中古品:
¥ 2,100
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 最遊記
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧いただきありがとうございます。こちらはディスク、ケース、操作シートの商品となります。中古品のためケースにのキズや使用感がございます。こちらの商品、検品は万全を期しておりますが、万が一商品価値を落とす破損や不備、また記載内容と商品の状態に大きな違いがあった場合、返金等の相談や対応をさせていただきます。クリーニングした上クリアパックに梱包しアマゾン倉庫からの迅速発送となります。ぜひご利用ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

縞模様のパジャマの少年 [DVD]

5つ星のうち 4.2 59件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 11,000より 中古品の出品:3¥ 1,750より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で縞模様のパジャマの少年 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【 ディズニーブルーレイ/DVDストア 】 - ニューリリース+ホットアイテム情報、ランキングなど

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: エイサ・バターフィールド, ジャック・スキャンロン, アンバー・ビーティー, デヴィッド・シューリス, ヴェラ・ファーミガ
  • 監督: マーク・ハーマン
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • 発売日 2010/01/20
  • 時間: 94 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 59件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002STNHNI
  • JAN: 4959241921130
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 127,080位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

衝撃のラストにあなたは何を感じるか。
名匠マーク・ハーマン監督が贈る、ホロコーストを全く新しい視点で描いた衝撃作!
『縞模様のパジャマの少年』

「私は、いつまでも泣いた。こんな美しい子どもだけの持つ友情を見たから。
冒険好きの私も、このとき、ここにいたら、きっと同じことをしたと思う。今日も世界のどこかで子ども達は、きっと、こういう友情のために命をかけているのでしょう。手を握りあって。
子どもにも見てほしい。」
黒柳徹子さん(女優・ユニセフ親善大使)

文部科学省選定/文部科学賞特別選定作品
ジョン・ボイン著のベストセラー「縞模様のパジャマの少年」は、非道な戦争に翻弄される人々の姿と幼い友情を描き、世界各国で数々の賞を受賞した秀作。この原作を「ブラス!」や「リトル・ヴォイス」のマーク・ハーマンが監督・脚本・製作総指揮を務め、「ハリー・ポッター」シリーズのルーピン役デヴィッド・シューリス、『こわれゆく世界の中で』のヴェラ・ファーミガ、リチャード・ジョンソン、シーラ・ハンコックらイギリスを代表する名俳優が結集し、観る者の心に深く沁み込む珠玉のヒューマン・ドラマが誕生しました。

<ストーリー>
第二次世界大戦下のドイツで、ナチス将校の父の昇進により一家で殺風景な田舎に引っ越してきた8歳のブルーノ。退屈なあまり、母から立ち入りを禁じられていた裏庭から奥の森へと探検に出たブルーノは、フェンスの向こう側に住む同い年のシュムールと出会う。彼との友情が、やがて自分の運命を大きく変えてしまうとは知らずに・・・。

<ボーナス・コンテンツ>
●製作の舞台裏
●未公開シーン
<マーク・ハーマン(脚本/監督)、ジョン・ボイン(原作)による解説付き>
●音声解説
<マーク・ハーマン(脚本/監督)、ジョン・ボイン(原作)>

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ブラス!』のマーク・ハーマン監督が、非道な戦争に翻弄される人々と幼い少年の友情を描いた感動ドラマ。強制収容所指揮官の息子・ブルーノは、引越し先の近所でフェンスの向こう側にいる“縞模様のパジャマ”を着た少年と次第に心を通わすが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
もしかしたらユダヤ人少年は主人公の少年に対してあまり仲良くできる友達だと思ってなかったのではないか?実はユダヤ人少年はなぜ自分達が収容されたのかすべてを知っており、無知なこの主人公の少年は煙突から煙が出ているのを見て何が焼かれているのかわからない。そして主人公の少年の父親が自分達を監督している軍人だと知って少年やナチスに対して憎しみを抱くようになる。そしてある事件が決定打となりユダヤ人少年は主人公の少年を最後に道連れにすることを決意。果たしてその思惑は決行されたのである。この映画は一見主人公の少年目線で物語が進行されていると同時に実はユダヤ人少年目線からの物語でもある。そういう風に私は捉えた。ユダヤ人少年が一度も笑わず終始顔を歪ませているのがそれを象徴しているようにも見える。皮肉な話だ。主人公の少年役を演じたエイサ・バターフィールドはいい役者だと思う。彼の演技なくしてはこの映画の伝える趣旨はなかっただろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
色々と考えさせられる映画でした。
国籍とか民族とかでひとくくりにして嫌悪したり崇拝したりする愚かさを語るのは簡単ですが、人の心は脆いもので社会の”空気”に簡単に染められていくもの。
宗教や国籍ではなく、人と人とのつながりを大事にしていきたいものです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
表向き「ドイツ人少年」×「ユダヤ人差別」という構造により、
ユダヤ人差別の虚構性について扱っている作品。

しかし、その背後で現代に生きる私たち自身に対し、
1つの大きなメッセージを発していると感じた。
それは、「頭だけで分かった気になるなよ!」ということ。

感じたのは、焼却室からカメラが引いて行くクライマックスのシーン。
このシーンは、これまで見た全ての映画の中でも1、2を争う衝撃的なシーンだった。
しかし、観終わった時、衝撃を受けたことに対して、
違和感を感じた。

焼却室については冒頭から一貫して描かれている。
なので、無実の人が日常的に焼かれていることを頭では理解していた。
しかし、クライマックスになってやっと、
それが如何に惨いことか?実感出来た。
クライマックスのシーンに至るまでだって、
何人もの人が焼かれていたはずなのに!!

頭で理解することと、心で理解することは全く違う。
そんな当たり前のことに気付かされた。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Blu-ray
ホロコーストを子供の視点から描こうとした作品。
ラストはかなり後味悪く、考えさせられる結末です。
ただ、ドイツ人がイギリス英語を話したり、本来収容所に着けば即「処分」される子供が鉄条網を介して主人公と比較的自由に交流できているなどフィクション感は目立ちます。
ラストシーンの解釈ですが、おそらく皆さんと違う、ちょっとひねくれた意見を書いておきます。最後はユダヤ人の子供が主人公にパジャマを着せ、収容所内に引きいれる(その後二人ともガス室で殺される)という展開なのですが、ユダヤ人の子供は迫害をしているドイツ人に少なからず憎しみを抱いており、友人(という設定の)を収容所に引きこんで道連れにしてやろうという気持ちがあった、と私には映りました。実際、主人公が収容所から帰りたいと言ってもユダヤ人の子供は引き留めています。この映画は、戦時下の子供の間の友情ではなく、子供の心にさえ憎しみを産みつけたホロコーストの酷さを描いた映画だと感じました。
収容所の所長である父親の描写も注目すべき点です。おそらく、彼が現代のドイツに生まれていれば、大量殺人に加担することなどなく、よき父親として人生を送っていたことでしょう。たまたま全体主義の独裁政権の時代に軍人として生きてしまったからこそ、殺戮に手を貸さなければならなくなったのです。
命令に逆らえない、目をつぶらざるをえない全体主義の恐ろしさ、善良な人間を殺人犯に変えてしまう恐さがうまく描写されていました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
 優しそうな父親、美しい母、奇麗な姉、立派な屋敷に大勢の祝い客、ナチ党員のバッジも誇らしげな祖父と一人皮肉屋の祖母(唯一真実を言い当てているのだが)、当時ナチスを支持したアッパークラスの生活が窺える。まだ奇麗だった頃のベルリンから家族で父親の新しい任地へと向かう。父親の軍服はどう見てもテーラーメードだが、その右側の襟章から(左向きの髑髏・強制収容所警備部隊)大勢で盛大に祝福されたところの赴任先が分かる。
 友達も学校も無いブルーノは一人遊びに興じるが外界への好奇心を抑える事が出来ない。ある日、森を抜けて「農場」へと出掛ける。そこで同年代のシュムールに出会うのだが、ブルーノは有刺鉄線のフェンスと高圧電流の意味を知らない、誰もが何処へでも探検に行けると信じている。父親とはいつも通りの笑顔で夕食をとる。どんな仕事をしているかは知らない、父親も語らない。シュムールと話したこと、実際に見た事と、見せられないことの違いに気付く。8歳のブルーノは既に父親に疑念を抱いているのだ。しかしプロパガンダ映画を盗み見て安心する少年でもある。最後にブルーノはフェンスを挟んだ別世界と真実を知る事になる。
始まって、「おやっ?」と思ったのは台詞が英語だったからで、俳優も英語圏の人間が多く、特に母親役の英語のアクセントに違和感を感じて集中出来なかった。しかし、映画が進んでゆくに従い凄まじい顛末まで一気に見入ってしまった。ナチスのホロコーストは、唯一無二の出来事で、普遍性を持つことを強く感じた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。12v バッテリー 充電器車 グッズポータブル電源

関連商品を探す