この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 443 (55%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 356
Kindle版
¥ 799
ペーパーバック新書の価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 443 (55%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
結婚と家族のこれから 共働き社会の限界 (光文社新... がカートに入りました
+ ¥300 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※数ページに折れ、小口数ページに薄汚れがございます。※ご注文の際は再度送り先のご住所(マンション・アパート名・部屋番号等)ご確認お願い致します。Amazonの商品コンディションガイドラインに基づき出品していますのでAmazon商品ガイドラインを必ず御確認宜しくお願い致します。中古品の為、折れ目、シミ、まれに書き込み等ある場合がございます。(万一の見落としはご容赦下さい)出荷は御注文日の当日or翌日出荷を目指しています。商品は日本郵便にて発送しますので、追跡番号はございません。出荷日から1日~4日以内にポスト投函されます。遅延にて若干遅れる事もございますのでご了承お願い致します。経年劣化商品は全体的にヤケがある場合がございますが本編には問題ありません。ISBNナンバーで管理している為ごくまれに出版社が一緒でも表紙画像と異なる場合がございます。※ご了承の上ご注文宜しくお願い申し上げます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


結婚と家族のこれから 共働き社会の限界 (光文社新書) 新書 – 2016/6/16

5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 799
¥ 799 ¥ 145

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 結婚と家族のこれから 共働き社会の限界 (光文社新書)
  • +
  • 仕事と家族 - 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか (中公新書)
  • +
  • 働く女子の運命 ((文春新書))
総額: ¥2,483
ポイントの合計: 39pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介


私たちは、いつから「夫・妻・子」のかたちに
これほど依存するようになったのか。
結婚すること、家族を持つことが万人に難しい時代、
社会学の視点から、岐路に立つ現代社会を分析。

◎ 内容紹介
現在の私たちは、「男性は仕事、女性は家庭」という
近代以降に形作られた性別分業体制を脱し、「共働き社会」に移行しつつある。
しかし、この共働き社会では、結婚しない(できない)人の増加、
子どもを作る人の減少といった、「家族からの撤退」をも生じさせた。
結婚と家族はこれからどうなっていくのか――。
本書では、男性中心の家制度、近代化と家の衰退、
ジェンダー家族――男女ペアの家族――の誕生など、
「家」の成立過程と歩みを振り返りながら、
経済、雇用、家事・育児、人口の高齢化、世帯所得格差といった
現代の諸問題を社会学の視点で分析し、
<結婚と家族のみらいのかたち>について考察する。

◎ 目次
はじめに
【第一章】家族はどこからきたか
【第二章】家族はいまどこにいるか
【第三章】「家事分担」はもう古い?
【第四章】「男女平等家族」がもたらすもの
【第五章】「家族」のみらいのかたち
あとがき

◎ 著者プロフィール
筒井淳也(つついじゅんや)
1970年福岡県生まれ。一橋大学社会学部卒業。
同大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)。
現在、立命館大学産業社会学部教授。専門は家族社会学・計量社会学。
著書に『制度と再帰性の社会学』(ハーベスト社)、
『親密性の社会学』(世界思想社)、『仕事と家族』(中公新書)などがある。

内容(「BOOK」データベースより)

現在の私たちは、「男性は仕事、女性は家庭」という近代以降に形作られた性別分業体制を脱し、「共働き社会」に移行しつつある。しかし、この共働き社会では、結婚しない(できない)人の増加、子どもを作る人の減少といった、「家族からの撤退」をも生じさせた。結婚と家族はこれからどうなっていくのか―。本書では、男性中心の家制度、近代化と家の衰退、ジェンダー家族―男女ペアの家族―の誕生など、「家」の成立過程と歩みを振り返りながら、経済、雇用、家事・育児、人口の高齢化、世帯所得格差といった現代の諸問題を社会学の視点で分析し、“結婚と家族のみらいのかたち”について考察する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 260ページ
  • 出版社: 光文社 (2016/6/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334039278
  • ISBN-13: 978-4334039271
  • 発売日: 2016/6/16
  • 梱包サイズ: 17.4 x 10.6 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 26,362位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

14件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.6

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

14件中1 - 8件目のレビューを表示

ベスト1000レビュアー
2018年3月31日
形式: 新書Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年4月23日
形式: 新書Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2018年7月12日
形式: 新書
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2016年6月28日
形式: 新書
87人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2016年9月16日
形式: 新書Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年2月4日
形式: Kindle版
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2016年6月18日
形式: 新書Amazonで購入
90人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年8月6日
形式: 新書Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告