通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
縄文漆工芸のアトリエ 押出遺跡 (シリーズ遺跡を学... がカートに入りました
+ ¥ 350 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 Books Genkido
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバー付 きれいな状態です。配達予定日をご確認の上ご注文ください。店頭受渡不可。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

縄文漆工芸のアトリエ 押出遺跡 (シリーズ遺跡を学ぶ」133) 単行本(ソフトカバー) – 2019/1/29


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/1/29
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,270

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 縄文漆工芸のアトリエ 押出遺跡 (シリーズ遺跡を学ぶ」133)
  • +
  • 戦国・江戸時代を支えた石 小田原の石切と生産遺跡 (シリーズ「遺跡を学ぶ」132)
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 34pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

赤い漆を塗ったうえに黒漆でしっかりと渦巻が描かれた彩漆土器。こうしたみごとな彩漆土器の完形品が八点も出土した押出遺跡とは、縄文時代、どんな場所だったのか。山形県南部、米沢盆地の北東部に位置する低湿地「大谷地(おおやち)」の一角から、新たな縄文集落像を追究する。

出版社からのコメント

押出遺跡のある大谷地は、今でも歩くと地面がフワフワする湿地です。縄文人はここにたくさん杭を打って作業場にしました。その遺構は、幕末のお台場の基礎工事や明治初期の新橋停車場の蒸気機関車の転車台の遺構を連想します。人間の営為のつながりを感じます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 96ページ
  • 出版社: 新泉社 (2019/1/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4787719335
  • ISBN-13: 978-4787719331
  • 発売日: 2019/1/29
  • 梱包サイズ: 20.8 x 15 x 1.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 344,714位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう