中古品
¥ 763
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

絶歌 単行本 – 2015/6/11

5つ星のうち 2.3 568件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,610 ¥ 731
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

1997年6月28日。
僕は、僕ではなくなった。

酒鬼薔薇聖斗を名乗った少年Aが18年の時を経て、自分の過去と対峙し、切り結び著した、生命の手記。

「少年A」――それが、僕の代名詞となった。
 僕はもはや血の通ったひとりの人間ではなく、無機質な「記号」になった。
それは多くの人にとって「少年犯罪」を表す記号であり、自分たちとは別世界に棲む、人間的な感情のカケラもない、
不気味で、おどろおどろしい「モンスター」を表す記号だった。

内容(「BOOK」データベースより)

1997年6月28日。僕は、僕ではなくなった。酒鬼薔薇聖斗を名乗った少年Aが18年の時を経て、自分の過去と対峙し、切り結び著した、生命の手記。


登録情報

  • 単行本: 294ページ
  • 出版社: 太田出版; 初版 (2015/6/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778314506
  • ISBN-13: 978-4778314507
  • 発売日: 2015/6/11
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 568件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 523位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
当時の事件を鮮明に覚えており犯人の気持ちを知りたく興味があって購入しましたが読んでみて気分が悪くなりました。興味本位で買う本ではないです。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
謝罪の言葉はあるけど、結局お金が欲しいから本を出したのかなと感じました。ある意味可哀想でつまらない人間だと思います。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
どうしても読みたい場合は古本で買って下さい。
印税を本人、出版社に回すのはやめましょう。
ご協力お願いします。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
興味本位で買ったのが間違いでした。自分の異常な性癖が淡々と自慢気に書かれている。これほどまでに気分を害する一冊があるだろうか。Aは反省なんてしてない。反省してるなら出版なんてしないか。
1 コメント 133人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
興味本意で購入したことを非常に後悔している。レビュー等を見ていたら買わなかったと思う。手元においておくことすら不快でおぞましく、すぐに処分した。
この人は当時と全く変わっていないのではないか。少年法のもと更正を目指したが、快楽殺人を犯した人間は6年程度でその人間性を変えることなど出来ないということをまざまざと見せつけた本である。星をひとつつける価値もない。
コメント 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
元少年Aは全く反省してないし、ただ言い訳をしているだけに感じました。中古ではなく新品を買った事を後悔しました。元少年Aが小遣い欲しさに書いたくだらない本です。こんな本を出版した大田出帆もどうかしてると思います。この本が気になってる方は新品ではなく中古を買う事をオススメします。それだけしょうもない本です。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2017/04/05 追記・編集

古本屋にて、だいぶ安く販売されていたため購入。

犯行を犯すまでの彼自身の内面を掴み所の無い異常者のように表現している点、村上春樹氏らの文章を多数引用している点が引っ掛かる。まるで怪物・化物・悪魔の類であるかのように報道された「少年A」という過去の自身に酔いしれているような印象を受けた。被害者の少年の頭部を校門に置くくだりにおいては村上春樹氏の『海辺のカフカ』から文章を引用、初めて猫を殺害したくだりにおいては、同じく村上春樹氏の『コインロッカー・ベイビーズ』の登場人物に自身の感覚を重ねるなど、彼が自己陶酔の塊であることを伺わせる。30代の男が書き上げた文章であることを思うと、あまりにも痛々しい。コレを読んだせいで、小学校のプールサイドのヘリに置かれていたエロ本を拾って読んだ時の心身ともに汚されたかのような感覚、平日の昼間から古本屋でヤニの匂いが漂う黄ばんだマンガ本を立ち読みした時の自身に対する絶望感、ありとあらゆる汚ならしい感覚が蘇り、吐き気を催した。心底、読むべきではなかった。猫を殺した際の描写の酷さもあり、気の弱い方は決して読んではいけない内容であると感じる。

私的感情一切抜きに評価するにしても、地元の新聞社に犯行声明まがいの文書を送りつけたくだりの記述はほぼ無く、手記としての完成
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「少年Aこの子を生んで」も合わせてよみました。
まず、最初に出版されたご両親の手記から読んでみると結構よくわかるかもしれません。
本書の中で、Aは中学校1年の頃、病院を受診した際にIQ70(軽度知的障害)・ADHDと診断されていました。
Aの成績はとても悪く、高校には進学出来そうになかったほどです。
ADHDのためか、身の回りのこともきちんと出来ないので、母親は弟たち以上にAに対して厳しく躾けていました。
それとは正反対に、弟二人の成績は良くあまり手もかからなかったようなので、Aはとてつもなく大きなコンプレックスを抱えていたのかな・・と感じました。
御両親(とくに母親)は、このIQ70を普通と捉えていたらしいし、ADHDも一過性のもので改善するものと捉えています。
ここでどうして御両親はAの生きづらさに気づいてあげられなかったのかなぁと思いました。
彼のとんでもなく大きなコンプレックスがサディストとして弱いものに向けられていったのかと思い、この少年Aに同情したこともありました。

しかし・・・
「絶歌」を読んで・・・
結局この少年Aは今でも変わってない、、、
結局自分の欲望を押し通し、平気で周りを傷付ける。
相手の心を推し量るのが絶対的に苦手。
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー