中古品
¥3,000
+ ¥257 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 2017年1刷。カバーに微キズ等ございますが中身は使用感なくj良好です。万が一品質に不備があった場合返金対応致します。190824
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

経済からみた国家と社会 (リーディングス 戦後日本の思想水脈 第8巻) (日本語) 単行本 – 2017/1/26


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/1/26
¥11,916 ¥2,319
5%還元 キャッシュレス払いなら、お得 詳細

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • キャッシュレス・消費者還元5%の対象商品です。5%の還元が注文確定時に適応されます。 Amazonによる割引。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

占領期の戦後復興から経済成長を経てバブルの膨張と崩壊、現在の長期不況に至るまで、経済発展と経済政策の展開とともに、戦後日本ではマルクス主義・市民社会論・エコロジー論・ポストモダンなどの思想が様ざまに変容していった。貨幣と市場、資本主義と社会主義、国家と共同体などを切り口にして戦後思想の変遷をたどる。

内容(「BOOK」データベースより)

戦後復興から経済成長、バブルの膨張と崩壊を経て現在の長期不況に至る日本経済の戦後史―重化学工業から情報・サービス産業へと向かう産業構造の変動は、社会の様相を変え、「モノ」から「コト」へ、価値と行動の規範を揺るがしてきた。共同体の破綻を予感させるグローバル金融資本主義社会を迎える今、思想の可能性はどこにあるのか。資本主義と社会主義、貨幣と市場、国家と市民など、様々な切り口からその系譜を辿りながら、「経済思想」の希望を探る18篇。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 352ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2017/1/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4000270400
  • ISBN-13: 978-4000270403
  • 発売日: 2017/1/26
  • 梱包サイズ: 22 x 15.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 198,038位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう