中古品
¥ 7
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は概ね良好です。クリーニング後、通常奈良県から日本郵便のゆうメール(追跡番号無し・発送から日祝除く2-4営業日でポストへお届け)にて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

罪と罰 (手塚治虫漫画全集) コミックス – 1977/6/13

5つ星のうち 3.9 34件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 3
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

貧乏学生ラスコルニコフは、金貸しの老婆を殺してしまった!犯した罪の重さに苦しむ彼のまえに、天使のような娼婦ソーニャがあらわれた……。ドストエフスキーの名作文学を、みごとに漫画化した不朽の名作!

著者について

手塚 治虫
1928年、大阪府豊中市に生まれ、兵庫県宝塚市で育つ。大阪大学付属医学専門部を卒業後、医学博士号を取得。1946年、「マアチャンの日記帳」で漫画家デビュー。1962年には『ある街角の物語』でアニメーション作家としてもデビューする。おもな作品に、漫画では 『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』その他多数、アニメーションでは『展覧会の絵』『ジャンピング』その他多数あり、全400巻の『手塚治虫漫画全集』(講談社)も刊行された。宝塚市には手塚治虫記念館がある。1989年に死去。


登録情報

  • コミック: 135ページ
  • 出版社: 講談社 (1977/6/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061086103
  • ISBN-13: 978-4061086104
  • 発売日: 1977/6/13
  • 梱包サイズ: 17.8 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
1円という格安価格だったため少し不安でしたが少し黄ばんでいるだけで匂いやシミ、おれている部分などもなく非常に良い状態で届きました! 罪と罰を愛読した手塚治虫ならではの解釈、まんがへの透写がとても面白い作品で大満足です
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
手塚治虫先生の可愛らしい絵は、いつ見ても綺麗です。映画のようなシーン描写は独特です。
原作を読んでいないので、比較は出来ませんがコンパクトにまとめられているため、まずこちらを読んでみるのも良いと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
漫F画太郎先生の『罪と罰』を読んだあと、手塚治虫版を読んだら共通点がほとんどなくてビックリした。
手塚版は、なによりも話がきちんと前進していくのが、新鮮だった。
一方、漫F画太郎先生の方はまさに無限地獄そのもので、それはそれでこちらが罰を受けているような気になった。
ぜひ、両方を読み比べてほしい。
ドストエフスキーも天才2人にリメイクされて、きっと満足しているに違いない。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ドストエフスキーの原作の良さが活きた作品ではないかもしれない。
だがそんな事は所詮このページ数では無理なのだと思います。
そんなことでこのマンガの評価をするのはもったいない話だと思うのです。
これは一本のマンガとして凄い作品だからです。
チャレンジ精神に満ちた偉大な実験作で、普通は使わないいろんな技法が使われているのです。
しかもその実験はマンガとして概ね成功していると思いました。

実は手塚作品で一番好きな作品なのです。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
罪と罰は一度は読んでおこうかなと思う重厚な文学ではあるものの、読破するのにエネルギーが必要な一冊。そして久しぶりにまた読んでみようかなとも中々思わないのではなかろうか。この本が大好きで何度も読んだとおっしゃる手塚先生、さすがの咀嚼・表現力、一家に一冊置くのもありかな。オススメ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 メコノプシス VINE メンバー 投稿日 2007/12/20
形式: コミック
 実際のストーリーに若干の変更を加えていますが、かの原作を巧みに漫画化した物だと思います。

 この本一冊で、例のドストエフスキーの罪と罰の大体のストーリー展開が分かるので、原作を読む前にこれを読んでおくといいと思います。よく出来ています。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 最初はドストエフスキーの名作、などと知らずに読んでいました。手塚治虫の初期のマンガのため、絵柄がとてもキュート。体つきが丸々としていてかわいらしい。かわいい絵柄で、罪とは何か、人を裁くことの重みを訴えかけてきます。そこには、原作を読みきれない年齢にでも、暗くならずに考えさせるだけの迫力があります。
 彼の漫画の初期に多くあるようなのですが、1コマ1コマが見逃せないくらい言葉を発しています。コマが大きければ迫力があるんだと勘違いしている現代のマンガ家には、本当にこういうのをじっくり研究してもらいたい。お金に困った主人公が物語の最初で、金貸しを殺すのですが、その場面には主人公の思考が何一つ台詞として文字になっていない。でも読む側は理解できるのです。1場面ごとに息づかいが感じられ、読みきるまで途中でやめられないのです。
 読み返す毎に深さを知るとおもいます。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
原作を読んだ後に、さらに理解を深めようと思って読みました。
初めに、あの長編の原作が、たった130ページ位にまとめられているのが少しショックでした。
原作をかなり浅くしたようなものになっており、作品の中でのキーポイントであるスビドリガイロフは安っぽい役柄に変わっていたりして、かなり脚色が加わっています。
しかし、ラスコルニコフとポルフィーリの対決は原作同様に、スリリングで興奮します!!
初めに漫画で読んでから、原作を読むのも良いと思います。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ポーコ 投稿日 2007/4/19
形式: コミック
なるほど手塚治虫本人もあとがきでこの作品を「稚拙」といっている。
私も読んでる途中から、というより前半ですでに「ラスコーリニコフの予想外に起きた第二の殺人が描かれていない」ところに違和感を感じたり、後半でもいきおい省略されすぎた感があった。しかし漫画という手法で「罪と罰」を描くというのは驚きである。

まずドストエフスキーの作品は何がしかの教養等に興味がなければ、そう簡単に手を出さない作品だろう。思うに手塚治虫の生きた時代はある種の教養主義が残っており、漫画家にも知性があった時代、あるいは「大人として子供たちにおぼろげながらも価値あるものを伝えたい、見せたい」という「意志」があったのであろう(最近の漫画家は商業主義すぎかも?)。

したがって、ドストエフスキーの「罪と罰」を改悪させすぎだ!と嘆くよりも、(自身も稚拙と認めているのだからね)手塚の世界文学を子供らに伝えたいという大人の「姿勢」「意志」という側面を大いに評価すべきではないだろうか?
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー