中古品
¥ 257
+ ¥ 0 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【中古・カバーに軽いスレ等あります】当日から翌日発送の年中無休スピード出荷。マケプレお急ぎ便がご利用頂けます。※一部の商品、地域へはご利用頂けません。商品により追跡番号なしのユウメールもしくは宅配便等で発送致します。代引・コンビニ決済対応。オンラインにて併売しており在庫は随時更新していますが稀に在庫切れの場合がありますので予めご了承下さい。その際のキャンセルのご連絡もすぐにさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

罪と罰 1 (アクションコミックス) コミック – 2007/7/3

5つ星のうち 2.6 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 198ページ
  • 出版社: 双葉社 (2007/7/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575833762
  • ISBN-13: 978-4575833768
  • 発売日: 2007/7/3
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
この作品を連載時から全巻読破した上で言いたい。
この作品は作者のスタンスが見えない作品だと。
原作レイプという言い方はしたくないし、どんな改変があっても
原作をどう作者が解釈しどう向かい合うのかそのスタンスがあれば
その姿勢を評価する。
しかしこの作品には原作に対する作者のスタンスが見えないのだ。
その大きなポイントがソーニャの改変キャラクターであるエチカだ。
この第一巻では登場しないが、弥勒とエチカのドラマがこの作品の
核をなすようになっている。しかし、エチカの内面が全く見えて
来なかった。エチカが飴屋(マルメドーラフ)に対する感情は
鬱積した怒りなのか、それとも無償の愛の危険性なのかまったく
エチカが飴屋に対する感情を吐露することもなく終わり、ただ
エチカは流されているだけの人形でしかない。地獄に咲く花というが、
何を持って地獄に咲く花のようなものを持っているのかまったく
見えてこない。作者の中でエチカはこういうものだと得心している
ようだが、それがわからなければ単なる自己満足でしかない。
ソーニャの示す「神の愛」に対する反逆なら、別のテーゼを示すべきだ。
しかしこの作品には別のテーゼが見えてこない。
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
名著を現在の日本に設定を置き換えて再現・・したかったのでしょうが、
正直、ストーリーが安直で、主人公のキャラもいまいち魅力に欠けます。

現在の罪ということで、不良少女達の反社会的な行動を描写していますが、
罪にフォーカスするために、かなり気分の悪くなるような展開設定をしています。

低俗な罪と罰で、残念でした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
まだ始まったばかりで、主人公がこれからどういう風になっていくのか気になるところで
2巻につづくになっています。
1巻だけ見ると主人公は内向的で暗くて臆病者で、あまり魅力が感じられません。
むしろこのイジメをしている相手の女の子がすごく頭がいいので
こっちの方がキャラがたっているんですよね。
最初は彼女にハラがたっていたんですが、いじめられている女の子があまりにも弱く
それもイライラしてきてしまって、読んでいて(1巻だけ見ると)不快になります。
でもきっとこれで終わらないはず、主人公の決意がこれからどうなるか
見守っていきたいと思います。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 次郎 投稿日 2011/8/6
形式: コミック
最後まで読みましたが、酷かった。原作への思い入れによる評価だとは思わないでください。
ただ原作を読んだものなら解釈に注目をせざるをえない。ここが酷い。
漫画としてもダメな部類に入るでしょう。
にもまして巻末には自己陶酔文(と思われるもの)を長々と。勘弁して頂きたい
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 坊主 投稿日 2007/8/30
形式: コミック
 文学史上の名著を気軽に漫画で・・・と読んでみましたが、期待以上です。
舞台も19世紀のロシアではなく、21世紀の日本なのにグイグイ引き込まれてしまう。
 人間の本質に関わるテーマを扱っているからなんでしょうか?
手塚治虫先生も同様にこのドストエフスキーの傑作を漫画化していますが、今後それ以上のものを期待しています。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ドストエフスキーの「罪と罰」を現代版にアレンジした作品。とそのまま捉えていいのだろう。多分。

今風の若者ならではのレス・コミュニケーションな残虐さ(少女売春、学校崩壊、限界の喪失)はややもすれば演出過剰で、読み進めるのには多少の嫌悪感を引きずってゆく必要がある。その体の拒否反応が「次の話を読みたい」という欲求に屈服する過程は、おそらく1865年の原作発表時も同様の感覚をもって世に受け止められたのであろうことに想いを馳せることを強制する。

続きが気になってしょうがない。単なるリメイクで終わらないことは今の段階から肌でビンビンと感じる。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック