Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 802
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[岩崎春人]の統合失調症 愛と憎しみの向こう側
Kindle App Ad

統合失調症 愛と憎しみの向こう側 Kindle版

5つ星のうち 4.7 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2013/4/2
"もう一度試してください。"
¥ 802

商品の説明

内容紹介

――働き盛りの夫に専業主婦、そして二人の子供達。
その平凡な家庭には統合失調症という名の精神病が存在した。
著者である夫は、医療保護入院となった妻を案じながらも義両親からの激しい憎しみを浴びる。
発病の原因は何か? 娘を精神障害者にさせたのは誰なんだ? 
その一方で、回復の兆しの見えない妻の状態と、全てを託すしかない主治医への不信感は、憎しみと失意に板挟みになった夫を絶望の淵へと追い込んだ。
本作品は、精神科医療の光と影をさ迷う患者家族が、愛と憎しみが生み出す感情的混乱の中で希望へと向かう変容過程の記録である。


統合失調症とは躁鬱病とならび、二大内因性精神病のひとつである脳の機能障害です。
内因性とは、外因性でもなく心因性でもない先天的な遺伝要因や体質により発病するものだという考え方ですが、統合失調症の原因は先天的な要因だけで説明できるものでもなく、生育環境、対人関係、生活環境等による心理的ストレスなどの後天的な要因も複雑に絡み合っていると考えられています。
そして内因性という表現には原因不明性という意味も含まれており、つまり、統合失調症の発症原因を特定することは非常に困難です。
よく、育て方や接し方が悪かったからと御家族自身が自分を責めてしまうケースもありがちですが、それは患者をも含む関係者が傷つけあい疲弊を極めるだけです。

ところで、統合失調症の症状や経過には個人差が大きく、病気との付き合い方も人それぞれですが、それは患者と関わる家族にも言えることでしょう。
家族は統合失調症の症状に苦しむ患者と共に、大切な家族が苦しんでいるという現実に苦悶しながら悲しみや怒りの感情に身を包まれます。
社会的インパクトが孤立させてしまう家族の苦悩。患者が医療に支えられる一方で、これといった支えを持たない家族の苦悩と疲労は計り知れないものです。
そのような家族の心は一体、何によって支えられ、どのような力によって困難を超えていこうとするのでしょうか?


激しい症状により豹変した愛する家族を目の当たりにして、今ここにない未来を信じ続けることができない時。
具体的で的確な情報や助言を受け入れる余力すらなくなってしまった患者家族。
そんなとき、統合失調症患者の家族の対応について、教科書的な数々のアドバイスも確かに参考にはなるでしょう。しかし、親子、夫婦、兄弟、単身者など、患者家族の関係性や生活環境も様々で、世代間による価値観や体力的条件も全く違う以上、その答えは患者家族の数だけ存在するのです。

では、自分たちにベストな答えを導く方法とはなにか?
ひとつは、他者の体験を知ることです。
掛かっている病院から得るアドバイスを軸に、インターネットからの情報収集や他者の体験を知ることは、自分達なりのベストな対応や接し方を模索するための知恵となり勇気ともなり得ます。
病気について学んだ知識は自分に合った自分だけの知恵に変わり、他者の体験談を知ることによって今までの自分の不安がこれからの勇気に変わるのです。
さらに、同じような問題を抱える家族感情を知ることで得られるもの……それは、絶望という名の海に希望のかけらを探し続ける人々が「自分ひとりではない」と感じられることの力とかぬくもりとか、そして未来への勇気です。

行き場のない怒りや、突き上げる悲しみ。そして、とてつもない疲労感。
面会を終えて閉鎖病棟を後にした時、空を見上げれば希望よ高く舞い上がれと願うばかりなのに、病棟を振り返れば絶望感に打ちひしがれる日々。
明けない夜はない?
そのひと言さえも信じられぬとき、家族は〝今〟と〝自分〟全てが消えてしまえば楽だろうな……と、考えるかもしれません。
重篤な精神疾患が家族に及ぼす問題は、そこにあります。


この作品は、予後不良と見放された後に劇的な回復を遂げた妻と、支えた夫のストーリーです。
千差万別、ひとつひとつ形の違う問題を背負った患者家族の心の持ちようについて、この体験が小さなヒントとなるかもしれません……

目次

はじめに
幕のあがった日
いつもと違う
幻聴に連れ去られた妻
捜索願
発見
病的体験 三人の声
精神科救急
涙まみれの医療保護入院
冷たい雨
母不在の生活
ドクター面談にて
豹変
隔離室 家族の先入観
身体拘束 家族の叫び
閉鎖病棟の面々
主治医への信頼と不信
外泊依頼
殺してやりたい
さみだれ不登校
脅迫
発症の原因さがし
外泊許可
初めての外泊
僕は珍しい人
マイホームとの別れ
退院請求
転院 一筋の光
手応え
再び閉鎖病棟へ
電気けいれん療法への同意
優しい夏空を見上げて
スティグマ
リスタート
病院から地域へ
つたえたいこと

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 455 KB
  • 紙の本の長さ: 165 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00AXBM414
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 9,784位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
わたしと同じように、統合失調症の家族をみている人の体験を知りたくて購入した本です。
じつは、今回、わたしは二冊の本を買いました。一冊目は統合失調症について理解するための本です。そして二冊目がこの統合失調症 愛と憎しみの向こう側という本だったのです。
わたしの妻も同じ病気です。社会性を欠いてしまった妻の行動に途方に暮れる毎日はとてもつらいものです。そのことへの悩みを誰にも言う気になれない自分は、とても孤独です。でも、この本はわたしを孤独から解き放ってくれた気がします。この本の作者が、それはそれはとても孤独な状況の中で葛藤に苦しんでいる姿を知ると、普段泣き上戸でもないわたしが、思わず共感してしまって涙を流してしまうのです。閉鎖病棟、隔離室、身体拘束、電気ショック、どれもこれも家族にとっても辛いことばかりです。作者は、行き場の無い家族の叫びを、このわたしに代わって叫んでくれたのだと思います。わたしは作者の心の叫びに励まされました。そして、病気の妻を持つわたしにとっての愛すること愛されることとは、どういうことなのかを考えています。この本を、さまざまな痛みをもつ、同じ立場の方へ読んで欲しいと思います。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
読んでいるだけで自分の心情を吐露することができたような感覚でした。生々しい実体験と真っ直ぐに訴えかけてくる作者の心情は、似通った立場の胸に響いてきます。病状も酷いうえに、病院との信頼関係を失くし、身内からは誰が悪いのかと恨まれる状況のなかの、作者の心の叫びには泣けました。
そして、極限の精神状況で妻への愛を貫いた夫の実例は、結婚や男女関係について悩みを抱える人にも参考になります。
林公一さんの患者・家族を支えた実例集を読んだ時は複数の事例を知ることによって支えられましたが、患者の家族が体験した激しい心の葛藤がリアルに書かれたこの本は、作者の心情にふれることによって勇気づけられました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 統合失調症の世界は、異様にみえるけど、私には理解できる。それは、記憶細胞の過度な疲労によって起きていると考えられる。。

 たとえば、鏡の前のコップには、存在感があるが、鏡の中のコップには存在感がない。その原因は、鏡の中のコップには触れた経験がないからです。

 日常世界の事物は、それぞれが存在感を持った事物として見えています。たとえばテーブルの上をたまごが転がると、あなたは「あぶない」と思います。でも、そのたまごが固い地面に落ちて、バウンドして跳ねて転がったとすればどうでしょう。「あれっ」と思って、そのたまごの存在感が失われてしまいます。
 一瞬、白いものが見えているけどなんだかわからない状態になります。
 次に、あなたがそのたまごに触って、それがたまご型のゴムボールだと、そのたまごは、たまご型のゴムボールの存在感を持って見えてきます。
 このことから、日常の事物の見かけ(視覚的感覚)は、そのものについての無数の記憶を再生させ、漠然とした存在感を形成していると考えられます。

 感覚とイメージは、知覚の強さによって、はっきり区別されています。感覚とイメージの強さが同じだと行動で失敗するからです。たとえば、目の前のりんごのイメージはいくら取ろうとしても失敗します。
 逆に見れば、行
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この本は作者の妻が医療保護入院中に起こった出来事が中心に書かれています。タイトルも内容も生々しく重たいものですが、それだけに真実を表現しようとする作者の強い思いが伝わってきました。入院が決まった時の作者の絶望感から、奇跡的にも回復を遂げて退院するまでの作者の感情表現は非常にリアルで感動的。統合失調症患者の御家族の方に是非おすすめします。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
義理親、病院関係者、娘たちとちゃんと話し合って相互理解を目指した描写は一つもなし、自分辛い、相手が悪い、どうしようもできない、という描写ばかり。まあ、よくもわるくも一般的な人なのかも。主人公の辛い、不幸と感じる気持ちはよーくはわかりましたが、それだけ。あまり描写されない娘たちが不憫でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
気づけばひたすら読んでいました。私も心に包帯が在る妻を看ています。
様々な人間関係、様々な環境に打ちのめされても冷静に幸せを求め、探し続ける筆者の強い想いにとても共感を覚えました。

偏見という根拠のない知識や情報は、知らないから許されるものではなく、まだまだたくさんの日本で教育を受けた人達に理解されていない部分がかなりある事、代弁してくれて勇気を貰えました。
本当にありがとう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover