Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 500
(税込)
ポイント : 105pt (21%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[鏡ユーマ]の結崎さんはなげる! 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
Kindle App Ad

結崎さんはなげる! 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 500
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 555 ¥ 345

紙の本の長さ: 152ページ

【女性向けコミック祭り】まとめ買い最大50%OFF
女性向けのコミックのまとめ買いがお買い得!2/23までのこの機会をお見逃しなく。そのほかのセールも多数。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

陸上部に所属する美少女・結崎さんの専門種目は…なんと砲丸!? 普段は物静かでクールビューティーな彼女が、走って、投げて、汗を流す。そんな姿に、誰もがドキッと目を奪われ、そして少しほっこりする♪ そんな結崎さんと過ごす陸上部×日常コメディ。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 37586 KB
  • 紙の本の長さ: 170 ページ
  • 出版社: 集英社 (2017/1/19)
  • 販売: 株式会社集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MQXLL02
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
ヤンジャン気鋭のほのぼの陸上日常コミックです。
表紙で気に入ったら試しに買ってみても損はないと思います。

表紙の女の子、砲丸投げ選手である結崎さんに、周りが惹かれていくという青春群像劇は別紙ののぼる小寺さん(1) (アフタヌーンコミックス)と通じる所がありますが、こちらは画風のためかスポーティなちょいエロ(?)がチラチラあります。
「陸上女子はエロを目的としていないのに結果エロくなってしまったってのがいいんだよ」
というのは至言だなと思います(笑)

あまり馴染みがない砲丸投げの方も掘り下げてくれるのを楽しみにしつつ☆5つです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 駒形の新梧 トップ1000レビュアー 投稿日 2017/1/23
形式: コミック Amazonで購入
高校入学早々の遅刻により、足が速くなるという理由で陸上部入りを勧められた男子生徒の大宮(下の名前は不明)。
最初は乗り気ではなかったものの、同じく陸上部でクラスNo.1の美少女である結崎なずな(本作品のヒロインで表紙の娘)に惹かれて、彼女と同じ「砲丸投げ」を競技種目として選ぶ事になり・・・
「ほのぼの陸上日常コメディ」物(帯より)であるため、競技大会へは出場するものの、ライバル達と競い合う事や恋愛要素は現在のところ無く、大宮クンや他のキャラの視点(若干の妄想を含む)から、結崎産を眺める(愛でる)のが本作品のテーマとなっております!
結崎さんの躍動する鍛え上げられた若い肢体の動きとかけがえのない青春を思いっきり楽しんでいる姿を見るにつけ、心が何だか温かくなっていくのを感じました(*^▽^*)
ですが、課題もあります。
第9話で、大宮クン達と同じクラスでテニス部の鹿島クンが「砲丸投げ」の持つ凄さについて問いかけているのですが、その凄さについてはまだまだ十分に伝わってこないのです。
言い換えれば、「砲丸投げ」という「舞台装置」が、「可憐な少女」とのギャップ以上の効果を上げているようには見えないのです。
先述した通り、日常生活に重点を置いているとはいえ、次巻以降では「砲丸投げ」そのものをもっと掘り下げて欲しいものでありま
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover