ポイント: 5pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 8月5日 木曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日8月 4日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り6点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
線は、僕を描く(1) (講談社コミックス) がカートに入りました
無料配送: 8月7日 - 9日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ご注文確定日+2~4日でポスト投函になります。 地域によりましては、お時間の掛かる場合もございます。特に記載の無い場合は特典等の付属品はありません。 ◆本の状態の判断はあくまでも中古レベルでの判断になります。 ※本は店頭での販売も致しております。 在庫を確認してからの最終的な受注となります。 ご了承の上 ご注文をよろしくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


線は、僕を描く(1) (講談社コミックス) コミック – 2019/9/17

5つ星のうち4.4 75個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
コミック (紙)
¥495
¥495 ¥1

よく一緒に購入されている商品

  • 線は、僕を描く(1) (講談社コミックス)
  • +
  • 線は、僕を描く(2) (講談社コミックス)
  • +
  • 線は、僕を描く(3) (講談社コミックス)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 講談社 (2019/9/17)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/9/17
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • コミック ‏ : ‎ 192ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4065170729
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4065170724
  • 寸法 ‏ : ‎ 11.6 x 1.3 x 17.3 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 75個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
75 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年9月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 原作小説よりも距離感が近い、主人公・霜介とヒロイン千瑛
ユーザー名: 鷹岑 昊、日付: 2019年9月17日
砥上裕將氏原作の小説のコミカライズ。水墨の芸術に触れ、絶望の底から成長してゆく一人の少年・青山霜介の物語。
第1話~第5話。青山霜介と水墨画の権威・篠田湖山の出会いから、ヒロイン・篠田千瑛との邂逅。そして、水墨に
惹かれてゆくうちに知る、霜介の内面に千瑛は……という話。雑誌本編では湖山と双璧の画匠の元に向かう直前までを
収録。
原作小説との違いは、まず霜介が能弁ではない、という点と千瑛との関係が小説版よりも近くなっている。原作では
なかった「敬語は使わないで」と、千瑛という「呼び捨て」が二人の関係を表現している。距離感は小説よりも近いが
恋愛色はない。初連載に触発されて小説版を購入し、一気読破してしまったほど惹かれる作風。堀内厚徳氏のイメージ
が原作小説を読破させたことは紛れもない。
良い点は、言うまでもなく堀内氏の筆致。キャラクタ同士の掛け合いもそこはかとなくまったりとしたもので嫌みがない。
こういう作品にありがちな主人公・ヒロインの恋愛色がほぼないというのも、恋愛系が苦手な読者も読みやすい。
悪い点は、芸術系作品なので、「やっとう」がなく、物語の抑揚がない。水墨に興味が全くない読者からすればスルー
される題材である上に、芸術系作品が好きという人の間でも、無味乾燥とも受け取れるかもしれない。
しかし、私も一向に興味はなかったが、本誌第一話でそのコンセプト・キャラクタの掛け合いが琴線に触れ、小説版も
買ったほどなので、お勧めである。評価は勿論、★5。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト50レビュアー
2020年4月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年11月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年2月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年11月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
ベスト500レビュアー
2019年9月17日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年9月22日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年9月24日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告