¥ 1,296
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
経済数学の直観的方法 マクロ経済学編 (ブルーバッ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

経済数学の直観的方法 マクロ経済学編 (ブルーバックス) 新書 – 2016/9/15

5つ星のうち 3.7 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1,196

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 経済数学の直観的方法 マクロ経済学編 (ブルーバックス)
  • +
  • 経済数学の直観的方法 確率・統計編 (ブルーバックス)
  • +
  • 物理数学の直観的方法―理工系で学ぶ数学「難所突破」の特効薬〈普及版〉 (ブルーバックス)
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 112pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

理系学生伝説の参考書『物理数学の直観的方法』の著者による、画期的な経済数学の入門書。

現代の経済学は、物理学に基づく高度な数学を取り入れているため、難解なイメージがあります。本書では、理系と文系の中央位置から、双方を視野に入れる独自のアプローチを取っているため、直観的な理解の道を拓くことができます。

経済数学の二大難解理論である「動学的マクロ均衡理論」「ブラック・ショールズ理論」。この2つの理論の頂上部分を直観的に理解することで、今まで難物だった他のこまごまとした数学技法を、ちょうど一番高い2つの山からそれより低い山を見下ろす要領で、精神的に呑んでかかって楽に理解できるようにします。

本書「マクロ経済学編」では、二大難解理論の一方で、経済学の最重要理論である「動学的マクロ均衡理論」を一気に理解することを可能にします。

本書では、専門課程の学生のための本格的な数学的部分を後半部分に集中させることで、前半部分は一般読者でも読めるように工夫されています。そのため経済学部の学生が本書を数学の難所突破の特効薬として使うのはもちろん、一般読者の方々も、本書を数少ないこれらの一般向けの解説書として使うこともできます。

内容(「BOOK」データベースより)

現代の経済学は、物理学に基づく高度な数学を取り入れているため、難解なイメージがありますが、理系と文系の狭間を突くアプローチで直観的な理解の道が拓けてきます。本書では、「マクロ経済学編」として、最重要理論「動的マクロ均衡理論」を一気に理解することを可能にします。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 320ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/9/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062579847
  • ISBN-13: 978-4062579841
  • 発売日: 2016/9/15
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,654位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
制御理論を学んだ、いわゆる理系ですが、”発想・思想・要点をしぼった簡潔な説明、すべてが大変すばらしい”というのが第一の感想です。
制御理論の理解という点でも肝をついた説明で感心しましたが、なによりも後半の成長経済思想の背景にあるラグランジュアン理論と持続経済思想の背景にできるハミルトン理論のポイントは目からうろこです。(ここの意味がわかりにくい方は是非、本書の一読をお勧めします)
ひょっとすると経済の専門家からは細部について指摘があるかもしれませんが、この本の意義に対しては、そのようなことの批判はまとはずれです。
最新経済学をわかりやすく説明せず、一般人には知らしむべからず・ありがたがらせる、あるいは、自分は高度な理論を知っているというたぐいのことを
ひけらかす学者(?)の方はいないでしょうか。そのような姿勢と対極にある本書の著者に感謝します。
1 コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
仕事の必要上経済学を勉強してきて、この著者は本書で初めて知った。
面白い本である。経済学者の書く本とは趣きが異なる。
経済学にとって数学は道具であり、こういう手法があってこう解くといった勉強をする訳で、なぜその手法が生まれてきたか何も聞かされていない。この本では初めの方にそれらの手法が、まだ学問が現代のように分化していない時代に天文学のためこのように発展してきた等と説明してあり、経済に使われる数学の歴史的思想的経緯が書いてある。その辺は新鮮であり面白い。ただいずれにしても広い意味での物理の例であり、その専門家にとっては直感的に分かりやすいかもしれないが、経済学を専ら勉強してきた者にとってはどうだろうか。
序文にも書いてあるように本著は理系読者に経済学や使われている手法の解説をするといった側面がある。むしろそちらの方が主か。そのため乗数理論やISLM等と入門的事項まで書いてあり経済学徒にとって今更感がある。著名には「物理学徒のための」を付けた方が相応しいし、他に著名の候補として『経済数学の物理学的解釈』とか『物理屋、経済数学を斬る!』とかはどうだろう。
ともかく著者は理系の人らしく自らが理系であることを強烈に意識しており、文系理系の対比がむやみに出てくる。理系の人はコリン・ウィルソンのいうアウトサイダーなのだろう。
マクロ経済学の歴史
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
経済学出身者です。
面白いですが、ちょこちょこ間違いがありません?
フェルマーの反射の式とか、RBCの余暇と経済成長の式解釈のところ。
惜しい。
こういうほぼ純粋に数式処理手順と、ちょこっとだけの理屈説明で、小難しくせずにサクサク見通しつけるアプローチが新鮮です。
変分法や最大値原理は、わたしは工学向けの本を読んでようやくわかった気になった記憶がありますし、解析力学がもともとだろうなとは気づいてはいましたが、物理の人はこう見るのかと、面白く読みました。
正誤表と電子版は修正版の配信と、確率の続編を待ってま〜す
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
同著者の前著「物理数学の直観的方法」もまたそうであったように、理論俯瞰のための手ごろな入門ガイド書。
筆者もこれ一冊で、「動学的一般均衡理論」を完璧に習得できるとは思っていまい。
数学の習得には必ず手を使って式を追わねばならず、また本書では省略されている数学的技術もいくつかあるからだ。
ただ事前に理論の大枠をイメージを持って直観的に理解しておくことは、その後の本格的な学習に極めて有効となる。
しかし、それにも関わらず、そうした目的の「良い意味で中途半端」な書籍は希である。
「物理数学・・・」が、長年にわたり有名大学の教授・学生などから評価が高いのも、こうした理由からであろう。
本書に対し、専門家の方からは一般的教科書に比べての網羅性・精緻性不足などが指摘される恐れもあるが、
そもそもブルーバックスは一般啓蒙書であり、今までに動学マクロの一般解説書がなかったことを考慮し、ひとまず高く評価したい。
前書きにあるように、現在の40代以上が学生時、これらの理論を学ぶ機会は一般にはなかったからである。
二神、林らの教科書に入る前の学部生や、ある程度標準的な初級マクロを既習の社会人が読むのが一番効果的と思われる。
個人的には、ハミルトニアンとラグラジアンの比較記述は、他の類書にない特に明快なもの
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック