総理と呼ばないで DVD-BOX がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 20,340
通常配送無料 詳細
発売元: ★はぴほび★
カートに入れる
¥ 20,348
通常配送無料 詳細
発売元: タッケンオンライン
カートに入れる
¥ 20,349
1pt  (0%)
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

総理と呼ばないで DVD-BOX

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 20,790
価格: ¥ 19,500 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,290 (6%)
残り5点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、インテリア雑貨店-oasis-が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換が利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 19,500より 中古品の出品:1¥ 16,400より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 総理と呼ばないで DVD-BOX
  • +
  • 合い言葉は勇気 DVD BOX
総額: ¥34,599
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 田村正和, 鈴木保奈美, 筒井道隆, 鶴田真由, 西村雅彦
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2010/10/06
  • 時間: 544 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003XM7XP2
  • JAN: 4988632139052
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 84,096位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

田村正和×三谷幸喜!「古畑任三郎」でお馴染みの黄金コンビのあの名作が待望の初DVD化!

「古畑任三郎」でおなじみの三谷幸喜と田村正和のコンビが放つ、
内閣総理大臣を主人公にした笑いと感動のシチュエーション・コメディ!

【ストーリー】
「ある架空の国」の総理官邸を舞台に総理とその側近たちの混乱ぶりを描くコメディ。
1.8%という内閣支持率に総理(田村正和)は苦悩していた。史上最低の支持率に組閣して1か月というのに官房長官のなり手も見つからない。
マスコミからは叩かれ、野党からは不信任案が出るなど八方ふさがり。なんとかあと1か月内閣を維持し在職最短記録更新だけは避けたいと願っている。
妻(鈴木保奈美)は派手好きで仲も悪く、前妻の娘(佐藤藍子)の女優を目指す「お嬢さま」ぶりにも頭を悩ましている。
そんなある日、総理は「お嬢さま」のもとにやってきた家庭教師候補の青年(筒井道隆)を官房長官に抜擢するという破れかぶれの策に出る。

【キャスト】
田村正和
鈴木保奈美
筒井道隆
鶴田真由
西村雅彦
佐藤藍子
戸田恵子
篠井英介
松金よね子
藤村俊二
小松政夫 他

【スタッフ】
脚本:三谷幸喜
音楽:服部隆之
プロデューサー:関口静夫
演出:鈴木雅之/河野圭太

(C)2010フジテレビ

内容(「Oricon」データベースより)

「古畑任三郎」でお馴染みの三谷幸喜×田村正和が放つ、笑いと感動のシチュエーション・コメディ。“ある架空の国”の総理官邸を舞台に、総理とその側近たちの混乱ぶりを描く。史上最低の支持率に苦悩する総理は、組閣して1か月というのに官房長官のなり手も見つからず、マスコミからは叩かれ、野党からは不信任案が出るなど八方ふさがりだったが、何とかあと1か月内閣を維持し在職最短記録更新だけは避けたいと願っていた。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 yxy9011 VINE メンバー 投稿日 2010/8/13
Amazonで購入
視聴率が芳しくなかったようで三谷ドラマの中では黒歴史化されている感のあるドラマですが中身は素晴らしい出来です。
ほとんどが総理官邸または執務室内で限られた登場人物のみで進行するシチュエーションコメディの王道。
史上最低の総理という建前ですが、このドラマ以降このドラマの主人公の総理以上に最低の総理を経験してるだけに、設定は今となっては微妙。
木村拓哉氏が「CHANGE」で型破りな総理大臣を演じていましたが、それを上回る型破りぶりを見せてくれます。
出演者では、小松政夫氏と松金よね子氏が絶品。SP役の二瓶正也氏も素敵です。
芸達者な俳優たちの最高のアンサンブルを楽しめる一作です。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
このドラマが大好きでDVD化を待ち望んでいました。画質なども文句はなく、ストーリーも独特の演出なども相まって素晴らしいのですが、
第一話の冒頭にオリジナルTV版にはなかった(特典感覚で追加されたのかは不明)出演者紹介(キャスト紹介)があり、第一話の(みたことある人はおわかりかと思いますが)クライマックスのあのどんでん返し的新閣僚が誰なのかが既に紹介されてしまっています。これはいかがなものか。。。
★評価は作品的には満点ですが、このDVD版においては★3とさせていただきます。作品の価値を下げてしまっている。。登場人物に固有の名前がなく、それぞれの立ち位置というかどういう役柄なのかを理解しつつ話数を重ねていくのが面白いドラマなのに、この無粋な追加キャスト紹介はいりません。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
なぜ低評価なのか……残念でなりません。三谷作品の中では、いちばん印象に残っているドラマです。
とにかく、出演人のかけ合いが絶妙で、俳優のビジュアル売り付けるような演出が一切ない点が非常に好感高いです。出演している人、全員が役にピッタリはまっていて不自然さがほぼないのが素晴らしい。とくに鈴木保奈美は最高でした。
三谷作品が好きなら、きっと面白く観られるはず。
たしかに、オープニングの人物紹介のネタバレは「あらら」と思いました。1回、2回で変えればよかったのに。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
三谷作品で、キャストも古畑任三郎とかぶった部分はあるのでDVD化も遅く、視聴率も低かったと思います。
現実にはあり得ないけど、部分的にはあるかもしれないと思える作品だと思います。
総理が自分のことばかり考えているようですが、少し総理らしく国民のことも考えている所や、
総理と使用人の掛け合いがコミカルで面白かったです。
長年DVD化を待っていたので、発売されたと知った日にすぐ購入しました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「古畑任三郎」でタイトルロールを演じた田村正和が、三谷幸喜と二度目のタッグを組んだ作品(「続編をやりたい」と発言するほど、田村は本作を気に入っているらしい)。当時、「政治ドラマは当たらない」というジンクスがあったが、三谷幸喜はそのジンクスに挑むために本作の脚本を執筆したという。

本作では「古畑任三郎」の時と同様、田村と西村雅彦が共演しているが、二人の関係が「切れ者の上司とボンクラな部下」から「ボンクラな上司と切れ者の部下」と、逆転しているところが面白い。それぞれの役を演じた俳優も非常に役柄にハマっていたと思う(特に仲本工事は良かった)。それに、本作の特徴の一つとして、登場人物に名前が無いということ。では、登場人物は各々どういう風に呼んでいるかというと、それぞれの肩書きで呼んでいるのである。つまり「内閣総理大臣」に始まり「内閣官房長官」「首席秘書官」「内閣官房副長官」などなどである。よくそんな設定で脚本が書けたもんだ、さすがは三谷幸喜。また、音楽を担当した服部隆之の、格調高い音楽も素晴らしかった(サウンドトラックが欲しくなった)。

個人的には、最終話は感動の嵐だったと思う。退陣表明を行う総理。そして「政治に愛想をつかすのはもう少し待ってほしい」と訴える。そして彼は最後にこう叫ぶのだ。「理想的な政治社会が到来したら、子供たちが必ずこう言うだろ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す