通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
結物語 (講談社BOX) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

結物語 (講談社BOX) 単行本(ソフトカバー) – 2017/1/12

5つ星のうち 4.3 37件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 879

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 結物語 (講談社BOX)
  • +
  • 撫物語 (講談社BOX)
  • +
  • 業物語 (講談社BOX)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「私は何も知りませんよ。あなたが知っているんです――阿良々木警部補」
怪異譚となる前の“風説”を取り締まる、直江津署風説課で働きはじめた警察官・阿良々木暦。
町を離れた、ひたぎと翼。
二十三歳になった三人が選ぶ道と、暦が最後に伝える想いとは……?
知れば知るほど、知らないことが増えていく――これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!

永遠に、この恋心はほどけない。

内容(「BOOK」データベースより)

怪異譚となる前の“風説”を取り締まる直江津署風説課で働きはじめた警察官・阿良々木暦。町を離れた、ひたぎと翼。二十三歳になった三人が選ぶ道と、暦が最後に伝える想いとは…?知れば知るほど、知らないことが増えていく―これぞ現代の怪異!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 228ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/1/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062839008
  • ISBN-13: 978-4062839006
  • 発売日: 2017/1/12
  • 商品パッケージの寸法: 18.7 x 13 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 483位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
ひたぎクラブという最初の短編は、ひとまず区切りがついていた。
そこで名前だけだったキャラが肉付けされて化物語という最初のオチがあった。
でもさらに増えたキャラに、更なる物語が上書きされて、偽物語が生まれ。その特異性が合致した、伝説のアニメが始まった。
キャラはさらに増え、二巡した物語は、アニメで関わった人達や、ネタや、願望まで取り込んで、さらに肥大した。

ちょっと待ってね、
と、我に還ったのか、ファイナルと銘打ち、終わりという単語を使った本が四冊も刊行され、物語は、ようやく終わった。
かに見えて、また始まったオフシーズン。短編や語り尽くせないエピソードが、まだまだ出てくる。
ここはまた、なし崩しに終わるのかと思ってました。

やってくれました。

終りでなく、結びという言葉で締め括られた、今回のお話。

「幸せに暮らしましたとさ」か「俺たちの戦いはこれからだ」では語られることのない、彼ら彼女らのその後。

その後のエピソードを、物語のルールに乗っ取って(女子の名+カタカナ英語)、進めてゆく。
みんな五年で色々変わってる。変わらないでいる。

ああ、ここまでこのシリーズに付き合ってきて良かったな
...続きを読む ›
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
高校生だったこれまでからおおよそ五年,二十三歳となった彼らを描く二十二冊目は,
序盤,警察官に就いた主人公をはじめ,ほぼ勢揃いのヒロインたちの現在が新鮮な反面,
過ぎた月日は数字以上の大きさに感じられ,知っているはずなのに知らない誰かのような,
なぜか寂しく,チクリと胸を射す痛みに戸惑う感覚が,彼の心境に自然と重なっていきます.

ただ,『怪異刑事』よろしく,仕事として問題に奔走する流れは話が進むにつれ弱まり,
各話に冠された新キャラたちも,周囲の変化との折り合いに悩む彼の物語に埋もれた印象.
その反面,特別だと思っていた怪異の不思議が,思いの外に周りに広がっている今の様子は,
井の中の蛙…ではありませんが,大人になったことで見える世界の広さを彼に思い知らせます.

また,ヒロインらの状況が伝わる中,少女から女性へと変わった彼女への驚きは大きく,
少し前から不穏な空気は漂っていましたが,ここに来てそれが一気に膨れあがったようで,
その形や今後の役回りはまだ見えませんが,『再会』に向け,期待と不安が入り交じります.

一方,物語はこれらの複雑な思いが絡み合いつつ,主人公の決意とともに畳まれますが,
高校生だった昔,大人になった今,どちら
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
羽川好きとしては、羽川翼が報われないというか、なんというか…
なんか不憫でモヤモヤします。
なんとかなりませんかねぇ。
ならないんだろうけど。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
撫物語から半年近くしか経っていないのに、
物語シリーズを5年ぶりくらいに読んだ感覚となりました。それぞれの成長が目に見えて良かったです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
化物語の戦場ヶ原と阿良々木が結ばれるあの一言
その結びの一言が今回結物語でまた出ることになり
化物語から長年愛した僕のようなファンにとっては
綺麗に収まったなと感じられることが出来ました
例のあの言葉暦のセリフと一緒になってしまいますが
流行るといいな
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 ラストはちょっとコメディタッチのすれ違い劇で、結びの巻として相応しい読後感だった。
 物語ヒロインズの五年後が大体開示される今巻であるが、羽川のくだりについては、ちょっと苦味が走った。
 そもそも、猫物語(白)辺りで、一応一つの決着を見たと思われていた恋愛問題が、阿良々木暦、羽川翼、共に二十三歳になって再び蒸し返されるとは。
 そして、あの時には「他に好きな人がいる」と答えた暦も、今回は「高校の時、好きだった」と告げてしまう。ずっと後悔していた、というモノローグ。
 阿良々木、羽川、戦場ヶ原における三角関係は、あるいは展開次第では十分に禍根を残し得る問題だったとは思うのだが、物語シリーズの軽妙さ、そして、羽川と戦場ヶ原の親友のような関係によって、やり過ごされてきた。
 羽川が仮に、阿良々木に今でも好意や執着を感じているとして、だとしたらそれと逆行するように世界に出て、関係を断ち切っているというのは何故なのか。何故なのか、というよりはそんなことをして本当に彼女は幸せになれるのだろうか。
 そして、何よりもうどうしようもない、と思えるのは、阿良々木が自分を卑下し、現在の自分と現在の羽川を遠くに位置付け、『今の僕を今の羽川が何とも思っていなくて本当に良かった』と締めているところだ。本当に羽川は阿良々木の手の届かない所に行ってし
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック