通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
絶対にゆるまないネジ―小さな会社が「世界一」になる... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

絶対にゆるまないネジ―小さな会社が「世界一」になる方法 単行本(ソフトカバー) – 2011/3/1

5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 119

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 絶対にゆるまないネジ―小さな会社が「世界一」になる方法
  • +
  • まいど!  〜宇宙を呼びよせた町工場のおっちゃんの物語
  • +
  • ネジと人工衛星 世界一の工場町を歩く (文春新書)
総額: ¥3,856
ポイントの合計: 118pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



スポーツ観戦本特集
一流の選手達が繰り広げる、熱い戦いの数々。ガイドブックを活用して、スポーツ観戦を全力で楽しもう。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

.................................................................................
いまだからこそ読んでほしい。逆境を何度もはね返し
ニッポンに「元気」と「自信」を与える町工場の底力!
.................................................................................

▼ 技術も体力も「そこそこ」の会社で、なぜ、
ワールドクラスのモノづくりができるのか?

東大阪の中小企業・ハードロック工業は、
絶対に緩まないネジ「ハードロックナット」で
世界的に注目されている会社です。
同社社長を務める著者・若林克彦氏は、半世紀にわたり、
ネジ一筋で開発に打ち込んできました。

世界各国にさまざまな「ゆるみ止めネジ」がある中で、
「絶対に緩まない」と言えるのは同社の商品のみ。
従業員50名弱の会社ながら、商品は世界一の性能を誇ります。

いまや「ハードロックナット」は、2011年3月デビューの
東北新幹線の新型車両「はやぶさ」など国内の各新幹線、
英国・台湾・中国・ドイツなど世界の高速鉄道、
瀬戸大橋やレインボーブリッジ、東京スカイツリー、
羽田空港、お台場のフジテレビ本社、六本木ヒルズなど、
「安全」が求められるさまざまな分野で採用されています。

独自のモノづくりで創業以来、黒字を続け、不景気をものともしない
同社ですが、はじめから順風満帆だったわけではありません。

実は、目下「ハードロックナット」の最大のライバル商品であり、
同じく著者が開発した「Uナット」を製造・販売する会社は、
自身が設立しながら、事情によって人手に渡し、
その後に興したハードロック工業を軌道に乗せるまで、
筆舌に尽くしがたい「困難」も経験しました。

一見「ローテク」で、何ら工夫のしようがないように思える
「ネジ」でも、突き詰めれば差別化を行うことができ、
価格競争の泥沼を脱して、中国など新興国からの攻勢にも
打ち勝つことができるのです。

結果、同社は、テレビ東京系「カンブリア宮殿」や
「ワールドビジネスサテライト」、NHK「おはよう日本」、
TBS系「夢の扉」、日本テレビ系「世界一受けたい授業」
といったテレビ番組や新聞・雑誌に取り上げられ、
海外のメディアも注目する町工場となっています。

本書には、日本の中小企業が、いかにして差別化を行い、
どう売上を伸ばし、小さいながらも優良な会社を目指すか
というヒントがあふれています。
著者が、その開発・経営哲学から、小さな会社が
生き残るための営業戦略までを、明るく、とことん語り下ろし、
不況に苦しむ多くの会社に勇気を与えてくれます。

「安全」の大切さがあらためて見直され、日本全体で
大きな「困難」に立ち向かっているいまだからこそ、
本当に読んでほしい一冊です。

著者からのコメント

若林 克彦(わかばやし かつひこ)

ハードロック工業株式会社 代表取締役社長

1933年大阪市生まれ。
大阪工業大学を卒業後、バルブメーカーに就職し、設計技師となる。
国際見本市で見た戻り止め(ゆるみ止め)ナットをヒントに、
「Uナット」を開発し、冨士産業社(現 冨士精密)を創業。
その後、世界最高性能の「絶対にゆるまない機構」をもつ
オンリーワン商品「ハードロックナット」を開発し、
74年ハードロック工業を設立。

同商品は、東北新幹線の新型車両「はやぶさ」をはじめとする各新幹線や
英国・台湾・中国・ドイツなどの高速鉄道、東京スカイツリーや
六本木ヒルズ、瀬戸大橋など、「絶対にゆるまない」ことが
求められる交通機関や機械、建築物などに広く採用されている。

そのユニークな商品や経営哲学、開発の手法は、
テレビ東京系「カンブリア宮殿」、TBS系「夢の扉」、
韓国KBS、英国BBCなどのテレビ番組をはじめ、新聞、雑誌等で
頻繁に取り上げられているほか、「Newsweek」の
「世界が注目する日本の中小企業100社」に選ばれるなど、
国内外のマスメディアから注目を集めている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 中経出版 (2011/3/1)
  • ISBN-10: 4806139742
  • ISBN-13: 978-4806139744
  • 発売日: 2011/3/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 340,542位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2011/3/21
形式: 単行本(ソフトカバー)
絶対にゆまないネジ(正確にはナットの方に秘密がある)を発明したハードロック工業社長の本。「絶対」というのは大げさではなく、ねじが緩む原因であるボルト軸直角方向の荷重を抑えるくさびの原理が働く構造になっており、これが米国の学会論文を通じて紹介されて国際的な認知度も高まったという。

読みやすい本だ。多少力は入っているが、要点は箇条書きになっていて手際よく整理されている。アイディアによって差別化を図るという主張は一見ありきたりに思えるかもしれないが、ここでいうアイディアとは決して突拍子も無いようなものだけではない点に注意したい。つまり、ねじのようなローテクで汎用的な製品であっても突き詰めていくことで差別化は可能であり、その理由として「世の中の全てのモノは常に『不完全』だからです。当然、そこには必ず改良の余地があります」と、著者は断言している。

創業者として修羅場を潜り抜けてきただけあって、経験に基づく実践的な記述が多い。「よい商品だから売れるとは限りません」と繰り返し述べ、中小企業ほど営業は重要であり、中間業者に販売を任せる場合でもエンドユーザの声を吸収することの重要さも強調している。また、企業規模の小さな会社が全ては出来ないことを認めた上で、製造を他社にお願いしたり大手の品質管理方法を活用するという協調を行った経験についても触れている。
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 English learner トップ1000レビュアー 投稿日 2011/12/4
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
今や有名となったハードロック工業の社長のお話。
人が喜ぶ姿が嬉しくて発明をする、という純粋な心。
決して金儲けが目的でないという姿勢が、過去に成功した会社をあっさり譲ってしまう
というところ、決して妥協した物作りをしない、という信念が伝わってきます。

ただし、やはり一流のモノを作るには苦労が絶えません。
クレームを受けて、それで妥協することも本当ならできたでしょうが、社長は
逃げずにしっかりと受けて立つ。
そして、色々知恵を絞りに絞ってやっと解決策を見つける。
そういった努力が本当に立派だなぁと思います。

苦しい時には卵焼き器を発明したりして凌いだそうですが、その時もあくまで
「絶対ゆるまないネジ(ナット)を作るんだ」というコアな部分にブレは無かった。
社長こそが、全くその発明品と同じように、固い意志を持って物事に当たったことが
今の成功に繋がっているのでしょう。

結構当たり前のことが、中小企業だとしっかりできている。
これから日本が生き残るためのヒントがこの本には載っていると感じました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
書店ではじめてこの本を知りました。

日本にも多く存在する中小企業の経営者の方やそこに携わる方に必読の一冊。

とくに製造業にたずさわる人に勇気を与える素晴らしい経営者本。

このような会社が日本の未来を明るくするとおもいます。

さらっと読めますので、当たり前のことが書いてあると通り過ぎる人もいると思いますが、経営で行き詰まっている経営者や営業の方にとっては

今日からすぐにでもできることが書いてあります。

私も今日から愚直に取り組んでみようと思いました。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ゆるまないネジとは、ゆるまないナットの事だったんだと読後わかりました。

世の中に、ネジの使われていない場所はないくらい、ネジは使われており、それだけに、ゆるまないネジは、今現在も、これからも無限の可能性を秘めているように思います。

大手の会社がハードロック工業を相手に選ぶ時に、きちんとした工場のラインを持っているかどうか確認しようとした時に、工場の内部を見せると、せっかくの契約がだめになってしまうので、工場内部を見せないようにし、接待漬けでごまかそうとした、この会社の黎明期の営業が中小零細企業らしくて、非常に面白かった・・・。

先端的な技術や資本も資金もないけれど、無限の創造性と売り込み先企業の中核的人物への積極的営業は、ハードロック工業の二人の人物により役割分担されていたことが良くわかった・・。
ホンダの創業期にも、数人の人物により、役割分担されて急成長を遂げたのと良く似ている。

結果的に、中小零細の企業の発展は、無限のアイデアを生み出し続ける人と決して目標をあきらめない人がいる事だと言う事が良く分かる本だ・・・。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック