日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

結城友奈は勇者である -大満開の章-

シーズン1
 (39)
2021NR
神世紀300年。突如日常を失い、人類の存亡をかけて異形の敵・バーテックスと闘うことになった讃州中学勇者部の結城友奈らの日々を描いたテレビアニメ第1期「結城友奈は勇者である」。続く第2期「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-」では、その2年前に闘った勇者・鷲尾須美らの物語と、世界の秘密が明かされ、友奈たちは再び困難に挑んでゆく。死闘の末、ついに日常を取り戻した少女たち--。そして、「結城友奈は勇者である -大満開の章-」。これは、これまでの、これからの物語。 ©2021 Project 2H
出演
照井春佳三森すずこ内山夕実
ジャンル
アニメ
オーディオ言語
日本語
エピソードのレンタルには、このビデオの視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの3日が含まれます。

プライムで¥0で視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『バチェラー・ジャパン』シーズン4独占配信中

あの『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1に参加した黄皓(こうこう)が、4代目バチェラーとして戻ってきた。シーズン4の波乱だらけ、予測不可能な旅を通して、バチェラー黄晧は真実の愛を見つけることができるのか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

  1. 1. 第1話 青春の喜び
    2021/10/02
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    少女たちの、かけがえのない日常がそこにある。 [SF/ファンタジー][アクション/バトル][ドラマ/青春]
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると3日でレンタルが終了します。
  2. 2. あなたに私のすべてを捧げます
    2021/10/08
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    少女たちの不思議な不思議な目的とは。©2021 Project 2H
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると3日でレンタルが終了します。
  3. 3. 小さな幸せ
    2021/10/15
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    懸命に前へ進む少女たちの絆が深まる。©2021 Project 2H
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると3日でレンタルが終了します。
  4. 4. 神託
    2021/10/22
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    それぞれが迎えた運命、そして。©2021 Project 2H
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると3日でレンタルが終了します。
  5. 5. 光輝を放つ
    2021/10/30
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    友奈たちは、必死で頑張る。©2021 Project 2H
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると3日でレンタルが終了します。
  6. 6. 私の不安をやわらげて
    2021/11/06
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    少女に溜められていく想い。©2021 Project 2H
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると3日でレンタルが終了します。
  7. 7. 君を忘れない
    2021/11/12
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    ある少女の告白。©2021 Project 2H
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると3日でレンタルが終了します。
  8. 8. 不変の誓い
    2021/11/20
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    バトンは受け継がれていく。©2021 Project 2H
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると3日でレンタルが終了します。
  9. 9. 真の友情
    2021/11/26
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    二人の少女が巡り会う。©2021 Project 2H
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると3日でレンタルが終了します。
  10. 10. 逆境で生まれる力
    2021/12/03
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    少女たちは、咲き誇る。©2021 Project 2H
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると3日でレンタルが終了します。

詳細

監督
岸誠二
出演
黒沢ともよ長妻樹里花澤香菜
シーズンイヤー
2021
コンテンツ警告
肌の露出暴力
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち3.6

39件のグローバルレーティング

  1. 42%のレビュー結果:星5つ
  2. 22%のレビュー結果:星4つ
  3. 8%のレビュー結果:星3つ
  4. 13%のレビュー結果:星2つ
  5. 15%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

TO.T2021/10/23に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
訳知り顔でパクリ指摘をするレビューの先入観に惑わされる必要なし
本作は結城友奈は勇者であるアニメシリーズの3期目となります。
世界観や用語について語られないので、いきなりこれだけ見始めてもあまり楽しめません。
時系列的には、2期前半→1期→2期後半→本作、という感じ。
はじめ話が良くわからなくても頭の中でストーリーを整理できる普通の人なら1-2で観て問題ありません。
読解や頭の整理ができない人は時系列で観たほうがいいかも。

2期での戦いの後、勇者として敵と戦う『お役目』から解放された勇者部の日常から話は始まります。
平和が戻った後の世界の日常系でしかないように始まって、その裏で実際は‥‥という。彼らとは別軸で、かつての勇者候補たちが再招集される話が展開します。。
大きな敵を勇者たちが前作で倒した後、人類圏回復のために外界へ派遣されることになった元勇者候補たち、彼らに支給されたのは勇者の装備した強力な専用装備ではなく、神樹の力をバカスカ使えるわけではない量産型端末。火力も控えめ、飛行時間にすら制限がある。外界での移動は足の遅い浮遊船で行い、神樹の苗を植えて橋頭保を築く。そんな中でもう現れないはずの不完全なバーテックスと遭遇して‥‥

展開としてはいつもの「わざと上げてから落として引き付ける」ような感じですが、十分面白い作品になりそうです。
この作品については、1期のころから「まどマギのパクリ」という指摘が執拗にされています。1期からもう7年くらい経つんですけどね。必死でヒマな人たちがいるんだなぁという感想です。類似点をあげつらうとあるのでしょうが、その手の話を訳知り顔で得意気に語りながら物を見るのが本当に頭のいい人の行いとは思えませんね。知らないだけで、ベースや展開が似ている現代の作品はたくさんあるんです。映画「マトリックス」を観て、『予言にあった救世主が真実に目覚め、敵に一度破れ命を落とすが、奇跡的に復活しさらに強大な力を得て敵を打ち倒す、というのは聖書のプロット丸パクりだ』って言いますか?
ガッツの隣にいる妖精のパックを見て『シェイクスピアのパクりキャラ』って叩くの?
その手の恥ずかしいレビューは無視して、普通に観て楽しみましょう。
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
平田かりん2021/10/23に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
最高のファンサービス
4話まで視聴してこれは最高のファンサービスだと確信しました。
2期も「ファンが見たいもの見せましょう」精神で作られた傑作だったのに、さらにその上を行く最高傑作を目の当たりにしようとしているライブ感に喜びと興奮を隠せないでいます。
これからが本番だと思いますが、とりあえず今の気持ちを記しておきます。

11/21追記
8話まで観た感想です。
のわゆ編!激アツ!涙!感動!初代勇者はかくも過酷で激動の時代を生きていたのかと改めて痛感させられました。
神世紀300年の勇者システムも幾星霜もの年月をかけて研究改良を重ねられたものでした。
また、作品の雰囲気は日本の戦時中の閉塞感、恐怖感、絶望感そのままです。
学徒動員、勝機が見えないまま戦うしか選択肢のない状況、それでも未来にバトンを託すため血反吐を吐きながら藻掻き贖う勇者達。
今を生きている私達はご先祖様に感謝しかありません。
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
フラム/Flamme【物語る工房】2021/10/01に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
今度は、どんな鬱展開が待っているんだよっ!
前作のエピローグ的なエピソードから始まる本作。

戦いの運命から過ごせなかった青春を取り戻そうと、充実した青春を謳歌する勇者部の面々。
バンド、カラオケ、サバゲ―、キャンプ、海辺での記念写真、勇者部の活動。
取り戻した新しい日常シーンは、これまでの凄惨な戦いを知っていればずっと続いて欲しいが、新シリーズが始まったと言う事は、そんなわけも無く……

不穏な空気が漂う1話は、真章の幕開けと前章からの繋ぎと考えれば満点。

個人的に、特に三ノ輪銀がキャラとして好きだったから、鷲尾須美と乃木園子が「3人でチームだった」と銀を想うシーンは嬉しくも切なかった。

最低でもアニメシリーズを全部見ている事を前提とした、まんま続きです。
シリーズファンとしては、とても楽しみ。

●追記

2話を視聴。
「壁外調査」なんて進撃テイストな事して、無事に帰れるなんて事が万に一つでもあるの?
って思いながらビクビクしてる。

●追記2

4話まで視聴。
壁外の回想が終わり、ようやく勇者部に話が戻ってきたが、状況の変化が軽く、早すぎて戸惑う。
普通だと最終話まで使って辿り着きそうな状況にあっさり到達。
あの人再登場の演出は良かったけど、もっとクライマックスで出て欲しかったのが正直な所。

物語としてショートカットしてまで先に進むからには、この先、どんな展開が待っているのか。

●追記3
郡ちゃん……
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
なつ2021/10/08に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
安易な方向へ
安全策をとったとも言えるのでしょうが、
一期のような日常のキャラクター達の緊迫感の無さと、世界観の絶望感の落差はありません。

そこが最大の魅力だったと思うのですが、
ただ萌を全面に押し出した美少女アニメと化しています。

人気作になってしまうと冒険が出来なくなるのは分りますが、
でもトップがそういう及び腰だとその業界の未来は暗くなりそうです。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
通りすがり2021/10/07に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
タカヒロ出社しないで(懇願)
ついに始まってしまった大満開の章。もうゆゆゆの日常パート見るだけでも辛いです。こんなに幸せにしてたのに急にああいうことなるんやろ・・・?と胃がキリキリしていました。
そして今回は外伝の楠芽吹が主役である物語だと言うことらしく、早くも胃が潰れそうです。時系列的には勇者の章の前からその裏での話ということなのでまぁ、地獄しかないわけです。タカヒロしかいねぇ!

でも本当に面白い内容だったのでアニメになってくれて本当に嬉しかったです。ゆゆゆは続いてどこまでも、と本気で願います。・・・願って良いのかな?
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ぬるぽん2021/10/03に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
わたし達の胃は、三度散華する
本音を言うと、大満開の章の制作が発表されたときは悲嘆に暮れました。
また誰かの悲壮な表情を画面越しに見守るしかできないことになるのか、と。

いよいよ始まってしまいました。腹をくくりましょう。
プラネタリウム、懐かしいね……

あとわっしーが相変わらずわっしーで安心しました。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
くまぷう2021/11/14に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
七話の考察
ちょうどテレビで七話が放送されたころ、話題になっていることは日本ハムの新庄ビッグボス。小室圭さんが髪を長くしたたけで、あれほどマスコミや世間の一部は批判的だったのに、新庄ビッグボスは何をしても大絶賛を浴びている。新庄さんはいい人だと思うけれど、一体新庄さんと小室圭さんへのこの世間の態度の違いは何だと思ってしまう。そしてその答えをこのアニメが教えてくれた。二人の差は人気という、よくわからない世間の気分のせいだ。小泉純一郎が痛みに耐えろとか、自己責任とか成果を上げた人を評価しようとか言って、そういう価値観が広まったが、二十年経ってその結果、この社会は人気(好き嫌い、感情)という曖昧な価値観で人が評価されたり裁かれたりする社会になったのではないか、そう疑っている人は多いのではないか。
若葉は世間から評価されたが千景はそうではない、同じように命をかけて戦っているのに、確かに若葉は精神力が強いのかもしれないけれど、二人の評価の差は本当に世の中の気分、それだけだと思う。人気という曖昧な尺度で人の運命が別れる、そりゃあネットで誹謗中傷が流行るのも仕方がない、実力とか実績、人間性とかで評価されているようで実は違うのだから、千景というキャラは一昔前ならここまで共感されなかったと思う。もちろん若葉は悪くないけど世渡りがうまいと感じる視聴者は結構いるかもしれない。最後の若葉のスピーチが感動的なのは、自分の思っていることをまっすぐに伝えたからだと思う。結局セカイ系作品はいろいろと解釈されてきたが、小室圭さんや真子様みたいに自分の好きなように生きられない若者が世界の隅に追いやられるという物語だったのではないか。千景が実は若葉のことが好きだったのかもしれないと言って息をひきとったけど、あれは若葉のようになりたかったということだったと思う。だけど千景がどんなに頑張っても、それは世間の空気次第、それが現実の日本社会に当てはまるのかはわからない。でもここまで共感できたキャラは最近では千景がダントツだった。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
フリッカー2021/11/28に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
尺が短すぎるのが唯一にして致命的な欠点。あまりにももったいない…
「滅茶苦茶いい材料を揃えたのに、いざ料理を作ったら材料の3分の2を捨てていた」って感じの内容。
『楠芽吹は勇者である』(以下くめゆ)と『乃木若葉は勇者である』(以下のわゆ)のアニメ化が取り入れられたこの『大満開の章』。2作のアニメ化は多くのファンが期待していたものであり、自分もまたその1人でした。
しかし、蓋を開けてみれば両作共ダイジェスト。そのせいで、一部の主要キャラクターは折角の魅力を掘り下げられず「その他大勢」に成り下がったまま退場し、のわゆ編に至っては「起承転結」の「転」から始まるという一見さんお断りな事態に。
特に、あるキャラクターが原作にはあった仲間達とぶつかり合いながらも絆を深めていく経緯をすっ飛ばして「仲間だから助けるのは当然」という趣旨の事を言った様がすごく安っぽく感じて、一気に萎えてしまいました。

とにかく尺が圧倒的に足りない。原作の容量的に1クールで収まる内容ではない。くめゆとのわゆの魅力を活かすには、最低でも2クールは必要だった。
無理矢理1クールに収めたせいで内容が中途半端になり、くめゆとのわゆの魅力を活かしきれていない。二兎を追う者は一兎をも得ず。
「『楠芽吹の章』や『乃木若葉の章』じゃないから仕方がない」という声もあるが、それだけで納得できるものではない。
映像のクオリティ自体は2期までのよさそのままで、原作にはない新解釈や個々のシーンにはいいものも多かっただけに、尺の短さで大損しているのはあまりにももったいない。
なぜ1クールで行けると思ったのか?1クールしか確保できなかったのなら無理に2作共ねじ込まないでどちらかを妥協し片方だけに専念した方がよかったのでは?とさえ思ってしまいます…本当にもったいない…
1期の勇者部メンバーの新たな活躍が見られるのが、せめてもの救いか。

くめゆやのわゆ目当てなら、おとなしく原作を読んだ方がいいです。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示