中古品
¥3,763
通常配送無料 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【送料無料】こちらの商品は中古品になります。商品状態は多少の傷や汚れはありますが、中古品としては良好な状態となります。Amazon倉庫からの発送になりますので、即日発送が可能。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

絵で表す言葉の世界―ピクトグラムは語る (KOTSUライブラリ) (日本語) 単行本 – 2014/2/1

5つ星のうち4.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2014/2/1
¥3,763
¥7,600 ¥3,500
お届け日: 7月16日 - 17日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

街に溢れる看板や標識。これらは文字や図形などで構成されており、「サイン」「案内板」「標識」などと呼ばれています。この看板類には、文字だけではなく視覚的にその場所や状況を伝える手段「ピクトグラム」が活躍しています。トイレの「男女のマーク」や、非常口の「走っている人型」は世界中で幅広く認知されているピクトグラムです。人類は「伝達」の目的を果たすために太古の昔から「絵」を活用してきました。わが国はグローバルではない「日本」という独自性を持ちつつ、ピクトグラムの国際的視覚化を目指し、現在この分野で最先端を歩んでいます。長い時を経て選び抜かれ、練り上げられた快い絵文字。言語が異なっても「目で見ればわかる」ピクトグラムの世界にご案内します。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

村越/愛策
1931年旧満洲国生まれ。1956年千葉大学・工業意匠学科卒業。1980年よりISO図記号・国内対策委員会の案内用分科会主催となる。1992年千葉大学教授。1999年より2年間にわたり運輪省主導による一般案内用図記号検討委員会に参画。2001年JIS案内図記号原案作成委員会委員長となる。日本工業標準調査会ISO/TC145/SC1国内委員会主査。昭和女子大学講師、日本デザイン学会、日本サイン学会会員、サインやマークのデザイン界の第一人者として幅広く活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2014年3月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入