通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミス... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則) 単行本(ソフトカバー) – 2010/11/26

5つ星のうち 3.8 20件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1
CD
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1,069

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)
  • +
  • 決断力 (角川oneテーマ21)
  • +
  • 大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 64pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◇頂点を極めて、今なおトップを走り続ける羽生名人による「思考を進化・深化させるために大切な3つのこと」
18歳での竜王位奪取、25歳での史上初の七冠達成以降も、40歳になった現在、19年連続・王座をはじめ、
永世六冠保持(全七冠中)など、結果を出し続けている自在の棋士・羽生善治名人。

本書では、閉塞感の強い、先行きの不透明な時代を切り拓いていくためにも、究極の「考える仕事」である将棋棋士として、
20年以上トップを走り続けて培った、3つの秘訣を明かす。

羽生名人は、思考を進化・深化させるためにも、
①ツキと運にとらわれない最善手の決め方、
②プレッシャーとの付き合い方、
③ミスへの対応の仕方、
が大切だと語る。

早くから「天才」と言われた羽生名人だが、円熟期を迎えたからこそ感じる、単なる勝負一辺倒の結果論ではなく、
周囲との調和も視野に入れた、「1人ひとりの持つ可能性は想像以上に大きい」というメッセージが根底にある


◇仕事、日常生活で名人の思考プロセスを活かす
本書のコンセプトは、羽生名人の思考プロセスを平易な言葉でつづられ、だれにでも再現できるところにある。

「次の一手の決断プロセス」「不調の見分け方」「ミスをしたときの五つの対処法」「無謀でない、リスクの取り方」をはじめとする
勝負で大切なことから、「最高のパフォーマンスを発揮するために」「集中するために」「才能とモチベーション」「成功とは何か?」など
日常でどういう風にすごしたらよいか、などたくさんのヒントが詰まっている。

内容(「BOOK」データベースより)

人は、普通に続けられることしか続かない。思考を進化・深化させるために大切な3つのこと。変化が激しい時代の実力の磨き方。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2010/11/26)
  • ISBN-10: 4534047789
  • ISBN-13: 978-4534047786
  • 発売日: 2010/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,934位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
長年複数のタイトルを保持し、将棋界で結果を出し続ける
羽生善治名人が、その”結果を出し続けるための秘訣”を
平易に語った本です。将棋界以外の著名人との対談を精力的に
こなされていることもあり、将棋について多くを語りながら、
他のジャンルやビジネスでも応用と再現が可能なすぐれた内容となっています。

今年7月の講演会を元に、大幅加筆されたとのこと。
「講演会の書き起こし本」にありがちな冗長さはなく、
1項目2p〜5pの分量で約70個ほどのトピックにテンポよく
まとめられていてとても読みやすかったです。
短くテンポがよいがゆえに、読者の姿勢次第では、
内容が薄いと誤解してしまう向きもあるかもしれません。
個人的には、「決断のプロセス」としての直感・読み・大局観の
お話をもっと聞いてみたいと思いました。
読後感をたとえて言えば、
一手30秒70数手の羽生名人の軽妙な早指し将棋を見ている感覚。
その中に「う〜ん深いなあこの一手」と
思わず線を引きたくなる奥深さを兼ね備えた一冊でした。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私は羽生のファンである。その稀有の強さに魅かれている事は勿論だが、常に淡々とした態度(傍目に見てだが)で、タイトル防衛・獲得を主とした結果を20年以上も出し続けている点にも魅かれる面がある。本書は題名通り、羽生自身が「結果を出し続けるため」の秘訣を語ったものだが、鬼面人を驚かすような事が書かれている訳ではなく、「人は、普通に続けられることしか続かない」という一見ありふれた言説を様々な面から平明に綴ったものである。著者が羽生だからこそ説得力がある内容と言える。

何時もながら、自身を客観視する能力に長けている事を感じた。プロ棋士は全員、同じ知識・技術を持っているという前提の下に思考法が構築されている。大局観に重きを置く姿勢、ツキや運ではなく実力を伸ばす事でしか結果を残せないという覚悟、選択肢を減らす(極力読まない)確固とした方針、逆に形勢が若干不利な場合には相手の選択肢を増やすために紛れた局面に導く手法、継続の大切さ、自ら変化を生み出すがギャンブルはしない気構え等が改めて述べられている。また、体調・感情のコントロールにも気を使っている事が窺える。特に、「プレッシャー」の章は面白く、勝利を確信した際のあの有名な「手の震え」について羽生自身による解説が載っている。

将棋以外のスポーツや世界を繋ぐ人的ネットワークの事などにも触れているし、処世訓めい
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2010/12/28
形式: 単行本(ソフトカバー)
ひとつの道を究めた人から何か普遍的な教訓を得ることはできないだろうかと考えるのは自然なことだ。そのようなニーズに応え、羽生善治名人は、今までも講演や著作活動を行ってきた。本書もそのひとつ。すぐ読めるし、特に前提条件もいらない。

本書の内容は、以前読んだ「決断力」とそれほど大きく変わっているわけではない。重複しているところも少なからずある。ただ、40歳台に突入してマクロ的な視点で語る視野が広がった感じはする。若いころと今を比べ、さらに年をとったときに衰える部分と磨きがかかるであろう部分についてもより正確に予想がつくようになっているようだ。将棋指しという世界がちょっと特殊な世界であることを説明して、そこで通用することが世の中全部にあてはまるとは限らないことを、それとなく伝えている部分もある。

羽生名人本人は、スポーツと将棋が共通性する部分について関心を持っているようだ。サッカーも将棋もサイドが現代における攻撃の主流で、スピードを重視するようになっているというような話は、なかなか面白かった。

個人的には、ミスについての話が一番興味深かった。ミスをしない対局はほとんど無い。ミスをしたときはミスをしたことで状況が複雑になっているから次のミスを生みやすいというような分析は、確かに将棋の世界に限ったことではない。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は、将棋で最も有名な羽生さんが人生と将棋を通じて学んだ体験をあますところなく書かれています。知識ではなく、羽生さん自身が体験から学んだことなので説得力のある内容であるとぼく自身は感じました。この本の内容からは、羽生さんの素晴らしい考え方が最も印象に残りました。羽生さんの素晴らしい考え方は、将棋だけではなく、その他すべてに通じる素晴らしい考え方だと思いました。

ざっくりと内容を掲載すると…

1章では努力について
2章ではツキと運から読みについて
3章では能力以上の力を出し切るプレッシャーとの付き合い方
4章では結果を出し続ける方法
5章では変化をして流れに乗っていく方法

この素晴らしい考え方は、何年たっても変わらない本物の考え方であると同時に、本を何度も何度も読み直して今の内にこの考え方をマスターしておきたいと強烈に感じました。この考え方をマスターして、さらに行動に移せたら…
これからの人生にとってかけがえのない財産になっていくと思われます。

これらのことから、ぼく自身の判断としてかなりの良書であると判断いたしました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す