通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

絹と明察 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25

5つ星のうち 3.7 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 絹と明察 (新潮文庫)
  • +
  • 鏡子の家 (新潮文庫)
  • +
  • 美徳のよろめき (新潮文庫)
総額: ¥2,008
ポイントの合計: 43pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

駒沢紡績の社長駒沢善次郎は、自分を〈父〉とし従業員たちを〈子〉とみなす家族主義的経営によって、零細な会社を一躍大企業に成長させた。しかし、彼の外遊中に、ハイデッガーを奉ずる政財界の黒幕岡野の画策によってストライキが決行され、三カ月間の争議の後、会社は組合側に屈する――。近江絹糸の労働争議に題材をとり、日本的心情と西欧的知性の闘いを描いた長編小説。

内容(「BOOK」データベースより)

駒沢紡績の社長駒沢善次郎は、自分を“父”とし従業員たちを“子”とみなす家族主義的経営によって、零細な会社を一躍大企業に成長させた。しかし、彼の外遊中に、ハイデッガーを奉ずる政財界の黒幕岡野の画策によってストライキが決行され、三カ月間の争議の後、会社は組合側に屈する―。近江絹糸の労働争義に題材をとり、日本的心情と西欧的知性の闘いを描いた長編小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 312ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1987/9/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101050376
  • ISBN-13: 978-4101050379
  • 発売日: 1987/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 159,137位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
あるとき、あの人にあることを相談したいと思った。あの人はどこの誰だったか、よくよく考えてみると、この『絹と明察』に登場する、裏ですべてを操る岡野のことだった。いかに登場人物のキャラクターが立っているか、三島の筆力を思い知らされた気がして鳥肌が立った。
岡野(三島)の掌の上で転がされるばかりの女性陣には、痛いものを感じるが、それも時代ならではだろう。構成も伏線も見事にはまって一つの世界をなしており、昨今の企業小説とは一線を画する。
日本的経営vs西洋の知は、駒沢紡績のケースのようなあからさまな形では現存しないが、今でも目の前でバトルが繰り広げられているテーマであろう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 まずなにより三島の明晰極まりない安定した文体に唸らされる一冊。そしてまた、彼の
思想を把握するに最適の一冊。無論、単純にエンターテインメントとしても楽しめる一冊。
 個人的には、彼の代表作として真っ先に挙げられるにふさわしい作品と思えてならない。

『絹と明察』、この小説の示す暗喩は明らか。従業員の「父」を自負する駒沢善次郎によって
表現される独善的な男性性の破綻が、完膚なきまでに明晰な「子」によって暴き出されて
いく。事実、三島の文体も概ね一貫して、「父」への侮蔑を表明し続ける。
 ところが奇妙な、あまりに奇妙などんでん返しが物語を襲う。
 論理的、合理的に詰め寄る「子」を前に滅び行く他ないはずの「父」が蘇る、すなわち、
心情は一度理性によって打ち砕かれ、そしてその後蘇る、まさにこれこそが三島の思想を
特徴づけるもの。
 すると一転、「子」は再び「父」に跪くことを強いられる。ここに至って、「なぜ?」や
「どのようにして?」という理性的な問いは不能なものとして無効化される。
 というのも、「この世界には……自分が征服したものに忽ち擦り抜けられる不気味な円滑さ
しかない」のだから。
 人は誰しもこの不条理の傍観者ではいられない。少なく
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
3か月以上に及ぶ1954年に起きた近江絹糸の労働争議を扱ったモデル小説。
社長の駒沢は従業員を娘、息子と慕い家族主義的な経営をしてきた。
しかしそれは社長の勝手な思い込みで独身寮へ配達される信書を寮母に開封させるなどスパイ紛いの情報を得ていた。
従業員の工場改善話を聞いた途端、その従業員を左遷させるなどこれも教育の一環と考えていた。
そんな労働者が組合結成に立ち上がるが、家族意識の従業員には話せばわかると安易な考えでいる。
やがて社長は従業員は本当の家族付き合いをしていないことに気付く。
三島作品は初めて読んだ。
古い作品だが人、景色、物の見方表現が素晴らしく、現代文学とは明らかに違う点に驚いた。
一般文学通算1690作品目の感想。2016/07/16 09:40
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
近江葬儀という事件は有名な事件のようだが、あまりその経緯等は知らなかったので、勉強してみようという気持ちで読んだ。
この中で駒沢という人物 いわば古いタイプの経営者像が凝縮しているのだが、既に彼の経営方式は過去のものになりつつある。
その認識はまったくなく 彼自身が自分流のやり方に対する懐疑や反省は一切なくつきすすんでいるところが、興味深い、
むしろ 自分自身の善意をひたすら信じていることが、一種の滑稽さと悲劇性を帯びている。
岡野はハイデガーの哲学に傾倒しているという設定だが それがこの物語にどのように影響を与えているの知不足のためか 少しわからない。
本の裏表紙に「日本的心情と西欧的知性も闘い…」という表現があったが、これがこの作品のテーマだろうか?
作者が「明察」というコトバで何を表現しようとしたのか いまひとつわかわらない・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 recluse VINE メンバー 投稿日 2016/4/3
形式: 文庫 Amazonで購入
ちょっと違った角度からの切り口でスタートしましょうか。これまで近江を題材にした小説や作品はできるだけ読むようにしていたのですが、この作品にはちょっと前まで気が付きませんでした。それにどういうわけでしょうか、白洲正子の「近江本」は別としても、井上靖の星と祭 (角川文庫 い 5-4)は今もそれなりの命を保っているようですが、名作ともいうべき芝木好子の群青の湖(うみ) (講談社文庫)は今や完璧に忘れ去られているようです。近江八...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー