中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

結局「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness) 単行本 – 2007/7

5つ星のうち 3.7 22件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者からのコメント

7刷、累計発行部数4万2000部のベストセラーに!
皆さん本当に有難うございます!
さて、本書は、個人が多くのお金を手にできる
「仕組み」をテーマとしています。
本書でいうところの「仕組み」とは、
「自分がさほど動かなくても自動的に収入が得られるシステム」
を指します。そうした「仕組み」を作り上げた、
いわば「仕組み」の所有者を徹底取材し、
ケーススタディとして詳細に紹介。
その上で、「仕組み」作りの"テクニック"と"気づき"を
学んでいくような内容となっております。
以下が本書で取り上げる「仕組み」の具体例です。
*自動的に収入を生む空港周辺駐車場の情報サイト
*ニッチなマッチングサイトで月商100万円
*何もしないで月50万円、「プチリタイヤ」を実現
*メルマガで築いた年収2400万の「仕組み」
*ドロップシッピングによる「仕組み」を世界に展開
*個人で月収1000万円を稼ぐ情報起業の「仕組み」
*「金時力。」で「お金」と「時間」の両方を手に入れる
*競売物件で手に入れた夢の家賃収入生活
*「ヒルズの虎」の個人ベンチャー投資哲学
*ひらめき一閃、発明で相手も自分も数千万円の収益
さあ、これらの具体例などからノウハウを吸収して、
あなたも「仕組み」作りの一歩を、
ぜひ踏み出してください!

内容(「BOOK」データベースより)

スーパーサラリーマンでも収入の伸びは「加速的」。「仕組み」所有者なら収入は「乗算的」に伸びる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 229ページ
  • 出版社: 光文社 (2007/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334934161
  • ISBN-13: 978-4334934163
  • 発売日: 2007/07
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 311,131位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ビジネスをするにおいて、「仕組み」を作ることがいかに重要かは様々な書籍でも言われております。

その「仕組み」を作り成功した人々が多く紹介されています。

読み物としては面白いのですが、今ひとつ著者の主張が伝わってきません。

「仕組み」についてそれを作る事が重要だということは理解できるのですが、マネー雑誌や週刊誌に頻繁に特集される「一日○時間の作業で年収○○万円を稼いでいる人」的な内容なので、わざわざ書籍として読むには今ひとつ物足りなさを感じてしまいます。

しかしながら面白いことは、著者が多くの成功者にインタビューした中で、その多くの方が「金持ち父さん貧乏父さん」や「ユダヤ人大富豪の教え」を読んで感銘を受けたという共通点があることに気づいたという事実です。

その様な部分で参考になるところはあるのですが、一つ一つの話が短かすぎるので、インパクトに欠けてしまいます。

「仕組み」を見つけるポイントや、「仕組み」を作った人の共通点など、もっと突っ込んだ内容にすれば尚良かったと思います。

書籍としては安価であり、ビジネス書としてではなく、雑誌的感覚で気軽に読むのには適しています。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 もり VINE メンバー 投稿日 2007/9/5
形式: 単行本
「仕組み」とは、儲かる仕組みのこと。

それでこの本は、
できるだけ自動的にお金が入ってくる「仕組み」を作った人のケーススタディが書かれた本だと思う。

それらを真似して、私も楽して儲けられたらと思ったのだが
「仕組み」を作った人は全然楽してはいないことが本書を読んでわかった。

「仕組み」が出来上がった結果、楽になることはあるようだけど。

ここにまとめられている例は、
楽になるため、と言うよりも、
「仕組み」を作り上げた結果、生活が充実した、
という感じだと思う。

自分の生活を充実させるために知恵を絞って試行錯誤した結果、
その「仕組み」に行き着いた、
と言ってもいいかも知れない。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
正直たんなる指南書かな、ぐらいの気持ちで読んだのだが、実際はかなり有益だった。また好感の持てる本でもあった。著者の二人が指導的な立場からでなく、現状を抜け出したい張本人として我が事として切実な思いで論じている点がよい。何かを汲み取ろうという気持ちがそれだけで強まるものだ。各成功例も、例にとどまらずどこかで普遍化できるようなものが選ばれている。コンパクトながら質は高い本だ(いくら金の入る「仕組み」の話とはいえ、発明の例はちょっと唐突な気もしたが)。こまかいところでは、情報起業なんて自分にはありえないと思っていたが、他人のもつ情報を使えばできるじゃないかという指摘には、なるほどと思わされた。アイデア次第だなァ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
サイドビジネス、いわゆる「週末起業」に興味のある人にピッタリの本です。
スモールビジネスに成功した6つの事例とノウハウについて、起業家へのインタビューを中心にわかりやすく丁寧に書かれています。プロのライターが書いた本なので構成がわかりやすくポイントを押さえてあり、テンポよく読み進めることができます。
最初の事例、インターネットビジネスの成功例で、「要は、勝てる市場を探せばいいんです」
とありますが、これなどはビジネス書には必ず書いてあることですよね。
でも実際にやってみた人の体験談となると、リアリティが全く違います。
どうやって彼らは自動的な収入への道を築いたのか、そのプロセスをたった1000円ほどで知ることができる、これほどお買い得な本も珍しいでしょう。
「金持ち父さん」などのシリーズが好きな人は間違いなく買いだと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とにかく興味をそそられるタイトルだ。

我々のような起業家が常々思っていることを話し言葉でダイレクトに伝えている。
まさに感情に希求するタイトルと言える。
そのタイトルで、著者がコピーライティングの素養のある人たちだな、ってのが分かる。

内容は、しかし、登場する「起業家」達の宣伝に終始している感が否めない。
なぜ「仕組み」だ、と思ったのか?
なぜ「仕組み」がなければいけないのか?
そうやって作られた「仕組み」がこれからもビジネスの屋台骨を支えるに足るものか?

これらの事が今一つ伝わってこない。
コンセプトはいいのだから、もう少し突っ込んだ、性格の悪い著者になって、
第二弾を書いたらどうだろうか?

その時には、沈没している方もいるかもしれないから(失礼!)、そこを突っ込んだら
面白い本になりそうだ。

どうでしょう?
その第二弾、私は買います!(きっぱり)
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー