Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon MasterCard Drive_Recorder ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV ホワイトデー特集2018 花粉対策特集 インテリアスタイルガイド Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター ワイルド・スピード ICE BREAK (字幕版)

繰り返し聴いたアルバムをまとまりなく7/13

ブロンドリーゼント
 
ほうろう
ほうろう
"初めて聴いたときはあれ?地味かな?と思いましたが、よくよく聞き込むとバックのティンパン・アレーの高度な演奏とリラックスした味のある歌唱が混ざり合って、抜きん出た心地よさを感じます。ヘッドホンで聴くのがお勧めの一枚です。動画も見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=BhhZXsiMYcY"
Flowers of Romance
Flowers of Romance
"とにかく一度聴いてみてください。ギターもベースもない。のに、ドラムだけでこんなに「のせられて」しまうのは、奇天烈なヴォーカルやエキゾチックなリズムもありますが、借り物でないれっきとしたグル—ヴがあるから。前衛性における彼らの到達点は今作が究極で、後は失速。前の二枚も大好き。動画も見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=qdAnlXhyikw&feature=fvst"
セイル
セイル
"丸く、小粒で、細かく跳ね回っているようなメロディと女性ヴォーカルがゆるやかに絡み流れていきます。衝撃を受けるというより、気づけば聴こえてきて空気をやんわり満たしてくれる音楽。温かい紅茶を飲みながら過ごすひと時のような、けして急ぐ必要のない居心地の良さを差し出してくれる良盤。"
ヘッド博士の世界塔
ヘッド博士の世界塔
"無理してサイケデリックにしてる嫌いがありますが、時代にイライラしてたのがそうさせたのでしょう。微妙に古臭かったりしますがポップセンスは圧倒的。小山田くんの声を、無気力なことに対しても無気力になってしまったVoと評してるレビュアーがいますが的を射ている。そして自分には彼の気持ちが痛い程伝わってきます…動画も見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=SN2iBg-Krrg"
Panopticon
Panopticon
"NEUROSISを地底からずるずる這い出るメタル、TOOLを深い闇から常にこちらを見ているメタルだと感じてたけど、ISISの『Panopticon』はジャケ通り遥か上空から、これもまた常にこちらを見下ろしているような印象。けしてこちらに干渉せず、いつまでも興味無さげに眺めてる、神の視点というのでしょうか。見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=Awg99tk6vys"
Think Tank
Think Tank
"このアルバムからブリットポップを完全に振り切ったことがわかります。そしてそれが本来のブラーなんですね。ダウナーな曲展開に轟音ギター、まさにジャケットそのままの灰色の世界観です。しかし、ポップだった頃のアルバムよりリピート率が高いのはなぜでしょう?動画も見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=LUDR7s2D5MM"
Calling You
Calling You
"彼の名曲は数あれど、爽やかさ、メッセージ性、歌の技術などすべてにおいての最高傑作はこの一曲だと思います。Youtubeやニコニコ動画でもアップされているので、ぜひ聴いてみてください。度肝を抜かれると思います。PVも見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=Ll72GX-osrQ"
Revolver
Revolver
"ビートルズはなんだかんだいってやっぱり飛びぬけています。彼らのアルバムはすべて聴き込みましたが、一番息が長いのはこれ。理由は簡単、聴いてて心地よいからです。動画も見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=ILpV1NTS5yc"
8
8
"一曲一曲がヒリヒリした空気をまとっていて正直一枚聴くにはエネルギーが要ります。イエモンより吉井和哉の盤を聴いた後の質感。ここに挙げたのは、その満腹感ゆえ一時期この盤しか聴かない時期があったから。もはや体の一部と言える一枚。m12「峠」。動画も見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=3vu_C31ymQQ&feature=related"
Junior Sweet
Junior Sweet
"今作でも相変わらずグッド・ミュージックを聴かせてくれます。デビューのころから一貫して基本はソウル。表面的な表現方法が変わっても根がしっかりしているので、彼女は息が長いし、聴くに堪えると思います。ジャケットもとってもピースフル。動画も見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=T1bTCIa89Dc"
Sensuous
Sensuous
"ジャケットどおり、前作「Point」よりも色が増えて、暖かくなった感じ。シャープさは相変わらずに、生活音を随所にサンプリングして聞き手の頭の中にさまざまな映像を見せてくれます。前作はクールダウン用、今作はリラックス用と使い分けて愛聴してます。どちらも長く聴ける良盤ですよ。動画も見てね!http://www.youtube.com/watch?v=_dq9b2whMqc&feature=fvst"
Suede
Suede
"これもジャケットが全てを表しています。ミドルテンポの、バーナードの歌うように雄弁なギターに、妖しいファルセットを多用するブレッドの歌声が執拗に絡みつきます。さすがの自分も面食らいましたが、すぐにこの世界観の虜になりました。聴く人を極端に選びますが、はまったらアルバム全て買っても飽き足らなくなりますよ。http://www.youtube.com/watch?v=XaEc_5abpfA"
生活
生活
"「なんじゃこりゃ!?」正直な初印象はこれでした。楽器の音は聞こえるぎりぎりまで小さく、聴こえるのは宮本の歌、というか説法ばかり。目をつむって聴くと彼が目の前にいる感覚を起こします。あまりに重いので毎日は聴きませんが、週末に無性に聴きたくなります。それにしてもなんという「我」だ。"
Toxicity
Toxicity
"自分はメロディー一辺倒のメタルって苦手なんですが、このアルバムはメロディー、曲展開の壮大さ、骨太かつ変態的なヴォーカル、歌詞の悲痛さなど多面的な魅力があって飽きません。次作からさらにメロディアスになっていきますが、個人的にはこれくらいがちょうどいいかな。"
Songs in the Key of Life
Songs in the Key of Life
"冷静に聴けば完成度は「Innervisions」のほうが上でしょう。しかしこのアルバムに詰まっているのは二時間の収録時間には収まりきらない幸せです。冷静になんて聴いてられなくなります。間違いなく彼の最高傑作でしょう。若いうちにこのアルバムに出会ってよかった。。。"
KOMEGUNY
KOMEGUNY
"サードアルバムにおける今作は、マニアック度が少し薄れ、m3「浪漫飛行」のような名曲も生み出しつつ、ひねりもわすれずに入った快作です。入門としてこれを聴きこんだら、どんどん遡っていきましょう。動画も見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=I3mZF53_WzE"
愛していると云ってくれ
愛していると云ってくれ
"正直言って中島みゆきは「地上の星」くらいしか知らなかったのですが、これを聴いて度肝を抜かされました。徐々に鬼気迫る朗読から、叫びとともにm2「怜子」にはいる冒頭といい、「わかれうた」「化粧」「おまえの家」の哀愁といい、ラスト「世情」といい。。。彼女は詩人ですね。動画も見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=_lhfObXv8QM"
Do You Want More?!!!??!
Do You Want More?!!!??!
"ヒップホップは暴力的なイメージがあって敬遠してたんですが、これはジャズと融合しているためか非常にクールですね。サンプリングでなく全て生楽器なのもよく作用しています。それにしてもクエストラヴのドラムはタイトでとても魅力的ですね。"
Dirty
Dirty
"よい!!流れるような疾走感は前作より落ちますが、ノイズによるハーモニーの心地よさはさらに進化しています。彼らはキャリアが長い上に駄作がめったにないので安心して買えますが、このアルバムはその長いキャリアの中でも傑作です。"
惑星のかけら
惑星のかけら
"明らかにシューゲイザーに影響を受けている本作ですが、意外と世界観は崩れておらず、きっちり消化して独自のアルバムに仕上がっています。ハードで幻想的なスピッツの側面として、ベスト版しか聞いたことない人に特におすすめです。驚きますよ。おすすめはm6「シュラフ」。動画も見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=vh3DLypmiys"
Reflections
Reflections
"最近今作の25周年のセルフカヴァーを出したみたいですが、甲乙つけがたいですね。当時はシティーポップなんて呼ばれてたそうです。男の生き様として、憧れとして歌詞に想いを馳せつつ、一人で楽しみたいアルバムです。ジャケットもセンスいいですね。動画も見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=NmPxRDBkzCw"
Blue Lines
Blue Lines
"以前はセカンドの「Protection」のほうがセンチメンタルで好きだったんですが、最近はこちらを一日中聴くことが多いです。シンプルなリズムとどこまでも沈み込むようなdopeなグルーヴは、麻薬となって長いこと効きます。ヘッドホンで爆音で聴くのがお勧めの一枚。動画も見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=aZ1cACrPHdc"
スニーカーダンサー
スニーカーダンサー
"これだけコンスタントに良い曲を作り続けられるところにこの人の天才ぶりがうかがえます。m1「スニーカーダンサー」で軽やかに始まり、m6「なぜか上海」できっちり歌唱を聴かせ、m9「海へ来なさい」で心に響かせ、m10「勝者としてのペガサス」でミステリアスに締める。完成度は随一です。動画も見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=eVSEdTeVwVs"
ギヤ・ブルーズ
ギヤ・ブルーズ
"彼らが最も爆発していた頃の最高傑作です。はじめから終わりまで疾走感、重さ、インスピレーションを喚起させる言葉選びなど文句のつけようがありません。下手にたくさんのバンドを聴くより彼らのを何度も聴きこんだほうがいいと思います。動画も見てね!→http://www.youtube.com/watch?v=pwAS_h93ft4"
Nightfly
Nightfly
"まさに夜間飛行のイメージそのまま。ポップでありながら洗練の極みを見せてくれます。普段濃厚な音楽を聴くことが多いため、このような脳内リセット用の音楽は非常に重宝します。用途はどうあれ、様々な形でみなさんに長年聴かれ続けるであろう名盤です。動画も見てね!→http://www.youtube.com/watch#!v=SqUU-GCuppo&feature=related"