通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
線形代数 ベクトルと固有値 (大学入門ドリル) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少使用感がありますが、問題なくお読みいただけます。【返品、返金保証】十分な検品をして出品しておりますが、万が一、商品の状態が説明文と異なる場合は、速やかにご返品、ご返金しますので、ご安心の上お取り寄せください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

線形代数 ベクトルと固有値 (大学入門ドリル) 単行本(ソフトカバー) – 2011/3/20

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,268
¥ 2,268 ¥ 917
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 線形代数 ベクトルと固有値 (大学入門ドリル)
  • +
  • 線形代数 行列と行列式 (大学入門ドリル)
  • +
  • 図解・ベイズ統計「超」入門 あいまいなデータから未来を予測する技術 (サイエンス・アイ新書)
総額: ¥5,616
ポイントの合計: 167pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: 東京電機大学出版局 (2011/3/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4501626305
  • ISBN-13: 978-4501626303
  • 発売日: 2011/3/20
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 613,187位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
やっと出版されました,「ベクトルと固有値」編です.ドリル全般についてのレビューは「行列と行列式」編に書きましたので,補足です.

(出典忘れましたが)ある教育学の本に,学生の学問(勉強)に対する態度として,

1. 既に学力があり,さらに学びたい
2. 学びたい欲求はあるが,なかなか学力が向上しない
3. 学びたくない(← このパターンを学生と呼ぶかは疑問)

という3パターンが存在し,2の学生の学力を向上させるのには,

2-1 小さな成功
2-2 大きな目標

が必要と書かれていました.

本書はまさに「2」の読者に対して「2-1 小さな成功」体験をさせてくれると思います(「1」と「3」の学生は本書を手に取らないでしょう).なぜなら「本書は最初から最後まで解ける」ように構成されてからです.何を当たり前なと思われるかもしれませんが,例題→練習問題→章のまとめ問題,という段階ごとの難易度の上げ方が絶妙なのです.よくある参考書で,例題は解けたけど(研究者としてのプライドが邪魔した奇問・難問の)巻末問題は手も足も出ず結果的に自信をなくした,という経験はありませんか?本書では著者が良い意味において「研究者」のプライドを捨て,読者に数学を理解してほしいという「教育者」のプライドが存分に発揮されています.
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す