Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 750

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ドストエフスキー]の罪と罰(上)(新潮文庫)
Kindle App Ad

罪と罰(上)(新潮文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.5 85件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 750
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810 ¥ 1

【50%ポイント還元】GW文春祭り
現在、GW期間限定で「GW文春祭り」を実施中。3,300タイトルが対象の大幅セール。この機会にお得な情報をチェック! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

鋭敏な頭脳をもつ貧しい大学生ラスコーリニコフは、一つの微細な罪悪は百の善行に償われるという理論のもとに、強欲非道な高利貸の老婆を殺害し、その財産を有効に転用しようと企てるが、偶然その場に来合せたその妹まで殺してしまう。この予期しなかった第二の殺人が、ラスコーリニコフの心に重くのしかかり、彼は罪の意識におびえるみじめな自分を発見しなければならなかった。

内容(「BOOK」データベースより)

鋭敏な頭脳をもつ貧しい大学生ラスコーリニコフは、一つの微細な罪悪は百の善行に償われるという理論のもとに、強欲非道な高利貸の老婆を殺害し、その財産を有効に転用しようと企てるが、偶然その場に来合せたその妹まで殺してしまう。この予期しなかった第二の殺人が、ラスコーリニコフの心に重くのしかかり、彼は罪の意識におびえるみじめな自分を発見しなければならなかった。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1095 KB
  • 紙の本の長さ: 305 ページ
  • 出版社: 新潮社 (1987/6/9)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01IHG9QLW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 85件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 24,673位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 この作品について多くの研究がなされており、学問的には出尽くした感がありますが、まだまだ『罪と罰』は私たちの前に立ちふさがっています。
 『罪と罰』は、読者にあわせて変化する多様な「読み」を許容する作品だと思われます。だから、ある「読み」でつかんでも、また『罪と罰』は新しい別の形で現れてくる。ときには、探偵小説、ときには人生と死についての教化小説、そして形而上小説、またペテルブルグを主人公とする小説といったふうに。またそれとともに、主人公も変わっていきます。最初は、もちろんラスコーリニコフを追いかけます。けれども、もう一度読むと、私たちは別の人に出会います。ソーニャ、ラズミーヒン、ドーニャ、マルメラードフ、スヴィドリガイロフ。
 物語も人物たちもたえず動いているので、完全に私たちは『罪と罰』をつかまえられません。バフチンも、『死霊』もドストエフスキイの作品のごく一部しかとらえていないような気がします(どちらも、おもしろいことに変わりはないんですが)。
 私は、『罪と罰』を何度も読み、わかったということができるのか、はなはだ不安になってきます。その不安を解消するために、また読む。そしてまた不安に陥る、という繰り返しです。
 埴谷雄高は、ドストエフスキイを「成長する作家」であるといいました。『罪と罰』は、私たちの成長にあわせて成長する。そのような変化する巨大な小説であると思います。
2 コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
言うまでもなく、最も有名な小説のひとつである。

しかし、自慢じゃあないがと言うか、恥ずかしながらと言うか、レビューアーはこの小説の内容がどんなものであるか全く無知であった。ものすごく有名な本で、かなり部厚め(上下2巻からなっている)なので、きっと中身はかなり難解で高尚な哲学的な内容が書かれているのであろうと思って敬遠していたのである。理系人間のようなものには、哲学的内容と言うのは何となく、敬遠してしまうのである。

かつて若い頃、ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」を読んだ。若くて理想に燃える少年の理想と現実との狭間に揺れつつ精神的な成長をしていく過程を描いた極めて、哲学的な内容の小説で、取っ付きは悪かったが、最後の方はかなり面白く読めた。しかし、どちらかと言うと薄めの本であったが、かなり読むのに時間がかかった。これは、かなり哲学的命題にまっすぐに挑んだ小説と読めた。

また、アルベール・カミュの「異邦人」は、「今朝ママンが死んだ」で始まるなんとも分かりにくい実存主義的な哲学の小説であった。これこそなんとも理解を超えるところがあった。「不条理の条理」などがテーマで、主人公は「夕日が眩しかったから」と理由で殺人を犯したらしいのであるが、その思想は現レビューアーにはまったく分からなかった。これもそれほど厚い本ではなかったが、読破に
...続きを読む ›
4 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
なかなかよろしいですね。普通の枕とはちょっと違う感じ。
この本を読んで何か思想的なものを見つけようと思ってる人はahoです。

壮大な、ただの、頭がおかしくなった ラスコーリニコフの、物語です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
実に30年ぶりに読みなおしました。前回読んだのは高校生のときだったなぁ。

選ばれた非凡な人間、たとえばナポレオンのような人間はおのれの偉業のために、一方で種の存続のためにあるような平凡な人間を犠牲にすることは許される。
そういった思想にその若い偏執的な環境の中でとりつかれ、とうとう自分の偉業のために、人を殺めてしまう。

が、計画にはなかった老婆の妹を殺してしまったこと、また、殺人を犯したその行為そのもに対して動揺し、自分を保てなくなっていってしまう。

このラスコーリニコフの思想と動揺、自首してもなお罪を悔やむのではなく自首してしまった自分の弱さと思想のゆらぎを悔やんでいた彼が最後に変わっていくその姿が以前は不満でした。
高尚な思想に基づき行動したのに、なぜ逡巡してしまい悔恨してしまうのか、高校生の時は共感できにくかったことを思い出す。

この作品の面白さは卓越した一気に読ませるストーリーももちろんだが、それぞれの登場人物のいきいきとした描写、ペテルブルクの暑さまで伝わってくるリアルな風景であろう。
ラスコーリニコフの未熟な怒りや思想ももちろんだが、怪人スヴィドリガイロフ、自首を勧めるポルフィーリイ、今でも近所にいそうな家主やカテリーナ、そしてソーニャや妹のドーニャ、中
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover