通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
絶望手帖 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き カバーは微すれあり 紙面は書き込み・折れ・使用感無くきれいです。発送は決済された時間によりますが、当日または翌日発送させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
11点すべてのイメージを見る

絶望手帖 単行本(ソフトカバー) – 2016/4/1

5つ星のうち 4.4 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,380 ¥ 467

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 絶望手帖
  • +
  • 絶望読書――苦悩の時期、私を救った本
  • +
  • 絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)
総額: ¥3,466
ポイントの合計: 106pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ポジディブ啓発書に傷ついてきた人たちへ ———
今を生き抜くための最終兵器的一冊。
ニーチェからニートまで。偉人、有名人、一般人の「絶望名言」を219点掲載!


僕はよく「死にたい」と言います。これは、「生きたい」と同義語です。
今、多くの人が弱さをさらけ出せずに悩んでいます。
だからあえてネガティブな言葉を集めたいと思ったのが、この本のはじまりです。
―― 家入一真


引きこもりから起業、当時最年少で上場を果たした起業家・家入一真。
本書は、彼のアイデアに共感した編集チームが、古今東西の「絶望」の言葉を集めた名言集です。


巷にはポジティブで熱いメッセージが溢れています。
けれど、私たちは常に前向きでいられる生き物ではありません。
思うようにならない人生、ときにはひどく落ち込み、絶望することもあるでしょう。

「絶望したっていいんじゃないか?」
というのが、本書に込められたメッセージです。

歴史上の偉人のほか、さまざまな現代人の言葉も収録。

荘子、ニーチェ、マルクス、カフカ、坂口安吾、辛酸なめ子、太宰治、寺山修二、ドフトエスキー、中島らも、
林真理子、紫式部、ゴッホ、ダ・ヴィンチ、手塚治虫、糸井重里、茂木健一郎、堀江貴史 etc……。

今この瞬間、絶望している人も、そうでない人も、奥の深い絶望の世界をお楽しみください。
不思議と生きる勇気が湧いてくるかもしれません。

内容(「BOOK」データベースより)

本書は起業家・家入一真のアイデアに共感した編集チームが編纂した名言集です。歴史上の偉人から現代の有名人、ツイッター上の一般人まで、219点の絶望的な言葉を収録しています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 青幻舎 (2016/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861525128
  • ISBN-13: 978-4861525124
  • 発売日: 2016/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 12.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 142,728位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
読んでもそんなに暗くなりません。
ポジティブや自己啓発につかれた時、人間の本質をやんわり知り得る本で、とても読みやいです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
傷ついた人達が「頑張って」と言われるのが一番辛いというのはよく聞く話。
励ましの言葉も素直に受け取るのが辛いとき、この本はきっと役に立つのではないかな。

「仕事」「恋愛」「人生」など項目ごとに偉人や文豪、一般の人の名言が収録されていて、
ピリッ、ぐさっとくる言葉が処方箋のように心に響いてきます。

他の人の絶望体験から生まれる言葉を読むことで、
自身にきちんと向き合うことができ、自然と励まされている自分に気づきます。

文豪や哲学者の言葉などもあるので、文学や哲学好きの方にもおすすめですが、
1ページに1名言の構成になっているため、ちょっと時間があるときにぱっと開いて読むこともでき、比較的読みやすい一冊。
プロフィールや出典作品などの解説もきちんと載っています。

ちょっと弱っている友達にもそっとプレゼントしたい本。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/4/11
形式: 単行本(ソフトカバー)
2014年の都知事選に出馬して
話題を呼んだ「ニート代表」家入一真さん。
そのときのスローガン
「ポジティブではなく絶望から始めよう」への反響を基に
歴史的人物の名言、筆者の経験や人生観をからめた構成。

「まやかしの希望は、ときに絶望以上に人間を傷つける」と家入さんは言う。

個人的には、絶望名人カフカの
「将来にむかって歩くことは、ぼくにはできません。
将来にむかってつまずくこと、これはできます。
いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです」に
吹きだして、すごく気持ちが明るくなったことがある。

「絶望上等」「あの人よりは、まだ自分の方がましかも」と
心に風穴をあけてくれる本。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
絶望手帳の書名にひかれて、アマゾンで買った。
書店でちょっとでも手にとって内容をパラ見していれば絶対に買わない本である。
この本は、大したことの無い短文が、ページごとに延々と引用され、それに出典と
3行だけの下手な解説(解説にもなっていない)がつくだけ。
挙げ句の果てはp.90に「発案者?」の家入氏の「死にたい。」が引用されている。
それに3行の解説が付いているだけである。
なんだこれは?
絶望とはこんな短文で表現できるものなのか?
もっとひとが本当に絶望を表現しようと思ったら、それこそ「筆舌に尽くしがたい」
文章になるのではないか?
それを文脈から切り離した1~5行程度で表現しようとしても、その企画自体が
失敗である。
漱石や太宰などの有名な人の言葉は知っているし、それ以外はどこから引っ張って
来たのか分からないブログの一節だったりして、がっかり。
まったくつまらない。1300円返せ!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
『絶望手帖』(家入一真発案、絶望名言委員会編集、青幻舎)には、人間関係、仕事、恋愛、空虚、幸福、社会、業(ごう)、人生に関する絶望の言葉が満ち溢れています。この世に名言集は数多ありますが、絶望の言葉に特化したものはそうそうありません。この意味で、じっくり味わいたい一冊です。

「私たちは、子どもの頃から『夢』や『希望』の大切さを繰り返し教えられてきました。・・・しかし、私たちは常に前向きでいられる生き物ではありません。思うようにならない人生、自分の存在の小ささに、ときにはひどく落ち込み、生きる気力さえ失いそうになることもあるでしょう。『それでいいんじゃないか?』というのが、本書に込めたメッセージです。・・・もちろん、絶望はつらいものです。しかし、まやかしの希望は、ときに絶望以上に人間を傷つけるもの。絶望を乗り越え、あるいは受け入れ、たくましく生き抜くためにも、私たちはもう少し、絶望の意味を考えてみてもいいのではないでしょうか」。

●誰にでも苦手な人はいるものです。妻と2人暮らしのわたしにも、家に苦手な相手が1人います。職場には100人ほどいます(土屋賢二、哲学者、エッセイ)。

●未熟な恋愛で一番つらいのは、自分がまったくの勘違いをしていたことに気づき、作り上げた結晶をみずから砕かないといけない瞬間だ(スタンダール、作家
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー