通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

絶対可憐チルドレン 1 (少年サンデーコミックス) コミックス – 2005/10/18

5つ星のうち 4.6 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
『絶対可憐チルドレン 1-48巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 絶対可憐チルドレン 1 (少年サンデーコミックス)
  • +
  • 絶対可憐チルドレン 2 (少年サンデーコミックス)
  • +
  • 絶対可憐チルドレン 3 (少年サンデーコミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 30pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

登録情報

  • コミック: 199ページ
  • 出版社: 小学館 (2005/10/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091273718
  • ISBN-13: 978-4091273710
  • 発売日: 2005/10/18
  • 梱包サイズ: 18 x 11.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
引っ越しのために処分したけど、電子書籍で再度、購入。

もともとエスパーの話が大好きなので、楽しく読めてます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
最近ヒット作に恵まれなかった椎名高志氏の新作。実は最初に雑誌掲載されてから週刊連載に至まで2年かかっていて、随分「産みの苦しみ」があった作品だと思われます。
「㈲椎名百貨店」の頃からファンをやっていますが、氏の作品はドタバタギャグの中に社会問題やある種の"毒"を盛り込んだ、「大人が読んでも楽しめるギャグ漫画」と評価しているのですが、ストーリーのプロットが複雑になりすぎるきらい(「MISTERジパング」が好例)があるし、テーマ性の強さから、「誰もが楽しめるギャグ漫画」とは言い辛い部分があり、最近は「作品がファンを選んでしまっていた」と思います。
今回の新作は、メガヒット「GS美神 極楽大作戦」の頃に立ち返ったような”特殊能力をテーマにしたギャグ&バトル”な作品のようです。もちろん椎名作品らしく"問題提起"も"毒"もしっかり内包されているし、恐らくは最後まで足枷になるであろう"伏線"をどう処理するかも楽しみなところ。今後の展開に期待できる作品だと思います。
ちなみに今巻には、短期集中連載とその前の読み切り作品のみの収録となっています。本格的に物語が動く前のプレリュードといった位置付けでしょうか。ただ、現在連載中の作品と何も違和感無く(メインキャラの一人の髪型が変わったかな)つながっていますので、安心してお読み頂けると思います。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 反対 VINE メンバー 投稿日 2006/9/4
形式: コミック
GS美神極楽大作戦でブレイクした作者が、

同様のテンションで送る超能力もの

最高Lvの超能力を持つ三人の少女と、一人の監査役てかお守り役の青年

作者のもつノリのまま、将来への不安を抱えつつ日夜 事件を解決

内容はまぁ平凡で、斬新なところは無し

しかし相変わらずのノリの良さとギャグ満載で、

上記作品で作者と合う方には同様に楽しめると思う

某少年誌の様に、必要以上に力のインフレを起こさないとこも良い

一巻は、読切りや短期連載verもあり、お得感あり

そちらは少々 設定が違う様で、中々 楽しめた
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 amazon三郎 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/4/7
形式: コミック
はい この頃は面白かったです。
弾けてて GSの頃の名残もあって 理不尽に暴力を受ける皆本を見て笑っていました。
しかし今は・・・ 
クオリティを保ちつつ連載を続けるというのは難しい物です。
改めて先人達 名漫画家に敬意を払います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
1巻では美神時代の絵柄が名残をとどめていますが、
巻を増すごとに少しずつ洗練されてゆきます。
今風の絵柄になってゆく感じです。

もちろん、コマ割台詞のテンポのよさなど、
作者のよいところは全て残したままでです。

ベテランでありながら、時代にきちんと合わせて
良質な作品を作り出してゆく努力には毎度敬服します。

個人的には、キャラ私服の可愛さを押したいです。
久米田氏と椎名氏は、男性作家さんには珍しく、
キャラの私服が物凄く素敵です。

研究なさってるんだなと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
素晴らしい作品だと思いますが、本誌の方では最後尾あたりの掲載が多いのが気掛かりですね。犬とか探偵なんかより断然おもしろいです。もっと日の目を見てもいい作品。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
サンデー誌上で短期集中連載から○○ヶ月待ちましたよ。(T_T)

椎名 高志氏久々の連載作品。

「GS美神」を凌ぐ傑作となるか、途中打ち切りの憂き目にあうか・・・。

内容は見て頂ければ解る。

この作品は椎名氏の代表作になるだろう。

相変わらずツボを突いたギャグも健在。思わず「ニヤリ」と笑ってしまう。

ネタ元を知っているだけで嬉しくなってしまう。

このままの勢いで突っ走って欲しい作品です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
代表作「GS美神」以来、良質な作品を描きながらも今ひとつヒット作の出なかった椎名高志の復活を予感させる新作です。「超能力」の存在が当たり前のものとして認識された近未来で、超能力支援研究局の管理下で生活する国内最高の能力をもつ3人の小学生薫・葵・紫穂(全員10歳)と彼女たちの教育係をまかされている皆本光一(20歳)を中心に物語は語られていきます。
 本作品は「エスパーもの」として非常に王道で、超能力という他人とは異なる力を持つせいで「普通」ではいられない少女たちの悲しみや、能力を持たない人々のエスパーへの反発や差別、それゆえに生まれるエスパーと普通人の対立など「エスパー」という存在に関わる様々な問題を取り上げていきます。そしてそんな特殊な環境の中で築かれていく三人の少女と皆本の絆を(あえて照れを捨てて)正面から描くことが、この作品を暖かなものにしています。
 こんな風に書くとずいぶんシリアスなストーリーのようですが基調はスチャラカなコメディで、強力な超能力を持つがために扱いにくい3人に皆本が振り回される姿を描いていく呼吸は、いまや円熟ともいえるいつもの椎名節です。コメディ的な部分とシリアスな部分を巧みに融け合わせつつ、(ギャグとしても人情話としても)直球な展開にまとめあげる作劇は昔から作者の十八番でしたが、本作ではそれが頂点に達したと言っていいと思います。
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー