通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫) 文庫 – 2002/9

5つ星のうち 4.3 110件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 980 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)
  • +
  • プチ哲学 (中公文庫)
総額: ¥1,348
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

経済の素人と気鋭の経済学者による、「経済とは何だ」というテーマについての対談集である。素人側には「だんご三兄弟」「ポリンキー」などを手がけた広告クリエーターの佐藤雅彦氏。学者側には大蔵省、ハーバード大学などを経て、現在は慶応大学教授の竹中平蔵氏。対談形式という気軽さも手伝って、経済に無縁の人でも十分に読みこなせる1冊となっている。
何と言っても、聞き手は広告業界で一流の人である。短時間に大切なメッセージをいかにわかりやすく伝えるかを追求するプロフェッショナル。そんな佐藤氏の質問は、シンプルかつコンパクトでありながら、ぐいぐいと事の真髄に迫っていく。対する竹中氏は、たとえ話を織り交ぜながら、明快に答えている。
「お金って何?」という素朴な疑問から始まる第1章「お金の正体」を読むだけで、読者は「経済」をぐっと身近に感じるだろう。第3章「払うのか、取られるのか」は税金の話である。多くの日本人(特にサラリーマン)にとって実感の薄い税金こそが、民主主義の根幹をなすものだと改めて教えられる。第4章「何がアメリカをそうさせる」は、経済のみならず文化、歴史的背景を掘り下げており、アメリカ文化の影響下にある日本人には興味をそそられる話題である。
この本の特異性は、経済という硬いテーマを扱いながら、エンターテイメントとしても楽しませてくれることだ。「世界で最初の株式会社とは?」のような、雑学的話題もあるので、会話のネタ本としてもおすすめ。ちなみに、正解は東インド会社。(齋藤聡海) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

メディア掲載レビューほか

経済学者・竹中平蔵氏と人気クリエーター・佐藤雅彦氏が経済をやさしく解き明かす対談
経済の動きが直ちに日常生活に反映する時代になったのに,それが複雑化して理解を超えるようになってきた。本書は,現代的な課題を,経済学の基礎から説明しようとするもの。

貨幣の正体,株の話,税金の話など10章のテーマを実に平明に説明している。たとえば貨幣では,佐藤氏が小学生時代に流行った牛乳瓶の蓋集めの話を持ち出し,価値と交換を説明。税金について竹中氏は「王様に税金の無駄遣いをさせないために,民主主義が発生した。よい税金の条件は簡素,公平,中立を守らねばならない」と語っている。また「競争力をつけるために日本では政府が補助し,米国では競争させる」とも指摘,終章では「貧富の差の拡大を抑える機能を持った競争」を提言している。

電通出身,「だんご3兄弟」のクリエーター・佐藤氏の手書きのイラスト,50項目弱の「竹中語録」,欄外の短い用語の説明などの,仕掛けも楽しく,経済状況と経済学とを見事にマッチさせた入門書である。 (ブックレビュー社)
(Copyright©2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)
-- ブックレビュー社 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 409ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2002/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532191424
  • ISBN-13: 978-4532191429
  • 発売日: 2002/09
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 110件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,509位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
本書は、経済とは何か、そういう基礎の基礎から解きほぐして、
分かりやすく説明する本。
経済学部で学んだことがない者とか、普通の高校生くらいでも、
読めてしまうくらい、平易に書かれている。
その意味で、ビギナー向けの、分かりやすい本だといえる。

しかし、注意も必要。
本書は、ビギナー向けの本にもかかわらず、読者をして、
尖鋭的に対立する考え方の、ある一方に誘導するように、うまく作られている。
このあたりを気づかないまま読むと、ついつい、著者の考え方が、
あたかも唯一絶対の考え方だと、誤って認識する可能性がある。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 竹中平蔵の経済観がわかる本。『所得の再分配とは「たかり」に金をくれてやるようなもの』だそうです。
 竹中平蔵は人頭税が理想らしい。一人いくらかで定額。金持ちも貧乏人も同じ額だそうです。
 警察と防衛以外は国家はいらないそうです。
 警察も防衛も、貧乏でも金持ちでも平等に守るそうなので税金で差をつけるのはおかしい。
 
 佐藤は『所得の再分配とはなんですか』って聞きます。 もう茶番劇です。
 
 竹中平蔵は答えます。『佐藤さんはお金をたくさん持っている。貧しいAさんがいます。

 Aさんは、佐藤さんにお金をくれるように要求します。

 Aさんは、ずるいって反応を佐藤さんに誘うわけです。

 そこで、竹中平蔵さん そうです!ずるいんです!と同意。

 そこで、所得の再分配はずるいんですっていう理屈を披露。筋書きがそんな感じです。

 
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
多くのレビューにあるとおりだが、難しい経済学の基礎をこうした対話形式で説くのは試みとして面白いし有益。だからこそ、文庫版も出版されることになったのだろう。竹中氏に対しての見方は様々だから省略するが、こうした形式のものを作る場合、如何にポイントを得た質問者を用意するかが鍵であるかが本書を見ればよくわかる。とういう質問をするかでその人の知見・識見が分かるというが、佐藤氏の巧妙な質問を読むと、これについて首肯する次第。香港が日本より長く25年も二桁成長をしているとか、社章バッジを返したら次の日から会社とは全然関係ないとか、税金は簡単な制度で中立・公平なものでないといけないとか、お金を稼ぐということは、社会の中で価値を生み出していることだとか、税を所得にかけても消費にかけてもどっちも同じだとか、人口所得上位6%が税金の40%を払っているとか、サラリーマンの約30%が所得税を払ってないとか、do factde factoだとか、フロンティアか否かの尺度は人口密度だとか、人間が考えることは抽象化であり抽象化しないと本質を考えられないとか、湖池屋の成り立ちとか、政治学等と同様経済学にもさほどの期待をしては本来いけないのだとか、まだまだちょっとした気付きは、両者の会話の中で読み取れる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー