羅生門 デジタル完全版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,024
通常配送無料 詳細
発売元: NHKスクエア グッズ&DVD
カートに入れる
¥ 3,024
通常配送無料 詳細
発売元: meetjapan
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

羅生門 デジタル完全版 [DVD]

5つ星のうち 4.5 65件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 1,854 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,170 (39%)
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 1,854より 中古品の出品:9¥ 1,704より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ羅生門 デジタル完全版¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 羅生門 デジタル完全版 [DVD]
  • +
  • 七人の侍(2枚組)[東宝DVD名作セレクション]
  • +
  • 生きる[東宝DVD名作セレクション]
総額: ¥5,580
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 三船敏郎, 京マチ子, 志村喬, 森雅之, 千秋実
  • 監督: 黒澤明
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川映画
  • 発売日 2010/07/23
  • 時間: 82 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 65件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003NX4GRE
  • JAN: 4988111286895
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 7,921位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

●「羅生門デジタル完全版」は、初のDVD化!
綺麗すぎると世界中で話題となった「羅生門 デジタル完全版」とは?アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミーが全面協力し、映画復元の第一人者であり、アカデミー・フィルム・アーカイブのディレクターであるマイケル・ポゴゼルスキー氏を統括に迎え、また日本側の監修として東京国立近代美術館フィルムセンターに技術的・学術的な助言を仰いで復元されたバージョン。2008年に日米で上映、翌年2月にはブルーレイで発売!復元の取り組みが評価され、2010年には「全米映画批評家協会賞」受賞。これまで、ブルーレイのみの発売であったが、今回待望の初DVD化!

内容(「Oricon」データベースより)

芥川龍之介の短編「藪の中」をもとに、黒澤明監督が映像化。1951年のヴェネチア国際映画祭グランプリ&イタリア批評家賞を受賞し、欧米に黒澤明をはじめとする日本映画が紹介されるきっかけになった記念すべき作品!三船敏郎、京マチ子、志村喬ほか出演。「日本映画DVD ¥2,940(税込)コレクション」対象商品。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 miharyi  投稿日 2016/11/5
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
これが羅生門か。納得した。日本にこれほどの美しい芸術があったとは。字幕希望。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
邦画は、特に豊かな日本の時代の最近の邦画は本当にくだらないものしかない
内容がくだらない芸能人の本当にくだらないものと芸術を意識して作ったエンターテイメント性皆無のもの
この2種類
だがこの羅生門はどうだ!見ろこの完成度!
この羅生門は当然CGの無い時代のセットなので、本当に作ってある
柱などは本当に寺院などに用いられる太くて大きなもの、瓦もすべて新造
圧倒的、何もかも圧倒的な現実感をこの羅生門のセットは視聴者にもたらす
映画内の主な場面舞台はこの羅生門と、どこぞの森の中、検非違使の白砂
たったのこれだけ!それでこのドラマ性
内容はかなり複雑な部分もあるが、登場人物はごく少数で構成されている
これは視聴者にとって物語に関する余計なノイズが極力避けられている配慮
物語に関係のない登場人物は極力オミットされており、裁きを加える代官などはセリフすらない
申し開きをする人物たちが独演する形式となっている、こういう演出
それぞれの人物に対するフォーカスが常に頂点になるよう設計されている
理想と現実これがテーマで、理想はいつもどこかかっこつけた虚飾があり、現実は泥臭く不格好
それでも現実を生きる人はそれぞれの生き方を批判を受けつつもするほかない、
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
      The truth is rarely pure and never simple.
 
           ---Oscar Wilde, The Importance of Being Earnest       

 何回見ても、見飽きない映画である。謎の映画である。
 多襄丸は名代の盗賊で、いわゆる「悪人」である。嘘も平気でつくだろう。金沢武弘は「さぶらひ」、後世の侍とは違い、貴人(貴族)に仕える(さぶらふ)者である。貴族に連なる身分であるから、平民よりずっとえらい。上流階級の人間として、体面を重んじて、嘘をつくこともあるだろう。女である妻の真砂は、なおさら、外聞を気にして、嘘をつくこともあるだろう。三人三様の供述が繰り広げられ、事件は迷宮入りとなり、杣売り(木樵)と旅法師は、「おそろしい」とか「人間が信じられなくなる」とか、つぶやいたりする。芥川龍之介の原作「藪の中」は、文字通り、迷宮入りのまま終わっている。しかし、黒澤映画では、最後に落ちが付いている。杣売りが、「真相」を語るのである。その内容は、多襄丸のものとも、金沢武弘のものとも、真砂のものとも違っていた。
 さて、そこが謎なのだ。事件の当事者三人の供述のうち、どれを信じてよいか分からないのに、なぜ、杣売りの目撃談だけが「真実」だと言えるのか
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
どのような作品か知らずに観ました。原作を読んでいない自分は
タイトルとパッケージの破壊された門から戦国時代の戦いを描いた映画ではないとか
勘ぐっていましたが、まったく違う内容でした。
しかし、映像の美しさ、それに現代では考えにくい男と女の考え方。
3人の男女に起こった出来事と当事者しか知り得ない証言の食い違い。
この映画を作った時代の人だと3人の心情がわかりやすいのかな。

ある意味、当時の人々の心理を考えるための貴重な教材としても価値があるのではないかと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
『さっぱりわかんねぇ』と志村喬は言う。
『恐ろしい。人の心が信じられない』と千秋実が言う。
『屁理屈聞くより 雨の音を聞いていたほうがいい』と上田吉二郎は言う。
半分壊れている 羅生門で 雨宿りする 3人。

『本当のことをいえないのがニンゲンだ。』
『弱いからこそ嘘をつく』
『正しい人間なんかいるもんか。都合のいいように嘘をつくのがニンゲンだ』
『自分のことしか考えないのがあたりまえだ』
と 誰が本当のことをいっているのかわからない。
多襄丸(三船敏郎)が 最初に証言する。
そのつぎに 京マチ子が証言する。
死んだ 京マチ子の夫の森雅之が巫女の力を借りて証言する。
そして みていた志村喬がいう。実に構成的に 組み立てられている。
いったい誰が 真実を言っているのか?
三船敏郎は 最初は殺す気がなかったが
オンナの気性の激しさに驚き。オンナが生き恥をさらすのがいやだからというので
二人で戦って殺したという。
この多襄丸の表情の豊かさに拍手。笑い顔が実にいい。

京マチ子は 夫の 怒りや悲しみではなく、
さげすまれた冷たい態度に 驚き 気を失って、
眼が覚めたら 短刀
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す