日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

結婚相手は抽選で(FOD)

シーズン1
少子高齢化への歯止めがかからない日本。政府はついに、苦肉の策に出る。「抽選見合い結婚法」を制定。そう、まさに“結婚相手は抽選で”。ひとつの法律をキッカケに、振り回されていく人々、そして日本という国。直面する問題を乗り越えながら、それぞれが導き出す“答え”とは。『もしもの世界』が生んだ『現代のリアリティー』 (C)垣谷美雨/双葉社(C)東海テレビ/共同テレビ
オーディオ言語
日本語
このビデオは、現在、
お住まいの地域では視聴できません
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

  1. 1. #1 抽選見合い結婚法、施行!
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2018/10/06
    44分
    すべて
    コンピューターソフト会社に務める宮坂龍彦(野村周平)は、オタクで過度の潔癖症、さらに内気で、女性と会話もまともにできず全くモテない。そんな折、内閣府特命担当大臣 抽選見合い結婚法担当の責任者・小野寺友紀子(若村麻由美)から、「抽選見合い結婚法案」が発表される。それは、25歳から39歳までの各自治体内の男女を全く無作為に抽選で組み合わせてお見合いをさせるという前代未聞の法案だった・・・・・・。 (C)垣谷美雨/双葉社(C)東海テレビ/共同テレビ
  2. 2. #2 結婚の条件
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2018/10/14
    44分
    すべて
    「抽選見合い」の提出書類を前に龍彦(野村周平)は、"見合い相手に対して一つだけ、希望条件の記入ができる"という項目に何を書くべきか悩んでいた。そして迎えた最初の見合い相手には、"オタク"であることを悟られ、話をしてもいないのに"性格の不一致"と断られ落ち込む。さらに2人目のお見合い相手、デブでお世辞にも見た目が良いとは言えない不動怜子(富山えり子)にも断られた龍彦は、思い切って本人から拒否理由を聞いてみると、意外な答えが・・・。 (C)垣谷美雨/双葉社(C)東海テレビ/共同テレビ
  3. 3. #3 抽選見合い結婚法の被害者たち
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2018/10/20
    44分
    すべて
    2度のお見合いを経験した龍彦(野村周平)は、『抽選見合い結婚法に思うこと』というタイトルでブログを書いていた。その龍彦のブログに、フリージャーナリストのひかり(大西礼芳)からメッセージが届く。一方、奈々(高梨臨)や、好美(佐津川愛美)もお見合いで出逢った男性と食事に行くものの、しっくり行かない。そして龍彦は3度目のお見合い相手、花村早苗(平岩紙)と会い、いいムードに。今度こそと思いきや・・・。 (C)垣谷美雨/双葉社(C)東海テレビ/共同テレビ
  4. 4. #4 潔癖症になった理由
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2018/10/27
    44分
    すべて
    4度目のお見合い相手にも潔癖症を理由に即断られた龍彦(野村周平)。その夜、友人の北風(松本享恭)が言った、"抽選見合い結婚法の被害者たち"のブログの感想を励みに、潔癖症の原因となった中学時代の出来事をブログに綴り始める。一方、奈々(高梨臨)は、一か八かで嵐望(大谷亮平)に連絡、「私と結婚してください」と告白したが・・・・・・。 (C)垣谷美雨/双葉社(C)東海テレビ/共同テレビ
  5. 5. #5 気になる二人
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2018/11/03
    44分
    すべて
    龍彦(野村周平)の5度目のお見合いの相手は奈々(高梨臨)だった。すでに2回お見合いを断り、テロ対策活動後方支援隊行きにリーチの奈々は、龍彦から見合いを断ってもらうように仕向けるが失敗。自ら次も会う約束をしてしまう。そんな奈々を前に、龍彦は恋愛とはどこか違う気持ちのように思うものの、彼女の事が気になっていくのだった。そんな中、3回目のお見合いを終え、心身共に限界を感じた北風(松本享恭)は龍彦にある告白をする。 (C)垣谷美雨/双葉社(C)東海テレビ/共同テレビ
  6. 6. #6 法律に反抗開始!
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2018/11/10
    44分
    すべて
    友人の北風(松本享恭)からゲイであることを打ち明けられた龍彦(野村周平)は、LGBTについて真剣に調べていた。それは、「抽選見合い結婚法」での被害者をこれ以上増やさないよう、「抽選見合い結婚法 改定案 上申書」を作成するためだった。さらに龍彦はフリージャーナリストのひかり(大西礼芳)に会い協力を得る。ひかりのある行動で龍彦の熱意は次第に具体化していく。 (C)垣谷美雨/双葉社(C)東海テレビ/共同テレビ
  7. 7. #7 レジスタンス、始動!
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2018/11/17
    44分
    すべて
    奈々(高梨臨)との見合いを断った龍彦(野村周平)は、ひかり(大西礼芳)から、上申書を小野寺大臣(若村麻由美)宛に提出したというメールを受け、「抽選見合い結婚法」改正に真剣に取り組む気持ちに切り替えていた。そして新たな情報交換の場として、【抽選見合い結婚法目安箱】のSNSアカウントを起ち上げた。そのSNSは、次第に世間で反響を呼んでいった。一方、好美(佐津川愛美)は、嵐望(大谷亮平)から「大事な話がある」と切りだされ・・・。 (C)垣谷美雨/双葉社(C)東海テレビ/共同テレビ
  8. 8. #8 それぞれのレジスタンス
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2018/11/24
    44分
    すべて
    「抽選見合い結婚法」の施行から1年あまりが経過し、龍彦(野村周平)たち活動団体「ASBE」は世間から注目されていた。そんな折、奈々(高梨臨)と再会した龍彦。お互いの近況を話す中、奈々は集会で壇上に立ち自己主張をしない龍彦を、「ヒーロー気取りの似非ヒーロー」とわざと突き放す態度を取るが、2人は決別してしまい・・・。 (C)垣谷美雨/双葉社(C)東海テレビ/共同テレビ

詳細

プロデューサー
栗原美和子
シーズンイヤー
2018
提供
フジテレビジョン
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません