中古品
¥ 534
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆国内配送料無料◆ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがあります。●帯つき。◆amazon発送センターから迅速・丁寧に発送致します(発送事故保障付!追跡番号付!)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

緊急版!微生物が放射能を消した!!―日本復活の革命は福島から 単行本 – 2012/2

5つ星のうち 3.6 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/2
"もう一度試してください。"
¥ 24,832 ¥ 277
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

福島県川俣町にある5000坪の牧草地から放射能が消えた!人類とあなたの未来を築く複合発酵法とは。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高嶋/康豪
環境微生物学博士/株式会社高嶋開発工学総合研究所代表取締役。1951年、静岡県生まれ。1974年、東京農業大学醸造科卒業。1984年、「富士山と霊水を考える会」事務局長就任、富士山の緑化運動を展開。1987年、高嶋開発工学総合研究所設立。1997年、株式会社地球環境秀明設立。国内外の工場や農場、下水処理場などで、化学染料、植物性油脂、半導体触媒廃液、重金属、PCB残土といった化学物質、超高濃度畜産廃液など、難分解性物質の分解消失処理にあたる

藤原/直哉
経済アナリスト/シンクタンク藤原事務所会長/NPO法人日本再生プログラム推進フォーラム代表理事。1960年、東京生まれ。1983年、東京大学経済学部卒業、住友電気工業入社。経済企画庁経済研究所、ソロモンブラザーズなどを経て独立。NHKラジオ「ビジネス展望」にレギュラー出演。1996年、シンクタンク藤原事務所を創立し、現在は神奈川県小田原市を拠点に、全国各地で藤原学校、藤原塾を運営。時事問題、リーダーシップ、カウンセリングや傾聴、英語に関する情報発信、研修を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 147ページ
  • 出版社: あうん (2012/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4904891074
  • ISBN-13: 978-4904891070
  • 発売日: 2012/02
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 148,933位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
小池東一郎共著:電力発生工学
9頁 エネルギーは「何らかの効果(effect)を生み出す能力」と定義されるが、我々は「エネルギーの起源はどこに求められるか」とか「エネルギーの本質は何か」という問いに対して解答を与えることは出来ない。なぜならば、宇宙が創造された時点において、エネルギーは既に物質とともに存在していたことは疑いなく、それゆえ、エネルギーの起源や本質をもその一部として含むような、計り知れない何かであるからである。・・
すなわち物質もエネルギーもその根源を訪ねるとオカルト(超自然現象)そのものである。
その起源も分からないオカルト物資を人知の及ばぬ方法(人はそれをオカルトという)で処理することをなぜ非難出来ようか。
要は放射線計で効果を測定し、放射線が消えれば、公知の事実と認めて素直に利用すれば良いだけである。
人知で処理できないとを理解出来ないと謂って利用しないのであれば、それこそ頑迷に過ぎないと思う。
原発事故の収束を深刻に考えている一老電気技術者より
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 フィンランドでは核廃棄物処理に困り、埋蔵し閉鎖する処分場を建設中だという。処分というより、先延ばし、手つかずの難問を埋蔵するだけ。ひたすら時間の経過を頼みに、中途で、掘り起こされたりすることないよう、無害化するまで10万年過ぎてくれ、という、勝手な希望だ。それがまた実に大掛かりな事業だ。費用も時間もすごいだろう。その処分場オンカロの設計図や、現場の映像を見た方も多いだろう。
 実際に、この処分場の指導や作業にあたっている人たちが、この本を読んだら、どう思うか? そしてどうするか? 多分、にわかには信じないし、信じても遠ざけると思う。自分達の立場がなくなるから。
 現に、著者はのチェルノブイリで、微生物が放射能を消すのを、その地の学者達にも見せているのに、ロシアはその方法を採用しないという。
政治的ことがらも絡んでのことか、と著者は言っているが、その通りだろう。すぐに救える事態を、意図的に送らせて救い難くするやり方は、古今東西よくあるのだ。この著者を知ったことは私の貴重な財産。
 
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
複合発酵法。

それは、地中に眠っている「耐放射性細菌」等の原始細菌に至るまでを、日本酒造りと同じ発酵技術を用い活性化させて、土質改良を図る手法。

複合発酵法を行った土地は、一般に「土があふれる」と呼ばれる程フカフカになり、良い作物が育つ。

放射性物質を、ただの炭素原子の集まり(フラーレン)に変化させる事が実証されており、原発事故により大量の放射性物質が撒き散らされた福島県で、実績を積み重ねている。

過去、ヒロシマに原爆が落とされた時、以降100年間は雑草すら生えないと言われていた。
しかし、程なく緑豊かな地に戻る。

これを行ったものこそ、耐放射性細菌であり、当時核開発に邁進するアメリカも、直ぐにその存在に気づいた。
核廃棄物の処理に利用しようとしたのである。
しかし、上手くは行かなかった。

「複合発酵法」は、長い年月、日本酒造りを通して、発酵技術を進化させてきた日本人だからこそ成し得た、匠の技なのである。

複合発酵法は、言わばぬか漬けと同じ。
現状、機器こそ販売されているが、原料の調達を含め、地産地消が推奨されており、その土地に合った運用が必要とされている。

多くの批判
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
福島の問題だけではなく、世界が今抱える問題も解決できる方向が書かれていて、
沢山の人に知られて欲しい内容の本。
発酵菌の働きを紹介していて、今流行の発酵食品や塩麹と
底流では重なっていて、納得できる人が多いはず。
EMと基本的には、同じ考えだと思うが、色々な分野の人が
微生物菌について書くと、相乗効果があると思う。

放射能が緊急課題だから、これを中心に書かれているけれど
もっとさまざまな面で役に立つはずである。

福島の人や日本中の人に読んで欲しい。
おろおろしているだけの風評加害者には、特にです。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー