この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

絹の叫び [DVD]

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 9,980より 中古品の出品:4¥ 1,620より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: セルジョ・カステリット, マリー・トランティニャン, アネモーヌ, アドリアーナ・アスティ, アレクサンドラ・ロンドン
  • 監督: イヴォン・マルシアノ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: フランス語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東芝デジタルフロンティア
  • 発売日 2000/08/25
  • 時間: 104 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HKR9
  • JAN: 4540088001132
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 222,408位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

絹の肌触りに性的興奮を感じる女性と精神科医の危険な恋のストーリー。「メランコリー」のマリー・トランティニャン主演作品。

レビュー

『真夜中の恋愛論』のマリー・トランティニャン主演による官能ドラマ。絹の肌触りに性的な興奮を覚える女性と、彼女を研究対象にする精神科医の恋愛模様を描く。
-- 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

製作: シルヴァン・ブルシュテイン
監督・脚本: イヴォン・マルシアノ
脚本: ジャン=フランソワ・ゴイエ
撮影: ウィリアム・ルプシャンスキー
音楽: アレクサンドル・デズプラ
出演: マリー・トランティニャン/セルジオ・カステリット/アネモーヌ/アドリアーナ・アスティ/アレクサンドラ・ロンドン/ディディエ・ソヴグラン
声の出演: 金野恵子/野沢那智/弘中くみ子/島美弥子/浅野まゆみ/星野充昭
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

絹の肌触りに性的な興奮を覚える女性と、彼女を研究対象にする精神科医の危険なラブストーリー。フェティシズムの愛撫。何か官能ドラマを想像して買ってみたが、直接絹を使ってのラブシーンは1度だけ。結構講演シーンなどがあって「この患者の女は何故、男よりも絹の方に性的な興奮を覚えるのか」と精神科医は自説を述べたり、それに関する本を出版したりする。しかし、興味から愛へと変わっていく。時代背景が20世紀初めなので、精神科医は白内障を患っていて最期は自殺まで遂げるようになってしまうが、絹を何度も万引きして刑務所を出たり入ったりするヒロインよりも、精神科医の小母さんのような召使いの献身的な態度に驚く。勿論男女関係はない。ラストシーンが興味深い。この召使いも知らず知らずのうちに「絹の叫び」を聴いたのか???
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告