通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
緩和ケアが主体となる時期のがんのリハビリテーション がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 ST商会
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■全体のページの1割程度に、マーカーでのアンダーラインがありますが、概ねきれいな本だと思います。■国内Amazon配送センターにてAmazonスタッフが丁寧に梱包し、迅速に発送いたします。■Amazonプライム対象商品のため日本全国送料無料でお届けします。お急ぎ便もご利用いただけます。◇ 水濡れ、劣化防止の為クリスタルパックにて大切に保管しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

緩和ケアが主体となる時期のがんのリハビリテーション 単行本 – 2013/6/22

5つ星のうち5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2013/6/22
¥4,104
¥4,104 ¥2,229

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 緩和ケアが主体となる時期のがんのリハビリテーション
  • +
  • 終末期リハビリテーションの臨床アプローチ
  • +
  • がんのリハビリテーションベストプラクティス
総額: ¥12,852
ポイントの合計: 252pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Amazonタイムセール祭り開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 タイムセール祭りを今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

がん患者に対するリハビリテーションは,機能改善だけを目指すのでも周術期だけに行われるものでもない.本書では進行期・終末期のがんリハに焦点をあて,がん医療や緩和ケアにかかわる専門職として必要なこと,終末期に大切にすべきことなど,臨床に役立つことを多職種の視点からまとめた.進行期や終末期を迎えたがん患者や家族がどう生きようとしているのかを考え,その“生き抜く"を支えるために必読の一冊.

出版社からのコメント

・進行期・終末期に特化したがんのリハビリテーションの本
・最前線で進行期・終末期を迎えたがん患者・家族と向き合う多くの職種が力を合わせて執筆
・現場で頻繁に遭遇し,その対応に苦慮する進行期・終末期のがん患者のリハビリテーションをすぐに実践できる
・最期まで生き抜く患者・家族に寄り添うためにリハと看護の両視点から執筆
・最低限の知識をかいつまんで押さえることができる
・臨床で使えるリハビリテーションの知識・技術のポイントをまとめた


◆下記書評が掲載されました◆

緩和ケアが主体となる時期のがんのリハビリテーションを学習するのに好適な入門書

がん看護 Vol.18 No.6(2013年10-11月号) BOOKより

書評者:木澤義之(神戸大学大学院医学研究科先端緩和医療学分野/特命教授)

本書は,進行期のがん患者さんに対するリハビリテーションに関する実践的な本です.がんリハビリテーションというと,周術期や骨髄移植患者さんの社会復帰をめざした介入に関する手引書は今までもみられましたが,緩和ケアが主体となる時期,終末期に焦点を当てた本はほかに類を見ません.リハビリテーションには機能訓練や筋力増強の印象も強いかもしれませんが,そもそもは「再び適した(=自分らしい)状態になること」であり,この時期の患者さんに向き合う1つのキーワードともいえるでしょう.
  この本には,治癒がむずかしく,生命の危機に直面した患者さんとそのご家族をリハビリテーションの視点からどう支えるかについて,理念から実際まで,コミュニケーションから専門的なスキル,地域連携にいたるまで詳しく書かれています.また,バーンアウトしないための医療者自身のストレスマネジメントにも言及されています.執筆者を拝見いたしますと,実際に緩和ケアの現場で患者さんの診療・ケアにあたっている方々が担当しており,まさにかゆいところに手が届き,かつ簡潔な内容となっています.
  進行期のがん患者さんは,日常の生活や自由に行動できる範囲が徐々に狭くなり,喪失を繰り返していきます.そのような環境でも,しなやかに,たおやかに生きることを支援し,自律とコントロール感を多職腫チームで支えていくことこそ,本書の根底に流れる思想であることを一読して感じました.
  リハビリテーション専門職だけではなく,あらゆる医療者,とりわけ,がん医療や緩和ケアに携わる看護師にとって,緩和ケアが主体となる時期のがんのリハビリテーションを学習するのに好適な入門書であるということができると思います.この本の読者によって,緩和ケアにおけるリハビリテーションがさらに普及し.少しでも患者さんのしなやかな生を支えることができれば,と考えています.

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 中山書店 (2013/6/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 452173717X
  • ISBN-13: 978-4521737171
  • 発売日: 2013/6/22
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 532,735位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2013年8月28日
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告