通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
経済学は人びとを幸福にできるか がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【メール便にて、迅速に発送致します】表紙に多少のヨレがございます。しかし、ページ部分は全体的に使用感の少ない良好な状態です。中古品の為、検品には万全を期していますが、書き込みや付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、ご連絡はメールにてお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

経済学は人びとを幸福にできるか 単行本 – 2013/10/25

5つ星のうち 3.8 37件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 729
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 経済学は人びとを幸福にできるか
  • +
  • 社会的共通資本 (岩波新書)
  • +
  • 経済学の考え方 (岩波新書)
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 109pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2003年刊の底本『経済学と人間の心』(四六版上製)の新装版。
著者は市場メカニズムや効率性の重視に偏った考え方を批判し、人間の尊厳や自由を大切にした経済社会の構築を訴えてきました。
実際、2000年代後半のリーマン・ショックや世界経済危機を経て、「人間が中心の経済」という思想はますます輝きを増しています。同時に、幸福な経済社会を作るうえで、経済学がどのような役割を果たせるかという議論が巻き起こっています。
新装版では底本の構成をガラリと変え、未公開の講演録2本を追加しました。さらにジャーナリストの池上彰氏が「『人間のための経済学』を追究する学者・宇沢弘文」と題して、解説を加えています。
ノーベル経済学賞候補と言われた世界的な知の巨人・宇沢弘文氏が、温かい言葉でその思想を語った、珠玉のエッセイ集です。

著者について

宇沢 弘文(ウザワ ヒロフミ)
東京大学名誉教授。日本学士院会員。1928年生まれ。東京大学理学部数学科卒業、同大学院に進み、特別研究生。1956年スタンフォード大学に移り、同大学経済学部助教授、後にシカゴ大学教授。1969年東京大学経済学部教授。1997年文化勲章受章。成田空港問題、都市問題、地球温暖化問題にも取り組む。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 273ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2013/10/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492314423
  • ISBN-13: 978-4492314425
  • 発売日: 2013/10/25
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 93,008位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
社会を癒す医者となるために数学を捨てて経済学を求め、象牙の塔の名誉よりも実社会での働きに重きをおいた宇沢弘文の人と思想を知る絶好の一冊。経済学の専門用語を離れた社会批判には、経済学に心を求め続けた宇沢弘文の、深い悲しみがどこか漂う。ヴェトナム戦争に傷ついたアメリカの若者たちを回顧する第5章、若き友人たちを巻き込んだヴェトナム戦争、はそうした若者たちを救えなかった自分の無力さについての、懺悔のようでさえある。第6章、レオン・フェスティンガーを偲ぶ、で、語られる大江健三郎と安倍公房から受けた感動のことなとを読むと、そのような感受性で多くの傷を受けながら、現実社会の困難に立ち向かったその勇気の大きさを、あらためて思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
これほどの経済学者が日本にいたとは全く驚異です。ノーベル賞の候補にもなったと聞いていますが、まさに卓越した考え方をされています。社会的共通基盤という発想はこれからの日本を支える考え方になるでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
講演や著作からの引用が多いので、逸話などで重複がありますが、
宇垣弘文氏というかたの、お人柄を知る上では良い本と思います。

経済学のみにとどまらず、教育、環境、貧困など
幅広い分野について、氏の旺盛な研究の一端が伺えますが、
詳細は各書に譲るという感じです。

市場原理主義に対する反発
人の尊厳を重視するリベラリズム
社会共通資本の提案

パッと見で古臭いと断じてしまう人もいるでしょうが、
現代社会の様々な欠点と対策提案をしている点で、
稀有な研究といえるのではないでしょうか。

本だけ単品で見てしまうと、内容のわりに
お値段が高いかな?とは思います。
よって、星3つとしました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 他のいくつかの先著の引用でできているようで、読んだことのある文章が多かったです。更にこの本の中での重複もかなりあります。

小生の印象に残った点は以下です。
・東大駒場の1号館は、軍の師団司令部だった。
・東大駒場寮は、元一高の寮。一高は全寮制で、退寮は退学を意味した。リベラルの拠点として軍に潰されかけたが、教授たちが各寮に住み込む条件で、難を逃れた。ただし、最近、電気/ガスを停められたり、重機で壊されるなどして、廃寮になり、「ただきれいなだけ」の建物群に変わった。日本の"大学"は建物だけ。新しい建物には新しいアイデアは宿らない。
・ベルギーでは、フランス語とフレミッシュ語の争いで、欧州最古の大学の1つでもあるルーヴァン大の教授らが、新しい大学町を南部に創った。鉄道駅から町中に歩いて行け、ゾーンには分けず、道は自動車用にせず、多様性を重視した、大学と街とが一体となった、文化の街になった。日本は、同時代に周回遅れのル・コルビジェ型で筑波学園都市を作り、自動車無しには生活できない寒々とした失敗都市になった。
・丸山眞男氏は、大学紛争の際、リベラル・アーツの駒場(教養学部)を大学として残し、法学部/経済学部/工学部等は専門学校化し、後者の教授は教諭化することを提案した。しかし、この案は日の目をみず、その後は文部
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
経済についての専門的知識はまったくありません。
でも自分の住んでいる世界はその経済に依っているところが大きいと思う。
経済のことを専門のする人による新聞記事や、もしくは経済に関連するニュースを見ても
自分は蚊帳の外にいるような気がします。

だから専門に勉強している人たちにとっての感想とは違うものかもしれません。
私は、亡くなられた経済学の巨人とは、何を考えていた人だったのだろう・・・
と手に取りました。

平易な語り口のおかげで、お話に耳を傾けるような思いで読み進められました。
学のない者が今自分の置かれている社会システムを外側から見ようとしたら、
その方法とはさまざまな他者の視点を借りることだと思っているので、
広い視野を持った著者の、指針を立てる支えとなった複数の書物(古典)が紹介されていたことも、
嬉しいものでした。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー