中古品
¥ 100
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2007年1刷。帯あり。カバーに薄ヤケ・シミ(背部分)・軽微な縁ヨレがあります。本文は書き込み等は見あたらず概ね良好な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

絶望から立ち直る方法を教えてください―ダライ・ラマ、デズモンド・ツツ、ベティ・ウィリアムズから、もらった言葉 単行本 – 2007/9

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 37,273 ¥ 100
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

 2006年11月、3人のノーベル平和賞受賞者、ダライ・ラマ14世法王、デズモンド・ツツ大主教、ベティ・ウィリアムズ女史が、「広島国際平和会議2006」に参加しました。そこで彼らは「争いのない世界をめざすシンプルな方法」を語りあいました。「人生にいきづまったとき、どうすればいいのか?」「謙虚でいるには、どうすればいいのか?」「人間はなぜ、争いを起こすのか?」などの人生の疑問に、平和の巨匠たちは、じつにていねいに答えてくれました。
 この本は、そんな彼らの力強くて、みずみずしい言葉をまとめたものです。人生に少しだけ疲れたとき、これからのことを考えたいとき、その答えがきっと見つかる1冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

2006年11月、広島に、ダライ・ラマ14世法王、デズモンド・ツツ大主教、ベティ・ウィリアムズ女史の3人のノーベル平和賞受賞者を迎え、「人の未来を考える」をテーマに、市民と語りあうオープンサミット、広島国際平和会議2006が開催されました。この本は、3人による各講演とシンポジウムでの発言をもとに再構成したものです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 155ページ
  • 出版社: アスペクト (2007/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757214065
  • ISBN-13: 978-4757214064
  • 発売日: 2007/09
  • 梱包サイズ: 19 x 12.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 866,762位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
タイトルに絶望とありますが、重い内容ではなく、さらっと読めます。質問内容が編集されているのかわかりませんが、それよりも、質問に答えられる方々の見識によるものかもせれません。本書に登場される方々の宗教の違いによる、質問に対する期待する答えのニュアンスの違いがあるのは当然としても、またそれに違和感を覚えたとしても、読者はこの本から得る物はあるでしょう。レビューのタイトルも原意から離れていますが、その人の人生の役に立てば良いと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1.内容
2006年11月に広島で「広島国際平和会議2006」が行われたそうだが、「この本は、3人による各公演とシンポジウムでの発言を元に再構成したもの」(カバーより)である。原則として、右のページが質問、左のページが3人のうちの1人の答え。
2.評価
いかにも聖人の答えという感じ。心を打つ回答も多い(レビュアーの場合、一例としてp90から。「「男の子だから泣いてはいけない」」(p91)わけがない。ジェンダーフリーを持ち出すまでもなく当然だと思った)。ただ、さらっと読めての値段は賛否両論があり得るので(高くないか?と思う人もあろう)、その点で星1つ減らし、星4つとする。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告