られていると人間だけで生きているような錯覚を持ってしまいがちだが、災害や事故があれば突
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
一気に読んでしまった。ちょっと脚色はありそうだけど、昔の日本の様子が少しわかったし、自然への畏怖っていうのを忘れていることを実感した。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
1915年に北海道の開拓村を羆が襲い複数名の死傷者を出した。獣害史上最大と言われるその事件を題材にした小説である。
村を襲ったのが羆であると判明するまでのくだりや羆の習性を知らない村民たちの一喜一憂は映画「JAWS」を思わせる。

だが、人間対羆の攻防をスリリングに描くだけの物語ではなく、様々な対比で多面的に読める作品になっている。
生きていくために未開の地に踏み込み痩せた地を耕す人々と、生きていくために人をも食らう先住民である羆。
人と武器の大量投入と組織的な行動で難局を乗り切ろうとする討伐隊と、羆の習性を知り尽くし仕留める機会を窺う猟師。
豊かな漁場をもつ漁村と、耕せども確実な未来を描けない農村。
事件の情報に尾ひれがつきパニックに陥る人々と、被害者の無残な死体を冷静に検視する医師。

厳しい自然と共存して生活を営もうとする移民たちにとって自然の一部である羆の凶行は想定外であったかもしれない。
しかし、羆を仕留めた猟師からすれば移民たちが思い描く共存は人間が勝手に決めた自然との棲み分けと見えたのではないか。
お互い食うか食われるかの極限で対峙するという形での自然との一体化。
それが猟師にとっては生きていく術であり、自然との共存なのではないか。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この本を読んで北海道開拓民の苦労が良く分かった。
それにしても恐ろしいのは熊が女性と男の子を襲うのだが女性は持ち去るが
男の子は食いちらすだけ。熊は柔らかく脂の乗った女性の肉の味を覚えると
次々と女性を襲い始める。人間がトロを食べて美味しいと思うように
熊も女性の肉が好きなのだろう。ともあれ熊の怖さが身震いするほど分かる本で
お勧めの書である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
死ぬほど恐ろしい。範馬勇次郎が出てきてくれたらと思う。「自然は、こちらから不用意に刺激さえしなければ、向こうからも何もしてこない…と思っていたら…ギャー!」など、身も蓋もない恐ろしさが襲ってくる。臨月の妊婦が熊に殺されるシーン、失禁しそうになった。熊なんて、所詮動物だし、火を焚いておけば大丈夫、襲ってきても、燃えさかる薪を投げつければ逃げていくだろう、という私も考えるようなことが容易にひっくり返り、問答無用で通用しなくなる。警察から熊を退治する部隊が到着するも、あっという間に人智を越えた熊の恐ろしさの前に意気消沈するのもなんだかリアルです。これが実際にあったこととは…。とんでもない読書体験でした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー