通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
緋文字 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

緋文字 (新潮文庫) 文庫 – 1957/10/17

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1957/10/17
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 緋文字 (新潮文庫)
  • +
  • グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
総額: ¥1,383
ポイントの合計: 44pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 284ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1957/10/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102040013
  • ISBN-13: 978-4102040010
  • 発売日: 1957/10/17
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 139,923位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

『緋文字』(ナサニエル・ホーソーン著、鈴木重吉訳、新潮文庫)は、2世紀前のある夏の朝、アメリカの当時は田舎町であったボストンの監獄前の草地での無惨な光景から始まる。

牢獄から教区吏という名の獄吏に連れ出された若い女が生まれて三月くらいの幼児を抱いて、群衆の前に姿を現す。「ガウンの胸には上等の赤い布に、金糸で手のこんだ刺繍と風変りな飾りをまわりにつけ、その上にAの文字が現れていた。・・・若い女は長身で、大柄なこの上なく優雅な容姿だった。黒いふさふさした髪にはつやがあって日光を反射し、顔は整って美しい容色であるばかりでなく、目立っている額と真黒な眼に特有な強い印象を与えるものをもっていた。・・・ヘスタ・プリンが監獄から出てきたときほど、古風な意味で淑女らしく見えたことはなかった」。

このヘスタ・プリンという名の人妻は、当時のピュリタニズムの厳しい戒律に背いて姦淫し、私生児を産んだという罪で、午後1時まで、晒し台の上で晒し者にされたのである。そして、胸の緋文字のAはadultery(姦淫)の頭文字で、罪の象徴であり、死ぬまでその恥辱の印を身に着けていなければならなかったのである。

この教区を担当する人望ある若き牧師、アーサ・ディムズデイルが、知事と年長の牧師に命じられ、ヘスタに幼児の父の名を明かすよう説得するという気の進ま
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
戒律の厳しい清教徒の町ボストンで犯された姦淫の罪を巡る物語。
ヘスターとディムズデイルの純愛、チリングワースの復讐心、
ディムズデイルの臆病さといったどんな宗教でも縛れない人間の
本質を描いているように思える。

ヘスター、ディムズデイル、チリングワースと一線を画しているのが
パールの存在である。
パールは、精霊のような、人間らしさ・子供らしさを感じさせない
不思議な存在として描写されている。
パール自身が罪の証そのもので物語の中心人物でありながら、
まるで物語の枠の外の存在であるかのようである。
パールを連れて海外に出たへスターは、物語の最後ではボストンに戻ってくる。
結局この厳しい戒律の世界を超えられたのはパールだけである。
作者はパールの未来に物語としての救済を託したように思えてならない。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
舞台はアメリカ。清教徒の集うニューイングランドの街ボストン。姦通の罪を犯した女ヘスター・プリンが、裁かれる。女の胸には、女の子パールが抱かれている。
姦通の相手の名前を告げることもなく、ひとり罰を受けた。胸には「A」の緋文字が縫い付けられ、罵倒、嘲笑と好奇の視線に晒されながら、7年が経過する。周囲のヘスター・プリンへの姿勢は変わりつつあった。迫害から同情へ。信仰を失わず、悲しむ人に真摯に手を差し伸べ、優しい人柄のヘスターは、まるで修道女のような扱いで、畏敬の念すら感じる人もいた。
ヘスターに対する周囲の人々の態度が変化する一方で、心の悩みに苦闘する人たちがいる。
ロジャー・チリングワース医師の陰険な復讐と、ディムズデイル牧師の孤独な苦悩。ヘスターは昼間の海岸で。夜、森の中で。
自身の過去と向き合うことになる。

禁欲的な世界で犯されたひとつの罪が、どのように巡り回って救済となるのか。考えさせられる。
パールは罪の結果でもあり、ヘスターの救いでもある。
胸の緋文字を、一度は投げ捨てたヘスターだが、物語の最後ではボストンに戻ってしまう。「罪は一生消えない」という考えは、残酷であるが、自己を律するという姿勢は大切だ。文化や時代を超克するものだと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
人がまだ正しい善きものを求めていた、まともな時代のお話だ。自堕落さが称えられ怠惰が当然とされる21世紀の先進国では、想像できないほど整理された時代。だがその分、予知できない不条理と偽善も幅をきかせる。ストーリーは知っていたが、改めて熟読して中心人物となる二人の男たちのひたむきな(?)自己中さに愕然となった。好き勝手をしたあげく勝手に苦しんでるわりに、二人とも自分が責任持つべき女性とその子供の幸せを心配していない。全然。ただただ、始終自分のことばかり考えてる。それを作者も何とも思ってない。作者も男だからか。清教徒時代の問題点を挙げたつもりだろうが、この作品が暴露してるのは、最後まで自己中で無責任な男たちの醜い姿である。少しは自分の手で幸せにできず犠牲になった女性や子供のことも考えろよ、と言いたい。こうも自己中な二人の男に挟まれてもヒロインがひとりで理性的な生活ができたのは、子供の善を考慮したことと、苦しくても誘惑に勝ち魔女からの誘いを拒絶し続けたからだ。人は、自分より弱いもの(例:子供)を考慮し、若い牧師が最後にしたように客観的な公義を求める時、正しく建設的なことができると痛感した。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告