この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

経済大国興亡史 1500-1990 <上> 単行本 – 2002/8/6

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 12,760 ¥ 379

この商品には新版があります:

click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

商品説明

   国際経済学・比較経済史の大家キンドルバーガーが、500年にわたる世界経済の歴史をひも解き、成長と衰退のメカニズムを解明した1冊。上巻では、ヴェネツィア、フィレンツェ、ジェノヴァなどのイタリア都市国家とポルトガル、スペイン、北ヨーロッパ、オランダ、フランスを、下巻では、イギリス、ドイツ、アメリカ、日本を深く掘り下げて論じている。

   本書のテーマは大きく分けて2つある。1つは、繁栄を極めた経済大国がなぜ衰退の道をたどるのかという点であり、もう1つは、その覇権がどのようにして移り変わるのかという点である。キンドルバーガーはこの大きなテーマに、理論やモデルに従って歴史の諸事実を比較考察する「比較経済史」の手法を用いて挑んでいる。緩やかな成長とスパート、成熟、減速、老化というパターンを示すS字曲線やフェルナン・ブローデルによる「中心化―脱中心化―最中心化」のモデルは、訳者に言わせると「まことに大づかみなモデル」であるが、読者が体系的に国の盛衰を理解する一助となっている。

   キンドルバーガーの論の進め方は慎重であり、繁栄・衰退の法則といった形で内容を無理にまとめようとはしていないため、体系的な記述を期待する読者にはややまだるっこしい感があるかもしれない。また、上巻で取り上げられている国々に関しては、資料が不十分なこともあり、議論が徹底しきれないという面も見られる。

   ただ、それでも中世以降の覇権国の興亡の歴史を検証した意義は大きい。また、個々の国の事情を深く掘り下げているため、かえって繁栄・衰退の複雑な要素を正確につかむことができるだろう。

   ポルトガル、スペイン、オランダ、イギリス、そしてアメリカ…。繁栄を極めた経済大国がなぜ衰退の道をたどるのか、アメリカの覇権は今後も続くのか。歴史を学ぶことで今後の世界経済の動向が見えてくるかもしれない。(土井英司)

内容紹介

繁栄を極めた経済大国がなぜ衰退の道を歩むのか-人間の一生に似て,国家にも生命力あふれた成長の時代もあれば,老化し衰退する時代もある.この視点から,国際経済学・比較経済史の大家が,経済的リーダーシップを持った大国,持とうとして果たせなかった国々の変遷を考察し,500年に亘る世界経済の歴史を描く.

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 246ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2002/8/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4000227289
  • ISBN-13: 978-4000227285
  • 発売日: 2002/8/6
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 525,926位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2016年4月12日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年1月14日
形式: 単行本
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。citizen 腕時計 メンズcitizen腕時計 メンズ