通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
編集者という病い (集英社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 神戸ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

編集者という病い (集英社文庫) 文庫 – 2009/3/19

5つ星のうち 3.6 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 57

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 編集者という病い (集英社文庫)
  • +
  • 絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ (講談社+α文庫)
  • +
  • 憂鬱でなければ、仕事じゃない (講談社+α文庫)
総額: ¥2,095
ポイントの合計: 65pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「顰蹙は金を出してでも買え」「新しく出ていく者が無謀をやらなくて一体何が変わるだろうか」。百人中百人が失敗を予見する中、幻冬舎を創立し、常識破りの戦術で上場企業に押し上げた著者。その根底には文学に対する熱い想いがある。作家、ミュージシャン、演劇家などさまざまなジャンルの表現者との濃密な交流は、まさに終わりなきデスマッチ。痛みのないところに前進はない。精神の格闘家、激闘の記録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

見城/徹
1950年静岡県生まれ。慶應義塾大学法学部卒。75年角川書店に入社。93年角川書店を退社し、幻冬舎を設立。2003年ジャスダック上場(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 347ページ
  • 出版社: 集英社 (2009/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087464180
  • ISBN-13: 978-4087464184
  • 発売日: 2009/3/19
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 28,905位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 数々の芸能人の書籍をヒットさせた後に独立し、周囲から絶対に失敗すると言われた幻冬舎を軌道に乗せ現在に至る名物編集者、見城徹のエッセイ集。

 のっけから仰々しい。序章「悲惨の港を目指して」にて長々と自分の生い立ちを語ったあと、さらに現役であるうちは自分名義の本を出さないというポリシーを破って今回出版に至った経緯をこれまた長々と情感たっぷりに綴る。しかし本編に入ってみればなんのことはない。今まで各媒体に寄稿してきた文章や受けたインタビューをまとめたアンソロジーに過ぎないのだ。それをそこまで大げさに書くことか。だが今思うとここだけじゃない。この本は徹頭徹尾大げさなのだ。

 350ページあるが、実は第三章の最後にくる「見城徹の編集作法」が全体のまとめのようになっていて、おっさんの暑苦しい懐古は正直あんまり読みたくねーという読者は、この小節だけ読めば大筋は理解できてしまう。

 過去に別々の媒体に書き連ねたものであるためか、重複する内容が多い。それだけに興味深いことに気付く。実は同じエピソードを書いているのに、その都度ディティールが異なっている箇所があるのだ。特に文芸畑へ行くきっかけになった高橋三千綱との出会いはヒドい。三パターンくらいある。これは現実が一つではないというポストモダンを体現していると弁護したいところだが、おそら
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一市民 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/6/9
形式: 文庫
幻冬舎社長、見城徹氏の自伝。

”病い”とはよくつけたタイトルだと思う。
病的なまでに強い仕事への執念、そしてその裏にある自己顕示欲が、読む人をたじろがせるほどだからだ。

この人の編集者としての、作家との関わりは異常なほどである。作家と公私混同で距離を縮め
内面にまで踏み込み、ベストセラーを書かせる。特に尾崎豊との、共依存そのものの
病んだ共同生活の描写はすさまじい。ここまでして書籍を出版したいものなのか。

自分には真似のできないエネルギッシュな姿勢には羨ましさを感じつつも、こんな人が
身近にいたら耐えがたいだろうな、と思ったのも確か。違う世界の人間でよかった。

あまりのアクの強さに、面白いとは思いながらも、最後まで読めなかった本
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
自己肯定 自己中心のただのバカ、読むとわかるがとても2007年刊と思えない1980年初期の文体。
ほぼ回顧録なのを考慮しても表現力、感性が古すぎて痛すぎる。

ここに語られてる人物サイドは、見城とそれほど親交ないしどうでもよさそうな感ありあり。

こいつ小心者すぎだろ
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ヤクザとか怖い顔の人が多いけど、やっぱりコンプレックスからなのだろうか?
見城さんも容姿のコンプレックスから頑張っているそうです。表紙見れば納得。

尾崎との話は面白い。やっぱり中二病こじらせて死んだようです。

石原慎太郎がなぜ当選するのか不思議に思っていましたが、
見城さんのようなファンがたくさんいるんですね。
石原慎太郎の小説をちょっと読みたくなりました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 表紙には著者であり、伝説的編集者であり幻冬舎社長ある、見城徹の顔が大きく掲載されている。
 成功を収めた編集者が自身の「編集論」「作家論」を述べた著作は多くだされているが、この表紙に代表されるように、本書がそれらと異なっているのは、文章の一語一語に込められた、見城の「ナルシズム」であり「自意識」による。表紙の睨みつけるような表情と同じく、それらは徹底して「過剰」である。例えば次のような一文。

 「ランボーが『地獄の季節』の中で、『秋だ。俺たちの舟は、動かぬ霧の中を、纜を解いて、悲惨の港を目指し、焔と泥のしみついた空を負う巨きな街を目指して、舳先をまわす』と詩っていますが、それこそが表現と表現者の掟であり、行動規範だと思います。安全な港ではなく、悲惨の港を目指す、その悲惨が黄金に代わる瞬間、その誕生に立ち会うことが僕にとって何ものにも代えられないエクスタシーなのです。それこそ僕の考える編集者の正しい病というべきものです」(P20)

 この言葉からは、孤独に、徹底的に戦っている見城の姿が目に浮ぶ。
 尾崎豊に入れあげ、会社の金を横領し、芸能事務所を成立してまで、かける姿。
 初対面の石原慎太郎にバラの花束を送り、著書を暗唱する姿。
 地位に安住することに疑問を感じ、角川書店編集部長としての職に辞表を叩
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー