通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
総理の夫 First Gentleman (実業之... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫) 文庫 – 2016/12/3

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 690
¥ 690 ¥ 300

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫)
  • +
  • 星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)
総額: ¥1,338
ポイントの合計: 41pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



AKB48入山杏奈 ファースト写真集「美しい罪」
クールビューティなイメージが定着している彼女の新たな一面に注目! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「待ったなし」の日本に、史上初の女性&最年少総理誕生

20××年、相馬凛子(そうま・りんこ)は42歳の若さで第111代総理大臣に選出された。
鳥類学者の夫・日和(ひより)は、「ファースト・ジェントルマン」として妻を支えることを決意。
妻の奮闘の日々を、後世に遺すべく日記に綴る。
税制、原発、社会福祉。
混迷の状況下、相馬内閣は高く支持されるが、陰謀を企てる者が現れ……。
凛子の理想は実現するのか!?

痛快&感動の政界エンターテインメント!

「凛子のようにしなやかでピュアな女性政治家が、
世界を変えることができるのかもしれません」
(安倍昭恵氏、解説より)

内容(「BOOK」データベースより)

20××年、相馬凛子は42歳の若さで第111代総理大臣に選出された。鳥類学者の夫・日和は、「ファースト・ジェントルマン」として妻を支えることを決意。妻の奮闘の日々を、後世に遺すべく日記に綴る。税制、原発、社会福祉。混迷の状況下、相馬内閣は高く支持されるが、陰謀を企てる者が現れ…。凛子の理想は実現するのか?感動の政界エンタメ!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 464ページ
  • 出版社: 実業之日本社 (2016/12/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4408553182
  • ISBN-13: 978-4408553184
  • 発売日: 2016/12/3
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,033位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
【内容】
史上初の女性総理・相馬凛子と鳥類学者の夫・日和。2人が出会い、凛子が総理になり、人生のターニング・ポイントを迎えるまでを、日和の日記という形式をとって描き出す。

【感想】
・女性が総理になるとどうなるのか?、女性が社会で活躍するには社会や家庭でどんなサポートが必要か?、優れた政治リーダーの条件とは? などを考えさせられる。

・凛子の打ち出す政策としては、社会的弱者支援、福祉国家的方向の政策が提示されている。
今日の社会情勢ではむしろ実現が難しそうなものばかりに思えるが、作中でそんな困難な課題を実行していった凛子のリーダーシップの強さが伺える。

・政治ものでもっと硬派な社会派小説を想像していたが、意外に軽いタッチでスイスイ読める。
作中では凛子と日和の恋愛・結婚についても描かれており、個人的にはあんな関係をパートナーと築きたいと思った。

・肝心な選挙戦や2人の家庭が出来始めてからの部分の記述が薄いのが残念。
続編が出ないだろうか。

・解説には、安倍昭恵美総理夫人が実体験に基づくコメントを寄せているのも興味深い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
イマイチ。内容は、お日柄もよく系か。
ドラマならば、総理の行動周辺が、シンゴジラみたいに面白いかも。だが、読者の期待はこの後の凛子の出産展開と国民生活の変化の描写にあるのでは?少なくとも、私はそうだ。
夫の戸惑いは、逆にウザい。小説では。都度出てくる消費税増税の説明が長い。その辺は半分以上飛ばした。むしろ、財源不足を軍事費や米軍基地問題とどのように兼ね合い提案するのか作者の構想を聞きたかった。この辺りの小説展開は、室積光に学ぶべき。文庫本の厚みが単行本で想定したより厚かったが加筆したのか?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック