数量:1
綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(1) 安楽椅子探... がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【必ずお読みください】国内正規品です。レンタル落ちではありません。ご注文確定後クロネコDM便にて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(1) 安楽椅子探偵登場 [DVD]

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,175より 中古品の出品:6¥ 1,800より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(1) 安楽椅子探偵登場 [DVD]
  • +
  • 綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(2) 安楽椅子探偵、再び [DVD]
  • +
  • 綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(3) 安楽椅子探偵の聖夜~消えたテディ・ベアの謎~ [DVD]
総額: ¥11,349
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 上岡龍太郎
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: KADOKAWA メディアファクトリー
  • 発売日 2001/04/27
  • 時間: 195 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HXOY
  • EAN: 4935228991785
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 53,295位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

人気ミステリー作家の綾辻行人・有栖川有栖の合作で贈る、初の“RPG推理ドラマ”が登場! 小さなテレビ製作会社の社長が殺された。犯人は……?

レビュー

99年11月に関西地区でTV放映された、視聴者参加型カルト番組『安楽椅子探偵』シリーズ第1弾。原作は、人気ミステリー作家の綾辻行人と有栖川有栖。
-- 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

原作・出演: 綾辻行人/有栖川有栖
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
「出題編」のドラマのミスリーディングが効いているため、真犯人の意外性はかなりのものです。作中の安楽椅子探偵は「叙述トリック」と言っていますが、映像にすると「アンフェア」ギリギリという感じもします。
本格ミステリのファンには、自分で犯人を推理することよりも、真犯人を特定していくロジックそれ自体を楽しむ方も多いと思います(私もそうです)が、そういう方なら十分楽しめる作品です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 FSS トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/8/29
Amazonで購入
記念すべき「安楽椅子探偵」シリーズの第一弾。

一作目だけあってトリックに気合が入っている。真犯人の意外性もトップクラス。と言うか、とんでもなく難易度が高い。初見では真相を見破る事はまず無理と思われる(ボーナストラックでKADOKAWAミステリの編集長が真相を看破してたが、正直信じられないw。それくらい難しい)。

憎たらしいのは、それでもちゃんと映像から論理的に犯人に辿りつけるように伏線の数々が配置されている事。突っ込み所が無い事もないが(犯人があそこでアレの真似をしていたというのはちょっと無理があるが…)、真相を知ってから見ると全体的にフェアで、真相には納得せざるを得ない。

「最も犯人ではあり得ない人物が犯人だと仮定して見る」という、ミステリーの基本的な見方(?)をすると疑問の歯車が合いやすいかも。

ただ、個人的にシリーズに共通して感じる不満は、かなりギャグがサムい事。ベッタベタというか、センスが古臭いというか、出演者の濃いキャラとも相俟って、はっきり言ってサムい(今巻だと、ドラッグストアで声が出なくなったジェスチャーに対してふざける店員とか、回答編でCMに行くところで皆揃って「なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!」と連呼するシーンなど)。

また、この手のミステリー作
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/7/3
推理小説家・有栖川有栖氏と綾辻行人氏原作の本格推理ドラマ第一弾。「本格」「映像」という要素を存分に、思いっきり、隅から隅まで利用していて、本格好きにはたまらない一作であることは間違いないが、小説をあまり読まない人にも映像で十分に楽しんでいただけると思う。
なぜなら、最後に事件の謎が解かれるところが非常に面白いのだ。
これ以上はネタばれになるので言えないが、今までにない(?)推理ドラマだと思う。必見!!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック