無料配送: 4月25日 - 26日 詳細を見る
最速の配達日: 4月 24日の土曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り12点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
経済で読み解く日本史3 江戸時代 がカートに入りました
+ ¥257 配送料
お届け日 (配送料: ¥257 ): 4月29日 - 30日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯つき 比較的状態の良い商品です。その他、各コンディションに応じた使用感がある場合がございます。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


経済で読み解く日本史3 江戸時代 (日本語) 文庫 – 2019/5/24

5つ星のうち4.4 61個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥713
¥713 ¥1

この商品はセット買いができます
『【数量限定】経済で読み解く日本史 文庫版5巻セット』 こちらをチェック

よく一緒に購入されている商品

  • 経済で読み解く日本史3 江戸時代
  • +
  • 経済で読み解く日本史4 明治時代
  • +
  • 経済で読み解く日本史2 安土桃山時代
総額: ¥2,139
ポイントの合計: 24pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

江戸時代、経済の主導権を握ったのは名もなき一般庶民だった。幕府の経済政策が「財政規律派」と「成長重視派」に入れ替わることで起きていた好不況の波。ビジネスチャンスを求める人々は次々とイノベーションを起こし、民需による経済発展はやがて幕藩体制を崩壊へ導く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

上念/司
1969年、東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。在学中は創立1901年の弁論部・辞達学会に所属。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年、経済評論家・勝間和代と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任(現在は代表取締役)。2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一教授に師事し、薫陶を受ける。金融、財政、外交、防衛問題に精通し、積極的な評論、著述活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社より

1

登録情報

  • 出版社 : 飛鳥新社; 文庫版 (2019/5/24)
  • 発売日 : 2019/5/24
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 280ページ
  • ISBN-10 : 4864106924
  • ISBN-13 : 978-4864106924
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 61個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
61 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年7月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年8月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年8月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 教科書に載っているのは政治的な動きと文化的な動きだけで、それでは時代をきちんと俯瞰して見ることができない。この「経済で読み解く日本史 3 江戸時代」ではそれがよく解る。
ユーザー名: 竹井義彦、日付: 2020年8月24日
 このシリーズでいえることは、いわゆる学校で習う歴史ではその時代をきちんと捉えることができないということだ。だいたい教科書に載っているのは政治的な動きと文化的な動きだけで、それでは時代をきちんと俯瞰して見ることができない。
 この「経済で読み解く日本史 3 江戸時代」ではそれがよく解る。
 冒頭にも書いてあるんだが、ぼくたちの抱いている江戸時代というのは、水戸黄門や暴れん坊将軍なんかの TV ドラマで描かれていたイメージが強いはずだ。絶対権力として幕府があり、一般庶民、この本では百姓と表現されているんだが、虐げられていて、貧しく、その背後で甘い汁を吸う越後屋がいるというのがお約束だ。
 でも、まったく違う。
 というか、それをぼくはこの本を読んではじめて知った。
 井沢元彦氏の「逆説の日本史」のファンでもあるんだが、とても斬新にその時代を解説しているこのシリーズでも経済を背景としてその時代を読むということはやっていない。だからなのか江戸時代が経済的に見たらどういう時代だったのかということについて、ぼくは正確に知らなかったことがよく解った。
 いままでは武士の時代という括りで見ていたんだけど、それだとじつは明治時代との繋がりがはっきりしない。なぜ明治時代に国際社会の一員になれたのかというと、じつはこの江戸時代に世界をリードするような資本主義が発展していたからだったのだ。
 いや〜、江戸の人たちで凄かったんだね。
 もちろん、それを創りあげたのはこの本で書かれている武士以外の「百姓」の人たちだ。じつに伸びやかで、賑やかで、文化的にも華々しい時代を築き上げていたのだ。
 根本的にぼくが理解できていなかったのが、なぜに幕府は財政に苦しんでいたのかということだったんだが、それがこの本で納得できた。簡単にいえばマクロ政策がきちんとできなかったからなのだ。
 それはなにか?
 通貨を自由に発行することができないというところがポイントだ。この時代にはいわゆる金貨・銀貨を幕府が鋳造して流通させるようになっている。しかし、国内の金山と銀山は三代家光の頃には掘り尽くされ、新たに発行できなくなっちゃったのである。
 通貨の流通が市場から減るとデフレになる。
 この時代はさまざまなものの生産性が上がり、ものが溢れるようになる。するとそれに見合った通貨の流通が必要になるんだが、これが制限されちゃっているので、結果として財政が逼迫してしまうのだ。だって幕府の金庫にはお金がないだもんってことだ。
 まぁ、この時代は経済理論なんてこと確立されているわけじゃないんだけど、それでもこの苦難を乗り切った人たちがいる。
 そういう人たちはなにをしたのかというと、通貨の改鋳だ。金や銀の含有量をコントロールして、結果として通貨量を増やすということだ。教科書にはこれは悪策として書かれていたと思うけど、とんでもない。とても有効なマクロ対策だったわけだ。
 今風にいえば通貨発行益・シニョリッジだね。というか、今回、日本がおこなった国債発行による通貨の調達と同じことだ。
 これで乗り切ったの将軍ひとりが暴れん坊将軍だったりする。
 でも哀しいかな、この理論を理解している人たちは少なく、この施政のあとには引き締め政策、いわゆる贅沢禁止令が発せられて、時代はまたデフレに逆戻りするということを繰り返したのがこの江戸時代でもあったわけだ。
 あとは各藩の財政がなにゆえに逼迫して、もう幕末の頃には日本全体財政破綻藩だらけの状態になっていて、それがどうなったのかということについてもきちんと書いてある。
 いや〜、経済という側面で時代を読むと、また新しい姿を見つけることができるということがこれでよく解る。
 さて、つぎは明治時代だね。日本は国際化をどうやって果たしたのか、いまから楽しみだ。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年3月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年8月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年5月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年12月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入