中古品
¥ 180
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。帯・応募券・はがき・シール・カード・ポスターなどの封入物は付属致しません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

続・星守る犬 単行本(ソフトカバー) – 2011/3/16

5つ星のうち 4.6 75件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,372 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『星守る犬』の正統続編。「泣けた本第1位」など多数受賞しヒット、2011年6月には映画が公開される同作の続編となる本作は、漫画アクション掲載の「ふたご星」「財布泥棒少年」続編2本を大幅加筆・修正、そして単行本のための新たな描き下ろし続編一本を収録。第1作と対を成す“生”そして“救い”をテーマにしたもうひとつの『星守る犬』。

著者について

1965年大阪府生まれ。京都大学経済学部中退。代表作に『星守る犬』『ナマケモノが見てた』『ぱじ』『はりもぐハーリー』『ぎんなん』『ほんまでっせお客さん』他多数。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 176ページ
  • 出版社: 双葉社 (2011/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575303003
  • ISBN-13: 978-4575303001
  • 発売日: 2011/3/16
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 75件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,511位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
そう思うくらいに、前巻と連動しています。前巻を描きながらこの作品の構想はもう出来ていたのでしょうか?

前巻で、お父さんは万引き少年を助け、親切にしてあげたにも関わらず、眠っている間に財布を取られ黙っていなくなるという仕打ちを受けました。それでもお父さんは、ショックを受けてはいても、その少年を責めませんでした。

今回、予想通りとは言え、その少年の経歴が描かれています。あの少年がどんな人生を生きてきたのか、あれからどうなったのかがわかります。

前作でお父さんと人生をともにしたハッピーと比べ、今回登場するチビとハッピーは、どちらもきっと幸せになる「これから」が感じられるから、救われます。あの少年も、おじいさんときっと更生していくでしょう。迷惑をかけてはいけないということを身を持って教えるおじいさん。頭が下がります。

ラストに、前作のお父さんの家族、お母さんと娘が登場します。二人ともお父さんとハッピーもどこかで生きていると信じて疑わない様子がわかります。

なんか、切ないな〜。

でも、この続編の方が、人間っていいなと思わせられる明るさがあります。  おススメします。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
今作では、弱いものは見捨てられません。活躍するのは「おじいちゃん、おばあちゃん」
裕福でなくとも、媚びず、へこたれず、誇り高い老人達が描かれます。美男美女でなくとも、端正な姿なのでしょう。
周囲も無関心でいられません。
犬達は、そりゃー可愛いです!!純粋です!!
おじいちゃんの「正しく生きとる」という台詞にはっとしました。感動しました。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この続編は、すごい。

前作は、あれはあれで、「おとうさん」と「ハッピー」の
物語が語られ、救いようのない顛末になる。

しかし、この続編では、先天性疾患で拾われなかった
もう一匹の捨て犬が、どんな境遇の人に拾われて生きながらえて、
やがて運命がまわり始めるのか、を、驚異的な物語の構成で描く
力作となっています。

「あの話はここで結び付くのか」「この運命はここで
交わっていたのか」など、前作では、あまり詳しくは描かれ
なかった人物図鑑がエピソードとして描かれていく。

そして、ラスト・・・双子の子犬、ハッピー?が触媒に
なって結び付く、人間たちの数奇な運命が一同に会する
とき、天空の神は、われら生き物世界にほほえむ・・・。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
前作の「星守る犬」。
泣ける話だったが、結局、「お父さん」は本当に「しあわせ」だったのだろうか?
どこかに、なにか「救いようのなさ」がこびりついて、なにか嫌な読後感が微かに残っていた。

これはそんな「星守る犬」の続編。
ここで描かれた複数の断編が集約するエピローグ。
そこには結局、前述の疑問に対する明確な答えは無い。

けれども、人が生きて何かをしたことに意味があるのだとすれば。
それは、実は本人さえうかがい知れない思わぬところで、何かに影響を与え、そして実を結ぶのかもしれない。

そんな、ささやかな、でも確かな「救い」に満ちた見事な続編だった。
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
続編が出るらしいと聞いたときは『ん?』と思いました。二匹目のどじょう狙いで無理矢理話を作ったりしてはせっかくの世界観が壊されてしまうのではないかと危惧したのです。ところがとんだ杞憂でした。続編という枠を越えて、十分魅力的で温かい素敵な作品でした。誰からも見向きもされなかった人間とわんこが、自分を必要としてくれる誰かと出会うことで生きる希望を得るというストーリーです。絶望からの再生、『生』への希望、温かい感動の涙があふれて止まりませんでした。サブキャラがチャーミング。犬が可愛らしい!読み終わりもう一度表紙のわんこを見つめて、よかったなあとつぶやきました。涙に濡れた微笑みが静かにひろがる読後感でした。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
まだこのシリーズを手にしていないあなたは幸運な人。最初に続編を読んでから最初の本を読んで下さい。順番に買って読んで、負の世界に迷い込んでしまったら大事な続編を読みたくなくなります。色んな生き方あれど、純粋に生きるって事が命を最後まで大事に使う方法なんだと、教えてもらいました。誰にも頼らず生きてきて、神頼みも縁遠かった偏屈ばあさんが、元気になった犬に語りかける、あの言葉‥とても重く、私の何かが変わりそうです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー