中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

経済物理学の発見 (光文社新書) 新書 – 2004/9/18

5つ星のうち 4.0 34件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

最新物理学が経済学の常識を、根本から覆す!

経済物理学はカオスやフラクタルといった物理学の手法と概念を利用して、データーに基づいて実証的に現実の経済現象に立ち向かう、まったく新しい科学の分野である。まだ誕生して10年にも満たないほどの若い研究分野だがこれまでの経済学の常識を覆す発見や、斬新なアイディアが次から次へと報告されている。複雑で不安定なお金の世界にも、ものの世界と同じような自然法則が成立している。エコノフィジックスという手法に基づきこれから進むべき未来のお金の世界を探求する。

著者は1958年千葉県生まれ。85年名古屋大学大学院理学研究科修了。理学博士。神戸大学理学部地球科学科助手・助教授を経て、1993年東北大学大学院情報科学研究科教授に就任。1997年より㈱ソニーコンピューターサイエンス研究所シニアリサーチャー。専門は、フラクタル理論、統計物理学、エコノフィジックス。著書に『フラクタル』(朝倉書店)、『経済・情報・生命の臨界ゆらぎ』(共著、ダイヤモンド社)、『エコノフィジックス-市場に潜む物理法則』(共著、日本経済新聞社)などがある。

内容(「BOOK」データベースより)

混迷を極める世界の中で、私たちはどこへ進んでいくのか。経済物理学はカオスやフラクタルといった物理学の手法と概念を活用して、データに基づいて実証的に現実の経済現象に立ち向かう、まったく新しい科学の分野である。まだ誕生して10年にも満たないほどの若い研究分野だが、これまでの経済学の常識を覆す発見や斬新なアイディアが次から次へと報告されている。複雑で不安定なお金の世界にも、ものの世界と同じような自然法則が成立している。―エコノフィジックスという新しい地図を手に入れ、これから進むべき未来のお金の世界をいっしょに探検してみよう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 278ページ
  • 出版社: 光文社 (2004/9/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334032672
  • ISBN-13: 978-4334032678
  • 発売日: 2004/9/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 235,456位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
カオス・フラクタル・くりこみなど物理学における研究成果を経済学に応用する新しい学際的分野の入門書。基本的な物理学および経済学用語の解説も丁寧で、予備知識が無くても読みやすい内容となっている。

より専門的な内容を求める読者は、少し古いが(2001年出版)高安氏が共著の「エコノフィジックスー市場に潜む物理法則」が適当か。

本書は他でも指摘されているとおり、この研究分野を網羅的に扱っていて、内容は多岐にわたる。外国為替取引の市場特性や日本の税制あるいは企業の為替リスクへの提言など、従来の経済学とは異なる視点から論じている。税制の提言について著者の視点は斬新。ただしナイーブで同意できないものの面白い。

個人的には第3章・4章で扱う金融市場の特性に関する研究に興味があり、本書を購入した。市場が暴騰・暴落する仕組み、価格変動が正規分布しないなどの分析は資産運用を考える場合に有効だと思う。本書でも紹介されているMandelbrotが最近出版した"The (mis)Behavior of Markets"はこのテーマに絞って論じている。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
従来の経済学ではできなかった「現実をありのままに記述できる」経済学が経済物理学ということで徐々に注目を集めている。
本書はその入門書として最適…では全然ない残念ながら。

経済物理学という学問には可能性を感じるが、結局取り扱う人間が愚かであれば何の役にも立たないということが本書を読んで分かります。

著者はインフレに対して否定的で「一度起こりだすと止めることは非常に困難」、「国が崩壊してしまうこともある」、「通貨価値が下落するということは、誠実に生きてきた人を裏切る」と述べているが、その舌の根も乾かぬうちに『土地の相続税は低く、金融商品の相続税は高くすべきだ』という無茶苦茶な提言をしているのに閉口してしまい読む気が失せてしまいました。
バブル期に日本は実質的に成長しておらず、地価の上昇が物価の上昇(インフレ)を招いていたということを本書の中で指摘しているのにもかかわらずです。
もし相続税を土地には低く、株や預貯金には高くすれば、富裕層でなくとも土地を買いたいという衝動に駆られるのではないでしょうか。
市場に一気に資金が流入すれば投機を生みバブルが生まれるということをこの著者は知らないのでしょうか。

全体的には、外国為替市場について述べているだけならよかったのですが、後半につれて上記
...続きを読む ›
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
御夫婦共著の前作「エコノフィジックス」(日経)に比べるとだいぶこなれてきたという印象です.臨界現象,くりこみ,フラクタルなど,統計物理学のツールを経済現象の生のデータに適用して解釈するとどのような視界が開けてくるのか,著者自身の研究遍歴をなぞるように記述が進むところがとても読みやすいです.
研究成果は,完成された体系をトップダウンに教えられるよりは,研究者たちの探検の足跡をたどりながら理解していくほうがよほど理解しやすいし,将来の見通しもつけやすいものです.
後半の6,7,8章はまだまだ荒削りだったり,従来の経済学でも言われていることへの引用や言及が無いなど,まだこなれ方が足りません.特にバスケット通貨や相続税などは,相当周到なチーム研究とゲーム理論などからの反対仮説の検証が必須でしょう.
さて,正規分布を盲信し,観測データに基づく検証をサボってきた現代経済学(だからそもそも科学とは言えない)と金融工学ですが,そろそろ経済物理学の成果を取り入れた金融商品が生まれてきても良さそうなものと考えるのは私だけではないでしょう.特にオプション.べき分布オプションをどこかの投資会社が売り出してくれないものでしょうか?リアルオプションの価値評価もガラリと変わるはずですし.
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
近年、特に市場分析の方法論として注目が高まっている経済物理学の啓蒙書。経済学や物理学の基礎知識が殆どなくても理解できるように、親切に大変読みやすくまとめられています。しかし、経済理論をよく知らない者には何が新しいのかがわからず、多少経済理論の知識がある者には若干もの足りない感も否めません。
様々な経済現象がフラクタル現象として捉えられ、統計的に正規分布ではなく、ベキ分布を示すという点が一つの中心論点ですが、それが単に現象として見られるということに留まらず、経済理論をどのように書き換えることになるのかなどの点について、具体的に言及してあればより面白い読み物になったのではないかと思われます。
また、6・7章の通貨に関する記述内容は経済物理学的アプローチからのみ得られる含意というわけでもなく、若干冗長な印象を受けました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー