¥ 1,620
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
経済は地理から学べ! がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

経済は地理から学べ! 単行本(ソフトカバー) – 2017/2/17

5つ星のうち 3.8 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 2,285

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 経済は地理から学べ!
  • +
  • 経済は世界史から学べ!
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「土地と資源」の奪い合いから、経済が見える!
仕事に効く「教養としての地理」
「立地、資源、貿易、人口、文化」を知れば、世界はこんなに面白い!


◎トランプ大統領のTPP離脱を読むカギは“国境"
◎日本経済を秘かに支える“水の力"とは?
◎EU経済の急所は“2つの河"にあり

地理とは、地形や気候といった自然環境を
学ぶだけの学問ではありません。

農業や工業、貿易、流通、人口、宗教、言語にいたるまで、
現代世界の「ありとあらゆる分野」を学ぶ学問なのです。

地理という“レンズ"を通せば、
ダイナミックな経済の動きを、手に取るように理解できます。

本書は「立地・資源・貿易・人口・文化」という切り口から、
"今"と"未来"をつかむ視点を提供するものです。

★人に話したくなる「知識人としての教養」

「地理」は英語で「Geography」です。これはラテン語の
「Geo(地域)」と「Graphia(描く)」からなる合成語と
いわれています。

現代においては、写真を1枚撮るだけで、自然はもちろんのこと、
そこで暮らす人々の衣食住、土地利用など、実にさまざまな情報が
写し出されます。

しかし、カメラが存在していなかった時代は、
これらの情報をすべて描き出していたのです。

「Geo(地域)」を「Graphia(描く)」。
これが地理の本質なのです。


地理とは、表面的な事実の羅列ではありません。
「地域」に展開するさまざまな情報を集め、分析し、
その独自性を解明するものです。

だからこそ、そこには「理(ことわり)」があります。
地理とは「地球上の理」なのです。

★「土地と資源」の奪い合いから、経済が見える!

著者は、「代ゼミの地理の顔」といわれ、"東大地理"を教える宮路秀作氏。
「地理」を通して、現代世界の「なぜ?」「どうして?」を解き明かす講義は、
9割以上の生徒から「地理を学んでよかった! 」と大好評。
講義の指針は、「地理とは、地球上の理(ことわり)である」。
生徒アンケートは、講師1年目の2008年度から全国1位を獲得し続けている。


◆◆◆本書の主な内容◆◆◆
・トランプ大統領のTPP離脱を読むカギは“国境"
⇒キーワードは「多国籍企業」「NAFTA」「アメリカの雇用」

・日本経済を秘かに支える“水の力"とは?
⇒21世紀は「水の世紀」。水資源の重要性と日本の現状

・ロシアの最大輸出国はオランダ。なぜ?
⇒「ロシアーヨーロッパ」における経済大動脈を読む

・“土地も資源もない日本"が、なぜ経済大国になれたのか?
⇒地理的視点から浮かび上がる「2つの強み」

・なぜ、中国は2015年に一人っ子政策をやめたのか?
⇒人口と経済発展のジレンマ。これから中国はどうなる?

・インドの牛肉輸出量が、世界一になった理由とは?
⇒インド経済を変えた「白い革命」に迫る

・経済発展のカギは低賃金!? 先進国スペインの"地の利"とは?
⇒EUの自動車産業がわかれば、経済の本質がわかる

・EUに加盟しない実力国、ノルウェーの正体とは?
⇒他国の追随を許さない「3つの強み」とは?

・イギリス料理が「マズい」といわれる本当の理由
⇒キーワードは「ジェントルマン」と「土壌」

内容(「BOOK」データベースより)

「土地」と「資源」の奪い合いから経済が見える!農業、工業、貿易、人口が一目でわかる。地図で読み解く44の視点。経済ニュースの「なぜ?」「どうして?」は、地理がわかればもっとわかる!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 272ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2017/2/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478068682
  • ISBN-13: 978-4478068687
  • 発売日: 2017/2/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 419位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/4/1
形式: 単行本(ソフトカバー)
石油の世紀から水の世紀へ、という指摘が印象に残った。

日本ではどこにいても、
水道の蛇口をひねれば、安全な水がいくらでも出てくる。それは
たぐいまれな幸せだ。国土全体で水道水を安全に飲める国は、
フィンランド、スウェーデン、ドイツ、オーストリア、スイス、
南アフリカ共和国、オーストラリア、ニュージーランドなど、
世界に15ヵ国しかない。

この地球上で約7億人が水不足にあえぎ、
食料生産への影響から、食料不足にもつながっている。

途上国の工業化や生活水準の向上が水需要を押し上げ、
世界の大河川では、上流での水需要が増えたために
下流で水が枯渇し始めて、水争いが起きている。

日本はユーラシア大陸の東にあって偏西風の影響が弱く、
モンスーンの影響が強い。そのため年降水量は世界平均の2倍以上。
また島国だから、隣国と水資源を巡って争う必要がない。

自然から与えられた豊富な水資源はこの国の基盤で、
最高の宝。この大きな恵みを活用して
地球全体をうるおすことが、
日本経済の発展…国の繁栄と直結していることを学んだ。
 
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
書店で見かけ、面白いタイトルだと思い購入しました。高校時代に地理を選択していたこともあり、興味がある分野でした。

評価すべき点としては二つありました。
まず、最初の印象はとても読みやすかったということです。言葉の言い回しや、解説と現状のつながりの説明など、分かりやすく書いてあると思いました。地理を選択していたからこそ分かる内容があるのかもしれませんが、そういった内容もきちんと解説してありました。
私自身、教員をしていて伝わりやすい言葉の使い方などを考えることがありますが、参考になりました。著者を詳しく調べてみたら人気講師の方が著されたもので納得がいきました。専門は社会科ではないのですが、授業に活かせるものもあるのかなと思いました。

2つ目としては、幅広い分野に渡って書かれていることがとても良いと思いました。自分自身の偏った知識や考え方が修正された気がしました。各地域の特色や文化、歴史にまで言及されていて、趣味の旅行がより充実するのではないかと思っています。さらに旅行が楽しみになりました。

私のように、教壇に立つ立場の方や旅行が好きな方、興味がある方々には是非読んでほしいです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
とても面白い本でした!

「国の経済はどのように発展するのか」「なぜこの国ではこの産業が発展しないのか」、これらを「歴史」の側面から語る本は多くありますが、「地理」の視点をベースにした本は珍しく、とても新鮮でした。
しかも面白い!なぜアンカレジ経由の航空機が重宝されたかを「正距方位図法」(懐かしい!)から説明する、ボツワナでダイヤモンド枯渇後の産業が難しい理由を地理的状況から説明する、なぜみんなメキシコとFTAを結びたがるのかを地理的に説明する… 地理を学んでいる人には当たり前のことばかりかもしれませんが、私にはとても新鮮でした。しかも高校時代の地理の授業で、こんな風に「わかりやすく・面白く」教えてもらったことはありません。
他にもトランプ大統領のTPP離脱やイギリスのEU離脱、水資源とアルミニウムの関係、中国の現状と今後など、興味深いテーマが同じように地理的視点で語られています。

高校時代に習った地理とは全然違った楽しい世界が、この本にはありました。地図帳は楽しいのに授業は楽しくなかった当時の私に、この本を読ませてやりたいぐらいです。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
タイトルに惹かれて手に取りました。本書の著者は代々木ゼミナールの東大地理を担当している宮路先生です。普段、受験生を対象に教えていることもあり、非常に分かりやすい内容でした。特に経済の問題を空間的視点で捉えるという発想は、(日経を読んでいたりグローバルな視点で仕事をしている人にとっては当たり前のことですが、)そうでない人にとっては気づきを与えてくれる本ではないかなと感じました。また著者の終わりで触れているのですが、高校で地理を選択する人は非常に少ない、さらに地理を教えることができる先生がもっと少ないということに衝撃を受けました。空間的思考は、大人になって重要な側面となります。本書を読んで、そのような気づきがあれば良いかなと感じました。
地理を学んでいる人はもちろん、物事を空間的に捉えたい人にはオススメの本です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー