通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
罪と罰 1 (BUNCH COMICS) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

罪と罰 1 (BUNCH COMICS) コミック – 2011/10/8

5つ星のうち 4.0 52件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 罪と罰 1 (BUNCH COMICS)
  • +
  • 罪と罰 2 (BUNCH COMICS)
  • +
  • 罪と罰 3 (BUNCH COMICS)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ドストエフスキーの「罪と罰」が日本漫画界の鬼才・漫F画太郎による独自の解釈で再構築され完全コミカライズ! 本作は、ロシアの文豪ドストエフスキーの代表作「罪と罰」を題材としながら、日本ギャグ漫画界の鬼才・漫F画太郎が独自の世界観と価値観を再構築したもので、文学と漫画の新たな融合を目指す、究極の挑戦作である。本編の主人公・エビゾー=ラスコーリニコフは果たしてその最終目的――質屋の老婆殺害を成し遂げることができるのだろうか!? 正義の斧、一閃―――そして、悪夢が始まる。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 新潮社 (2011/10/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4107716341
  • ISBN-13: 978-4107716347
  • 発売日: 2011/10/8
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 52件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
原作への敬意が微塵も感じられません。いつもどおりの画太郎先生でした。
コメント 674人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マツダ草介 トップ1000レビュアー 投稿日 2011/12/5
形式: コミック
日本の漫画史上、漫☆画太郎ほどの逸材はいただろうか?

ただでさえギャグ漫画家は短命と言われている。

ギャグが古くなったり、四六時中ギャグのネタを考えて頭がおかしくなったりと、ギャグ漫画を継続していくことは非常に困難なことである。

しかし、1989年ごろデビューして以降、一環してギャグ漫画を書き続けている男がいる。

それが、漫☆画太郎である。

少年ジャンプで「珍遊記」の連載が始まったとき、当時のジャンプを愛読していた小学生の中で、日本のギャグ漫画界に(非常に悪い意味で)革命が起こる、と予感したのは私だけではないはずだ。

その後「地獄甲子園」や短篇集を出して、日本漫画界でも特異な位置についた画太郎。唯一無二の存在として、誰も追従しない、追従なんてしたくもない地位へとたどり着いた。

有名な漫画雑誌でみかけなくなって、「画太郎のやつ、そろそろ死んだかな?」なんて思ってるとクイックジャパンなんていうサブカル雑誌にも描いている。

ヤングジャンプでサラリーマン金太郎のパロディ描いて本気で怒られたり、ビジネスジャンプでやる気まんまんでオールスター出演作品「珍遊記2」も結局打ち切りだったりと良くも悪くもぼくらの大好きな画太郎先
...続きを読む ›
2 コメント 550人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
表紙を描いているのは別人で、中味はいつもの画太郎先生です。
階段から落ちてトラックにはねられたり、ババアの乳首に軟膏を塗ったりするいつもの画太郎先生です。
表紙で過度な期待をせず、しかし画太郎分を求めている皆さんは安心してお読みください。
コメント 316人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
意外?な事に金髪チャラ男と全裸の女性が描かれた表紙に大きな偽りはありません。
実際の主人公はこの二人です。画風は・・・いつもの画太郎先生ですが、
男性の方は表紙絵より北斗の雑魚風味に、女性の方は女子小学生がジャポニカ学習帳に書いた
やたら平面的なマンガキャラのような造形にデフォルメされている程度で、画太郎先生としては比較的まともです。
まぁ・・・色々な意味で表紙絵は中身に「忠実」です。特に女性の方は。

しかし、内容はいつも通りの画太郎先生。
「罪と罰」というテーマとは最も程遠い、サイコパス人格の持ち主だらけの画太郎ワールドで
「罪とは何ぞや、罰とは何ぞや」という原作の高尚なテーマを全力で陵辱し破壊して回ります。

「罪」→登場人物同士が凶器や汚物で何の躊躇もなく殺しあったり陵辱する。
「罰」→登場人物にバラバラに斬り刻まれたり犯されたり惨殺されるか、突然何の脈絡も無く車が突っ込んできたり爆発が起きて木っ端微塵になる。

当然人が何十人バラバラに惨殺されようが、画太郎ワールドでは虐殺役以外の警察などいませんし、
原作のように罪と赦しの葛藤に苦悩する主人公や、自己犠牲の権化たるヒロインの愛と赦し、
裁判での白熱した論戦などの要素が当然あ
...続きを読む ›
1 コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
言わずとしれた世界的名著の漫画化である。
原作の説明はここでは割愛するが、漫画化にあたっては
老婆、叫び、トラック等、漫画太郎を語るに当たっては必然の道具立てが用意されており、これを単に陳腐なマンネリズムと捉えるか、
究極の様式美と捉えるかは読む者の判断である(実際原作にも老婆は極めて重要な役割で出てくるが)。

トラックが出てきたり、主人公の名前がエビゾーだったり、少女の名前が麻央(違ったかもしれない)だったりと極めて大胆な現代語訳
が施されており、まさしく今の時代に置き換えて読み進めることが出来る。

読了後、まぎれもなくこれは「神をも畏れぬ所業」であると実感し、文学のコミカライズにおいては他を圧倒する(常軌を)逸(脱した)品
であると断言でき、まさしく現代の禁書と呼べる作品である。
原作を読んだ方も、読んでいない方も、是非1度挑戦して欲しい作品だと思う。

  
  
  

そして私は想像する。
原作を溺愛し、漫画にも興味を持ち☆5のレビューを見てこの本を買って読む人の事を。
娘の教育の為に、まずは漫画から世界的名著を知ってもらおうという親心を働かせ表紙で判断して娘に買い与えてしまった親の心境を。
...続きを読む ›
コメント 235人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック