通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
統計学が最強の学問である[実践編]---データ分析... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: Amazon専売品です。帯付き、ページ1ページにしっかり折れ目あり、◆表・裏紙にキズ、微スレ、ヤケ、汚れ、本の上下端に若干の痛みがございます◆ページ部分には折り目や書き込みはなく、全体的に使用感の少ない良好な状態です。◆中古品の為 気をつけておりますが、見落としの多少の傷み・汚れ・ヤケ等はご容赦下さい。◆ 記載がない限り「帯や付録等」の付属品は無いものとご理解ください◆クリーニング後ビニール袋で保護 後発送いたします◆ご注文が13:00以降の場合「翌日発送」となります。◆「ゆうメール」での発送となります、通常発送日から3・4日の到着予定となります。多忙な月・連休に掛かる時は到着が遅れる場合がございます。◆複数購入された場合でも配送料は一点毎に加算されます。予めご了承ください◆アパート・マンション名、部屋番号のご記入をお願します(配達先が分からずご注文商品が戻ってくる事例があります)◆水曜日定休日
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

統計学が最強の学問である[実践編]---データ分析のための思想と方法 単行本(ソフトカバー) – 2014/10/24

5つ星のうち 4.2 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1,341

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 統計学が最強の学問である[実践編]---データ分析のための思想と方法
  • +
  • 統計学が最強の学問である[ビジネス編]―――データを利益に変える知恵とデザイン
  • +
  • 統計学が最強の学問である
総額: ¥5,724
ポイントの合計: 173pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

◎35万部突破のベストセラーに[実践編]が登場!

あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると――
鮮烈なコンセプトで、統計学書としては異例のベストセラーとなった『統計学が最強の学問である』の続編。
前作が統計学の世界を横断的に紹介した「入門の入門」だとすれば、本書は代表的な6つの統計手法を横断的に解説する「実践の入門」という役割を果たす本となる。

平均値の知られざる本質から、分析の現場での実際の手順まで、
[ビジネス×データ分析]の最前線で活躍する著者が、利益に繋がる因果関係を見抜く「洞察の統計学」のすべてを明らかにする。

◎大枠を理解できればよい人にも、統計学を極めたい人にも

既存の入門書と異なる本書の大きな特徴は、数式を追わなくても文章と図だけで理解できるように、
すべての解説がなされている点にある。
統計手法の本質的な説明をするためにどうしても数式での説明が必要なところのみ、
高校レベルまでの知識でわかる範囲の「数学的補足」を巻末に用意したが、
その補足は読まなくても本文の流れにはまったく影響がないよう配慮されている。

「数式を見ただけでストレスを感じる方はいまのうちに
業務用のホチキスを持ってきて巻末のページだけを綴じてしまうのも自由である。」(本文より)

その結果、データ分析の大枠や背後にある思想を押さえておければいい人にも、
数学的な知識もマスターし、データ分析のプロを目指す人にも、
確実に役立つ1冊となっている。

内容(「BOOK」データベースより)

平均値の知られざる本質から代表的な6手法の使い方まで、「ビジネス×統計学」の最前線で活躍する著者が明かす因果関係を見抜くためのフレームワーク。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 472ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2014/10/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478028230
  • ISBN-13: 978-4478028230
  • 発売日: 2014/10/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 57,095位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
世の中には数多くの統計学の本があるが、大抵は統計の数学的な理論を解説した本か、あるいは検定や多変量解析などを具体的に計算する方法を解説した本である。
この本はそういった切り口ではなく、基本的な統計処理を実戦的に業務に生かすことができるか、その考え方と手順を説明した本だ。
英語に例えれば、英文法の本、あるいは旅行会話集のような本ではなく、ビジネスあるいは実生活で使うための実戦英会話といったような類の本である。

数学的な厳密性は欠ける部分もあるかもしれないが、統計専門外の人が論文や学会発表のために不安を抱きながら実験結果の統計処理をしてきた方にとっては、とても参考になる本だと思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
著者の前著で「ビッグデータ」から「統計学」へとブームがシフトしたのは、ご周知の通り。
しかし、著者が本書の序章で述べているように、前著の内容は統計学の「入門の入門」で
前著を読んでも実際に統計学が使えるようになるわけではありません。前著にはそのような(的外れな)批判も多くあります。

ただ、統計学の敷居は高く、前著である程度の助走をつけたとしても
例えば「
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Kaz. 投稿日 2015/2/18
形式: Kindle版 Amazonで購入
前著では実生活にどのくらい役だっているかというところに主眼が置かれていたので、途中で退屈してしまいました。実践編ではどのような状況でどの統計手法を使うかということに歴史的経緯をふまえて書かれていますので、理解もすすみました。
統計の専門家でもないのに学術大会等で急遽統計を使わなければいけない医師や研究者にとって、この本は入門書として有用です。曖昧な知識で統計を使っていた方は一度このレベルまで戻って理解を再確認すると知識が整理されます。実際にRやSPSSを使う時には、別の本を参考にしていくことになりますが、この本のレベルの知識があるのとないのとでは、自分の行うべき解析方法やデータ解釈への理解が大きく異なります。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 「平均値や割合という『現状把握』のために多くの社会人が用いている手法からスタートし、データからいかに適切にその背後の因果関係を洞察するか、という目的のための統計学を説明(pp.15-16)」する。章の順に「平均、割合、標準偏差」「統計的仮説検定」「回帰分析」「因子分析とクラスター分析」が説明される。
 数学的な証明は巻末に回し、「ビジネスで使う」ための解説に特化している。
 個々の説明もさることながら、「統計学の理解が劇的に進む1枚の表(増補版・実用版)(p.344,345)」が、種々の統計分析の手法を鳥瞰するのによさそうだ。
 統計学は我流でしか勉強していないので知らないことも多く「平均値とは、最小二乗法に基づき、観測値に含まれるズレを最も小さくすると考えられる良い推定値(p.46)」という説明や「データのバラつきがどのようなものであれ、平均値-2SD(標準偏差の2倍)~平均値+2SDまでの範囲に必ず全体の4分の3以上のデータが存在する(p.82)」というチェビシェフの不等式にも「へえ」と思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
前篇を読んでいないのですが、評判がよかったので買いました。
ところどころ、わからない処もあるのですが、
正規分布とそれ以外、いろいろな分布をまとめると正規分布に近くなるといった考えはおもしろかったです。
ちょっと、落ちた付いたらもう一度読み返して理解度を深めたいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー