この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

編集者の学校 単行本(ソフトカバー) – 2001/10/15

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,024 ¥ 249
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   編集者やライター、あるいはマスコミを目指す人たちのために、オンラインマガジン「Web現代」で連載された同名のコンテンツをまとめたもの。連載は1999年から2年にわたり、第一線で活躍中の39名が講師として登場する。見城徹、花田紀凱、安原顕といったベテラン編集者や、佐野眞一、大谷昭宏、溝口敦、海老沢泰久、吉田ルイ子といったノンフィクションライター、小説家、フォト・ジャーナリストと幅広い。

   校長の元木昌彦(元「週刊現代」編集長)は「私の新米編集者時代に、仕事が一段落して一杯飲みながら、先輩や古手の記者たちが聞かせてくれた、取材の裏話や失敗談が、今でも忘れられないほど面白かった。(「編集者の学校」は)そんな“飛び切り”の話の幾らかでも次の世代に伝えてあげたいという思いで始めた」と語る。

   編集者たちは口々に、編集ほど楽しい仕事はないんだと熱く語る。特に冒頭の見城徹のインタビューは圧巻である。ライターたちは、文字どおり自分たちが身体を張って得てきた取材の極意を、惜しげもなく披露している。彼らが折に触れて口にする座右の銘や好きな言葉にも、捨てがたい魅力がある。たとえば、花田紀凱の「編集者は接客業だ」という言葉。あるいは、佐高信が好きな吉野弘の詩「祝婚歌」の一節。

   ここに収められているのは、編集の実務的ノウハウというよりは、編集者・ライターの気構えであり厳しさであり、なによりも「編集する」「書く」という仕事の楽しさである。 (文月 達)

内容(「BOOK」データベースより)

編集のイロハから取材のノウハウまでをカリスマたちが初めて明かすマスコミ関係者、志望者必読の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 464ページ
  • 出版社: 講談社 (2001/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062108356
  • ISBN-13: 978-4062108355
  • 発売日: 2001/10/15
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 442,221位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
星5つ
2
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

ベスト1000レビュアーVINEメンバー2006年3月1日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2002年2月19日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年3月29日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告